口臭の原因と対策について 口臭や虫歯予防には緑茶が効く おばあちゃんの知恵袋を検証

口臭が気になる人はいますよね。
自分の口臭は大丈夫だろうか?
って気になりませんか。
昔から、口臭には緑茶を飲むと治るって言われていました。

では、本当に緑茶には口臭や虫歯予防に効果があるのでしょうか。
昔から言われている、
おばあちゃんの知恵袋を検証してみました。

スポンサードリンク




口臭の原因について

口臭には、さまざまな原因があります。
食べたものの匂いが原因だったり、
ストレスで口が乾燥した時、歯や歯茎が悪くて、
臭う場合もあります。

 

口臭の原因①食べ物やタバコです

食べ物やタバコ、アルコールなどが原因です。
これらが原因の口臭は、生理的口臭と言われます。
生理的口臭

口臭の原因となる食べ物の代表的なものは、
ニンニクやネギ、ニラ、ラッキョウ等になります。
ネギ類に含まれる、硫化アリルと言う物質が、
強力な臭いの発生源となります。

 

口臭の原因②ストレスによって、口が渇く

ストレスによって、胃の調子が悪くなったり、
口の中が乾いたりします。
口の中が乾く
唾液には、口の中の殺菌効果があります。
ですので、唾液の分泌量が減ってしまうと、
口の中の細菌が増えてしまいますので、
口臭の原因となってしまいます。

 

口臭の原因③歯や歯茎が悪い場合

また、虫歯や歯周病は口臭の原因になります。
食べ物のカスが虫歯に詰まると、
細菌が繁殖します。
そして、最近により口臭が発生します。
歯周病

また、歯周ポケットに食べかすがたまると、
細菌によって歯肉が炎症を起こしやすくなります。
これが歯周病です。
すると細菌の増殖でガスが発生し、
口臭の原因となります。

スポンサードリンク




緑茶は、口臭を消す効果があります

緑茶に含まれるカテキンに消臭効果があります

緑茶に含まれるカテキンは、
硫化アリルをはじめとする、多くの物質と結びついて、
臭いを消す作用があります。
緑茶

食べ物のカスには、
口の中の虫歯菌である、ミュータンス連鎖球菌により、
分解されて、乳酸が発生します。
この乳酸も口臭の原因の一つになります。

カテキンは、虫歯菌であるミュータンス連結球菌をやっつけるので、
口臭が発生しにくくなります。

 

緑茶に含まれる、テアニンはストレス解消効果があります

ストレス性の口臭と呼ばれるものには、
様々な原因があります。

ストレスによって、胃の状態が悪くなる。
口が渇くなどです。

緑茶に含まれる、テアニンという成分には、
リラックス効果があり、
ストレスを緩和してくれますので、
ストレス性口臭の予防になります。

 

緑茶に含まれるフッ素は、虫歯を防ぎます

また、緑茶には虫歯を予防する効果もあります。
フッ素が、歯のエナメル質に皮膜を作る
カテキンが、歯のエナメル質を溶かす虫歯菌をやっつけるだけではなく、
緑茶に含まれるフッ素が、歯のエナメル質に皮膜を作り、
虫歯になりにくくしてくれます。

 

 

歯の痛みに効く市販薬ランキング

 

 

まとめ

このように、緑茶には口臭の予防だけではなく、
口の中を清潔に保ってくれる役割があります。
日本には、昔から食後にゆっくりと緑茶を飲む習慣がありますが、
これはとても理にかなった事だったのです。

昔から言われている、
口臭や虫歯予防には緑茶が効く
ってことは、本当でした。

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す