賃貸契約の解約のやり方について スムーズな賃貸契約の解約のやり方はこれです

就職や転職、転勤などで引越しが決まり、
すぐに、引っ越さなけらばならないなんてことはありますよね。

このような時、すんなりと賃貸契約を解約できれば良いですが、
解約手続きが上手くいかないと、
旧居と新居の二重契約となり、
家賃を余分に支払うことになるかもしれません。

そこで、今回は
賃貸契約の解約のやり方にポイントを絞って
詳しく紹介します。

スポンサードリンク




賃貸契約の解約の種類について

賃貸物件の解約には、
『契約満了時の解約』と『途中解約』の、大きく分けて2種類あります。

 

契約満了時の解約について

一般的には、不動産の賃貸借契約は、
契約期間が2年になっています。

一般的な流れにつて紹介しますと、
契約期間満了の1~3ヵ月前に、
更新・解約の意思を確認するための書類が届きます。

もし、解約する場合は、
同封されている解約通知書(退去届)に必要事項を記入し、
期限までに提出しましょう。

解約の意思表示をせずに提出期限を過ぎてしまうと、
自動的に契約更新される場合があるので注意が必要です。

 

途中解約について

ほとんどの方は、
この途中解約に該当すると思います。

例えば、契約期間が2年間に設定されていたとしても、
入居者は自由に解約ができるようになっています。

ただし多くの場合、
賃貸借契約書に記載された期日までに、
解約の意思を不動産管理会社、
もしくは大家さんに伝えなければなりません。

引越しが決まったらすぐに賃貸借契約書を確認し、
途中解約の条件をチェックしておきましょう。

賃貸借契約書に記載された期間分の賃料を支払うことで、
事前告知なしで解約が可能になるケースもあります。

吹途中解約の場合
月の途中で解約をする場合、
その月の家賃は日割り計算にしてくれるケースがほとんどです。
ただし、賃貸借契約書に月の途中での解約を
不可とする旨が記載されている場合は、
1ヵ月分の家賃を支払わなければなりません。

 

スポンサードリンク




賃貸契約の解約に仕方について

解約の意思を、大家さんや不動産会社に伝えましょう

引越しが決まったら、
すぐに解約の意思と退去日を不動産管理会社や大家さんに連絡します。

解約予告を伝えなければならない時期は、
不動産会社との賃貸借契約書に必ず書かれています。

通常は、退去する日の「1ヶ月前まで」や「30日前まで」に
連絡することと定められている賃貸契約が多いのですが、
物件によっては、 「2ヶ月前」や「3ヶ月前」に
意思表示をしなければならない契約もあるので、
引越しが決まった時点で、もう一度契約書を確認してみましょう。

また、契約書内に解約予告時期について記載されていない場合は、
法律により3か月前に予告することと規定されています。

もし、この解約予告期日を過ぎてから通知を行うと、
引越した翌月分の家賃まで支払うはめになる場合があります。

また、通常は一度意思表示をしてしまうと、
原則として取り消しはできないため、
引越しするかしないか決まっていないのに、
早めに通知することは極力避けた方が無難でしょう。

電気・水道・ガスについては、
それぞれの事業者に退去日を電話やインターネットで連絡します。

 

 

引越し業者選択ツールランキング

 

大家さんや管理会社による部屋のチェックと鍵の返却について

引越し業者による、荷物の運び出しが完了して、
部屋の掃除が完了すれば、
部屋の明け渡し手続きになります。

借主立ち合いのもと、
管理会社や大家さんが、室内の状態や破損の有無などの確認をおこないます。

原状回復費用について
この原状回復費用は、
部屋を借りる前の状態に戻すことではありません。
故意や過失によって、劣化した個所を回復することです。
ですので、壁紙の日焼けや経年劣化による畳の消耗等が指摘された場合は、
修繕費用を払う必要はありません。

確認終了後、忘れ物をチェックし、鍵や備品類を返却してください。

 

原状回復費用の確認について

数日〜数週間後、
退居当日に行った、立ち合い確認の結果をもとにした、
原状回復費用の見積もりが送られてきます。

内容を確認し、問題無ければ合意の旨を伝えます。
請求された原状回復費用について疑問に思うことがあった場合は、
合意する前に、不動産や大家さんに確認するようにしてください。

ポイント
もし、不当な請求をされても
対処できるように、
引越しするときの部屋の状況を、
カメラやビデオに収めておきましょう。
後々役に立つ可能性があります。

 

敷金の返却について

借主と管理会社(または大家さん)の双方が原状回復費に合意した場合、
指定した口座に、入居時支払った敷金から現状回復費用を差し引いた金額
が振り込まれます。

一度払った敷金は戻ってこないと考える方が多いようですが、
普通に部屋を使用して、綺麗に掃除をして明け渡せば、
敷金は戻ってきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
不要なトラブルに巻き込まれないように、
スムーズな賃貸契約の解約ができるように、
この記事が参考になれば幸いです。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す