お風呂に重曹を入れると、肌がきれいになる効果がある(美人の湯) おばあちゃんの知恵袋を検証

美人の湯ってよく聞きますよね。
温泉に行ったら、美人の湯ってうたっている温泉が沢山あります。

昔から、お風呂に重曹を入れると、
美人の湯(肌がきれいになる)になるって言われています。

では、本当にお風呂に重曹を入れると、
肌がきれいになるのでしょうか?
昔から言われている、おばあちゃんの知恵袋を検証してみました。

スポンサードリンク




美人の湯とは

美人の湯と呼ばれる温泉は全国にたくさんあります。
美人の湯と呼ばれる温泉は、一般的に、
洗浄効果や保湿、効果の高い重曹成分を多く含む
弱アルカリ性の泉質の温泉の事を言います。
美人の湯
そして、「美人の湯」或いは「美人湯」と称されています。

「日本三大美人の湯」と言われる温泉と同様で、
お身体は心地よい温もりで芯からポカポカ、
お肌はしっとり・ツルツル・つややか、
美肌効果に優れた特徴から「美人の湯」と呼ばれています。

美人の湯を呼ばれる温泉の多くは、
弱アルカリ性の炭酸水素塩泉です。
その中で、重曹が多く含まれているのが重曹泉です。

 

日本三大美人の湯とは

群馬県にある川中温泉、和歌山県にある龍神温泉、島根県にある湯の川温泉
を、日本三大美人の湯といいます。

 

重曹とは

一種の石鹸です

科学名としては炭酸水素ナトリウムです。
重曹
重曹は研磨効果、酸性の匂いや汚れの中和などあります。
また、炭酸ガスの発生させる効果があり、
掃除や洗濯、料理など、
生活のあらゆる面で使うことができます。
重曹

弱アルカリ性の重曹は、
肌の表面の油脂に含まれる脂肪酸を中和して、
一種の石鹸を作ります。

スポンサードリンク




重曹の石鹸が、肌をすべすべにします

この石鹸が、皮膚の油分を乳化して、
水に溶けやすい状態にします。
つまり、重曹が肌の表面に石鹸を作ってくれるのです。
肌の表面に石鹸

美人の湯に入ると、石鹸を使わなくても、
肌がすべすべになるのは、重曹のこのような性質によるものです。
皮膚に石鹸の成分が残っていても、
全く問題ありません。
そのままにしておくと、汗に含まれる乳酸などで分解されて、
脂肪酸に戻り、肌を保護してくれます。

 

重曹のお風呂は、夏場に向きます

重曹泉は湯冷めしやすくて、
夏向きの温泉と言われています。
皮膚の表面の資質を乳化するために、
水分が蒸発しやすくなり、気化熱が奪われるからです。

 

重曹のお風呂の作り方

重曹の美人の湯は、
浴槽に大さじ3杯くらいの重曹を入れるだけで、
普段のお風呂も手軽に、温泉気分を楽しむことができます。
重曹のお風呂の作り方
特に、真夏の暑い時期に、重曹湯のさわやかなお風呂上りは、
格別ですよ。

 

 

売れ筋ボディーソープ人気ランキング

 

 

まとめ

弱アルカリ性の重曹は、
肌の表面の油脂に含まれる脂肪酸を中和して、
一種の石鹸を作ります。
この石鹸が、皮膚の油分を乳化して、
水に溶けやすい状態にします。
つまり、重曹が肌の表面に石鹸を作ってくれるのです。

そのままにしておくと、汗に含まれる乳酸などで分解されて、
脂肪酸に戻り、肌を保護してくれ、
肌をすべすべにしてくれます。

昔から言われている、
お風呂に重曹を入れると、肌がきれいになる効果がある(美人の湯)
と言う事は、本当でした。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
新陳代謝向上に大根の葉のお風呂が効果的です。 大根の驚くべき効能を紹介します

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す