歯の痛みの原因について 対処法は、この4つの方法です

歯が痛いときの痛みと言えば、
耐えがたい痛みですよね。

歯の痛みは、虫歯による痛みの他にも、
ストレスや肩こりなど、原因はたくさんあります。

そこで、歯の痛みの原因について、
対処法も交えて紹介します。

スポンサードリンク




 

歯の痛みの原因について

原因①虫歯

歯の痛みで、一番真っ先に考えるのが虫歯でしょう。
歯に穴が開いていたり欠けていたり、黒くなっている、
または詰め物が取れている場合は自分で判断がつきやすいですが、
歯と歯の間の虫歯や、
詰め物の下で進行している場合はなかなか自分では分かりません。

こちらの記事も参考にしてみて下さい
⇒虫歯の原因と対処法について

 

原因②歯髄炎

歯髄炎とは虫歯が進行して、
歯の中の神経が炎症を起こした状態です。

 

原因③根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは、その名の通りで、
歯の根の周りの組織が炎症を起こしている症状です。

歯の根の中は神経が死んでしまうと細菌が繁殖します。
歯の根の中は硬い歯の組織に囲まれていて、
歯の神経が死んでしまうと、
血液が流れなくなるため白血球などの免疫機能が働かなくなり、
細菌を歯の根の外へ出す力がなくなります。
そのため歯の神経が入っていた空洞から、
細菌が毒素を出します。
この毒素や細菌が歯の周りの歯周組織に炎症を起こし、
根尖性歯周炎となります。

 

原因④ストレス

ストレスが歯の痛みを直接的に引き起こすということは、
一般的にはありません。
しかしストレスが高まったときには、
寝不足や疲れにより、歯の調子がおかしくなることはよくあります。

実はこれらの痛みは、
ストレスによって間接的に体の抵抗力が落ちることで現れてくるのです。

 

原因⑤歯ぐきの腫れ

普段からケアされている健康な歯ぐきであれば、
疲れやストレスがあっても歯ぐきが腫れることはほとんどありません。
しかし、歯周病の原因となる歯石やプラークが付着していれば、
歯ぐきの抵抗力でなんとか炎症を押さえ込んでいる状態になっているため、
ストレスで抵抗力が減少すれば歯ぐきが腫れることがあります。

 

原因⑥肩こり

肩こりと歯痛が同時に発症するのは、
大まかにいうと肩、首、顎、歯の筋肉や神経がつながっているからです。

そのうちのどこかでバランスが崩れたり緊張が生じたりすると、
それが連鎖して別の箇所もおかしくなっていくという仕組みです。
「肩がこるから歯が痛くなる」場合もあれば、
その逆に「歯が痛むから肩がこりだす」場合もあります。

 

歯の痛みの対処法について

対処法①薬(ロキソニンS)を飲む

市販の痛み止めを飲んでください。
歯の痛みは痛みの中でもとても強いものです。
痛み止めで一時的に痛みを抑えることができます。
例えば、第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」は、
歯科で出される痛み止めの成分とほぼ近いものです。
注意事項を確認の上、のんでください。
ただし、痛みが一時的に引いてもまた繰り返すか、
虫歯菌がもっとひどくなる場合があるので、
早めに歯医者で診てもらう必要があります。

 

 

歯の痛みに効く市販薬ランキング

 

 

スポンサードリンク




対策②痛い歯を冷やす

冷水や氷などを口に含み歯を直接冷やすと、痛みが軽減します。
歯の痛みは、歯の中で血液が多くなり
神経を圧迫することによって起こります。

冷やすことによって、血液の流れが遅くすることができます。

 

対策③歯に詰まった食べカスなどを取る

虫歯の場合、食べカスなどが原因で歯痛を引き起こしている可能性があります。
もし、食後などに痛み始めたら、
糸ようじやつまようじなどで食べカスを取り除くようにしましょう。

ただ、直接刺激しないように注意する必要があります。
神経を刺激して逆効果になってしまうことがあるからです。

 

対策④肩に湿布を貼る

肩こりからくる歯の痛みには、
肩こりを解消することが一番です。

肩こりの解消には、湿布を貼ることが
最も効果的です。

 

 

肩こり用の湿布の売れ筋ランキング

 

 

まとめ

歯の痛みの原因には、
虫歯や、歯髄炎、根尖性歯周炎、肩こりなど
があります。

対策としては、ロキソニンを飲んだり、
歯を冷やしたり、歯に詰まった食べカスなどを取ったり、
湿布を貼ったりする方法がありますが、
必ず歯医者で診察を受けて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す