関節痛の予防には、鶏の手羽先スープが効果的です おばあちゃんの知恵袋を検証

昔から、関節痛の予防には手羽先スープが良い
と言われてきました。

では、手羽先スープに含まれる
どの栄養分が関節痛に効果があるのでしょうか。

昔からいわれている、
「関節痛の予防には、鶏の手羽先スープが効果的」
は本当なのか、詳しく検証してみました。

スポンサードリンク




関節痛とは

人の体は、200本を超える骨で構成されています。
骨と骨の連結部分を関節といい、
その部分が痛む症状を関節痛と言います。

立ち上がる時、腕を上げる時、階段を上り下りする時など、
関節の炎症により痛みが生じるのが関節痛です。
関節痛

 

痛みの原因について

痛みの原因は、大きく分けて2つあります。

原因①軟骨がすり減っている

肥満や老化、過度の運動、
繰り返し反復される刺激の蓄積などで、
軟骨がすり減り、関節が変形してくることによる痛みます。

 

原因②関節リウマチ

女性の発症率が高いので、
特に中高年女性には、とても身近な病気と言えます。
じっと動かなくても、炎症反応のために痛みを感じます。

 

一番痛みを感じるのは、ひざの関節です

関節の中で、一番痛みを感じるのはひざの関節です。
特に、中高年になるとひざの関節の痛みを感じる人が多くなります。

私たちの関節は、軟骨がクッションとなっていて、
軟骨によってスムーズに動くようにできています。
しかし、その軟骨が加齢とともにもろくなり、
欠けたりすり減ったりしてしまいます。

その結果、骨が直接こすれるために
痛みを感じるようになります。

特にひざの関節は、
立っているだけで全体重のほとんどを支えています。
また、座ったり立ち上がったりする時にも、
大きな力が加わります。
さらに加齢によって足の筋肉が衰えると、
ひざへの負担がいっそう大きくなるため、
ひざ痛を起こす人が多いのです。

 

スポンサードリンク




本来軟骨は柔らかくて弾力性があります

軟骨は、コラーゲンの繊維の間を
ムコ多糖と呼ばれるヒアルロン酸や、
コンドロイチン等の粘性物質が満たしていて、
柔らかく弾力性があります。
運動をすると、間接に大きな力がかかりますが、
軟骨のクッションが衝撃を吸収し、
痛みを感じることはありません。

 

コラーゲンやグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸が関節痛に効きます

最近、コラーゲンやグルコサミン、
コンドロイチン、ヒアルロン酸を
主成分とするサプリメントが、関節に効果があるとされ、
人気になっています。

グルコサミンは、軟骨のプロテオグリカンに含まれる、
ヒアルロン酸やコンドロイチンを生成しています。
また、グルコサミンには、軟骨を再生・修復する働きもあります。
グルコサミン

そのコンドロイチンには、
コラーゲンの生成をサポートする役割があります。
つまり、グルコサミンが体内でコンドロイチンを作り出し、
コンドロイチンがコラーゲンの生成を促して軟骨を元気
にしているのです。
コンドロイチン

 

鶏の手羽先は、関節痛の予防に効果的です

コラーゲンを含む食品は、
体に良いと言われています。
コラーゲンを多く含む食品として
代表的なものは、鶏の手羽先や、
牛のすじ肉などです。
手羽先には、コラーゲン以外にもグルコサミンも多く含んでいます。

日ごろから、手羽先スープなどでコラーゲンを取り、
間接に負担をかけないような運動を
心がければ、歳をとってから、
関節痛に悩まされることも少なくなります。

 

 

関節痛に効く市販薬ランキング

 

 

まとめ

関節痛の原因の一つが、
肥満や老化、過度の運動、
繰り返し反復される刺激の蓄積などで、
軟骨がすり減り、関節が変形してくることです。

鶏の手羽先スープには、
グルコサミンやコラーゲンが多く含まれています。

グルコサミンには、軟骨を再生・修復する働きもあります。
コラーゲンは、軟骨を元気にしてくれます。

つまり、関節痛の予防には、鶏の手羽先スープが効果的です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す