引越しの事前準備 郵便物の転送手続きのやり方は、この3通りです

引越しの際、
忘れがちなのが、この郵便局の転送手続きです。
自分や家族宛の郵便物が確実に届くよう、
旧住所・新住所を届けて転送手続きを行いましょう。

この手続きをしていないと、
郵便物が自分に届かないだけではなくて、
大家さんや、新しく済む人に迷惑がかかります。
忘れずに行いましょう。

では、郵便局の転送手続きはどのようにするのか?
詳しく紹介します。

スポンサードリンク




郵便物の転送手続きのやり方

方法① 最寄りの郵便局の窓口に転居届を出す

お引越しの際には、
お近くの郵便局の窓口に、転居届を出しておくだけで、
1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送してくれます。

転居届は以下必要事項を記入します

  • 新住所
  • 旧住所
  • 旧住所に住み続ける人数

また、大切な郵便物等を確実にお届けするため、
転居届の提出の際に、
ご本人(提出者)の確認、
および転居届に記載された旧住所の確認が必要ですので、
以下の物を一緒に持っていてください。

 

<ご本人(提出者)の確認>
個人の転居の場合
ご本人(提出者)の運転免許証、各種健康保険証など

会社、団体等の転居の場合
社員証、各種健康保険証など窓口へお越しになる方と会社、
団体等との関係が分かるもの
(転居届の「届出人氏名印」欄には、
代表者の氏名の記入および押印をお願いします。)

 

<旧住所の記載内容の確認>

転居者の旧住所が確認できる運転免許証、
パスポート、住民基本台帳カードまたは住民票等、
官公庁が発行した住所の記載があるもの

 

方法② 転居届を郵送で送る

郵便局の営業時間中に、
直接郵便局に行けない場合は、
転居届用紙をポストに投函することによって、
郵便物の転送手続ができます。

転居届用紙に必要事項をご記入の上、
切手を貼らずにポストに投函してください。

ただし、転居届用紙はお近くの郵便局で貰ってください。
方法①と同じく必要事項と、
転居届の提出者名を記入し郵送します。
切手は不要です。

 

スポンサードリンク




方法③ インターネットで郵便物の転送手続をする

パソコンやスマホ、携帯電話などを利用して
郵便物の転送手続ができます。

必要事項とメールアドレス、携帯番号、転居届の提出者名を入力します。
携帯番号を登録した時点で、
転居届受付センターの番号と確認番号が表示されるので、
登録した携帯番号から電話をかけ、
自動アナウンスに沿って確認番号を入力します。

下記のe転居のバナーをクリックし、
画面の指示に従って必要事項をご入力ください
e転居

 

郵便物の転送手続きの注意点について

日本郵便株式会社社員による現地訪問や確認があります

転居届が受け付けられた後、
旧住所に書類が届いたり、
現地訪問等での確認をされることもあります。

郵便物は個人情報に直結しますので、
悪用防止の為です。

 

転居届の有効期限は、1年間です

転居届の有効期限は、1年間になります。
1年を過ぎれば、転居届の効果はなくなります。

 

一度届けた転居届は、取り消しができません

転居届は一度出してしまうと、
取り消したり転送を中止させたりすることはできません。

その間に再度引っ越しをした場合は、
もう一度転居届を出してください。
転居届の数だけ郵便物は転送され、現住所に届きます。

 

 

引越し業者選択ツールランキング

 

転居届を出すのを忘れた場合は、周りに迷惑がかかります

郵便物の転送手続きは便利ですが、
もし忘れてしまうと、
次の住人や大家さんに迷惑をかけてしまいます。

今やネットで全てが完結してしまう時代とはいえ、
やはり郵便物は毎日のように届きます。
忘れずに、転居届を出しましょう。

また、大切な書類が自分に届かない場合もあります。

手続きには時間が掛かりますので、
2週間ほど前には済ませておきましょう。

 

引越しの挨拶に持っていく物ランキング

 

まとめ

引越しが決まったら、
郵便物の転居届を出しておくのが便利です。
旧住所に送られてしまう郵便物を、
自動的に新居まで転送してくれます。

手続きには時間が掛かりますので、
2週間ほど前には済ませておきましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
引越し準備はしっかりと!! 引越しマニュアル(引っ越しやることリスト一覧)

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す