動脈硬化の症状と原因と対策 梅干しは、動脈硬化などの生活習慣病を予防します 効果的な梅干しの摂取方法を紹介します

様々な症状を引き起こす動脈硬化。
動脈硬化が進行すると、
日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や
脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。

そこで、動脈硬化を予防する食材について
梅干しの動脈硬化改善効果について
おすすめの摂取方法を紹介します。

スポンサードリンク




動脈硬化の症状について

動脈硬化の症状は、まずは脳や心臓、足にでます。
動脈硬化は「沈黙の病気」といわれ、
初期症状がほとんどないのが特徴です。
ですので、次のような症状が出てくると、
かなり動脈硬化が進んでいる状態だといえます。

 

動脈硬化の症状①脳

動脈硬化の症状が脳に出ると、

  •  手足の力が抜ける。
  • 手足がしびれる。
  • しゃべりにくくなる。
  • 手足の力が抜ける。
  • めまい、頭痛が起こる。

等の症状が発生します。

 

動脈硬化の症状②心臓

動脈硬化の症状が脳に出ると、

  • 階段をのぼり降りすると動悸がする。
  • 重い荷物を持って歩くと息苦しくなる。

等の症状が発生します。

 

動脈硬化の症状③足

動脈硬化の症状が足に出ると、

  • 足が冷えやすくなる。
  • 歩いていると、太ももの裏側やふくらはぎに痛みを感じる。
  • 足をひきずる状態になる。
  • 安静にしていても痛みが起こる。
  • ちょっとした刺激でキズができ、化膿してなかなか治らなくなる。

等の症状が発生します。

 

 

動脈硬化予防サプリメント人気ランキング

 

 

動脈硬化の原因について

動脈硬化の原因は、
脂質異常症、高血圧、肥満、糖尿病、喫煙などが該当します。

 

動脈硬化の原因 第1位 コレステロール

血液中の総コレステロールと、
中性脂肪および悪玉コレステロールが多く、
善玉コレステロールが少ないことが、
動脈硬化の第1の原因となります。

 

動脈硬化の原因 第2位 肥満

第2位にあげられるのが肥満です。
肥満には内臓に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」と
皮下脂肪が増える「皮下脂肪型肥満」がありますが、
内臓脂肪型肥満はコレステロールや中性脂肪が多く、
動脈硬化と深く関連することが明らかになっています。

さらに肥満が進むと、
善玉コレステロールが減って、
悪玉コレステロールが増える傾向があります。

 

動脈硬化の原因 高血圧

血圧が高いと動脈の内腔に変化が起こり、
血管が拡縮しにくくなり、
血液の流れが悪くなります。
すると血液を送り出すために、
血圧がさらに高くなるという悪循環に陥ります。

 

動脈硬化の原因 痛風

体の代謝によってできる老廃物である、
「尿酸」が、血液中に増えるためです。

動脈硬化の原因 糖尿病

糖尿病は、脂質異常症(高脂血症)を多発しやすく、
動脈硬化の進行が10年早まります。

 

動脈硬化の原因 運動不足

運動不足は脂質異常症や内臓脂肪型肥満の原因となり、
高血圧などを促進します。

動脈硬化の原因 喫煙

喫煙は血管を収縮させます。
また、善玉コレステロールを減らす作用もあります。

 

スポンサードリンク




梅干しの動脈硬化改善効果について

梅干しに含まれる、アンギオテンシンⅡが効果を発揮します

梅干しに含まれている、
アンギオテンシンⅡというホルモンが、
血管収縮性作用のある働きを調整します。
この効果により、
血圧の上昇を抑え動脈硬化の発生を抑制する作用があります。
また、梅干しを食べることにより血液の流れがなめらかになり、
発症を予防します。

 

梅干し
紀州の梅干し

 

梅干しに含まれるクエン酸が効果を発揮します

梅干に含まれるクエン酸は、
乳酸を分解します。

動脈硬化の原因である痛風は、
体内の乳酸が多くなることによって発生しますので、
クエン酸が、この乳酸を分解することにより
動脈硬化防止に効果的です。

また最近では、
クエン酸そのものに、
血圧を下げる働きがあることもわかってきました。

 

梅干しに含まれるクエン酸が、ムメフラールとなり効果を発揮します

梅干しを加熱すると、
梅に含まれる糖とクエン酸が結合して、
ムメフラールという成分になります。

これには血流を改善し、
動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。

またジャムや梅肉エキスなど梅を加熱した製品では、
梅に含まれている糖とクエン酸が結合しムメフラールという成分が作られます。

ムメフラールは血流を改善し血栓予防、
動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立つと考えられています。

また血液中にコレステロールが溜まるのを抑え、
酸素や栄養分の供給がスムーズになることで、
老廃物の排出を促進し疲労回復も期待できます。
新陳代謝が活発になるので老化を抑えることにも繋がります。

生梅や梅干しには含まれていないという点がポイントです!
生梅や梅干しにはない、
ムメフラールとい言う成分が注目されています。
この生梅を加熱して作る製造過程で、
クエン酸と糖の一部が結合してできる独特な成分が『ムメフラール』で、
クエン酸などとの組み合わせで、血流改善効果があるとされています。
加熱することで生成される成分なので、
生梅や梅干しには含まれていないという点がポイントです!

 

梅干しの動脈硬化改善、予防効果を最大限活用する方法

梅干しは、体に良いからと言って、
沢山食べてはいけません。
梅干しには塩分が含まれています。
沢山食べると、塩分を取りすぎ逆効果です。

目安は、1日2個です。

梅干しを、アルミホイルで包み、
むらなく焼くといいみたいですよ。

 

まとめ

梅干しの健康効果を最大限活用するために、
1日2個の梅干を、食べる習慣をつけましょう。

こちらの記事も参考にしてみて下さい
梅干しの効能について 梅干しに秘められた13の効能について紹介します

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す