平均的な家庭の小遣いは、いくら? お金の管理は妻or夫どっち?

収入はなかなか上がらないのに、

どんどん物価は上がっていく。

そんな中で一番削られるのは、お父さんの小遣いですよね・・・

食費や学費は削りにくくても、

お小遣いであれば簡単に減らすことができ、

家計の負担を軽くすることが可能ですから。

結局被害をこうむるのは、

お父さん達なのです。

そこで、お父さん達の小遣いはいったいくらなのでしょう?

今回は、サラリーマンの平均的なお小遣を調べることから、

お小遣いを増やす交渉方法、

具体的な対策まで紹介します。

スポンサードリンク

お金の管理は妻?夫どっち?

ほとんどの家庭では、旦那さんが仕事をし、

奥さんが専業主婦、

もしくはパートなどで働いていると思います。

お金の管理は妻?夫?

どっちなのか気になるところですが、

妻が管理がする家庭が多く、

旦那さんへのお小遣い制の導入率は60%と言う結果でした。

旦那さんが稼いできたお給料をいったん家庭に収めて、

嫁さんが家計のやりくりをするって事ですね。

 

お小遣いの平均は3万8000円です。

契機は少しづつ回復してきていますが、

それがお小遣いに影響しているわけではないようです。

ここ30年の間で、一番高かったのは、

バブル時期の7万8000円でした。

今と比べると、ほぼ倍です。

世の中のお父さんは、今は厳しい時代にいると言えます。

 

30代のお父さんのお小遣いが最も低い!!

年代別だと30代が一番安いお小遣いとなっています。

30代と言えば、子供がいて

車や家のローンなどを抱えている方が多いため、

家計が厳しい結果が、そのまま表れています。

年代別に見ると、50代のお小遣いが最も多く、

4万2000円が平均でした。

50代は、給料も多いはずだし、

子供も独立したり、ローンが終わったりなど、

比較的家計に余裕があるのでしょう。

働き盛りの30代が最も低いという結果です。

 

 

お小遣いが少ないと出世しない?

お小遣いが少ないと、出世しないという結果があります。

そのポイントは人間関係の構築だそうです。

やっぱりお小遣いが少ないと飲みに行けませんから、

部下との信頼関係など作りにくいようです。

なので、ここぞと言う時に、

頼れる部下がいなくて、なかなか出世できないそうです。

管理職で上手くやってく為には、

良い人間関係を築いていくのは必須で、

その為に飲みに行く事は重要なのでしょう。

 

だけど、嫁さんは家計のやりくりで大変

しかし、旦那さんのお小遣いをUPさせてあげたいと思っても、

実際の生活を考えると、

簡単にはいかないのです。

限られたお給料の中で、

旦那さんのお給料の優先度が低くなるのは、

仕様がない事でしょう。

 

お小遣いを増やす手段は?

奥さんに、お小遣いアップのお願いをすると言う方法です。

その前に、お小遣いアップしてもらえるように努力することが重要です。

家事や子育てを手伝ったり、

休日に手料理を作ってあげたり、

マッサージしてあげたり。

 

スポンサードリンク

二つ目の方法は、収入アップです

旦那さんのお小遣いは手取りの1割ってよく言われます。

手取り20万円なら2万円、

30万円なら3万円、

40万円なら4万円、

50万円なら5万円ってことです。

ですので、単純に収入をUPさせればいいんです。

 

収入をアップさせるには

年収をアップさせる方法の一つは、転職です。

業界によって、年収はかなりの差があります。

例えば、年収400万円の飲食店の店長が、

平均年収800万円のメーカーに転職することは難しいでしょうが、

平均年収500万円の、飲食業に転職は可能でしょう。

同業界で、より平均年収が高い企業に転職は可能です。

リクナビNEXTの転職情報

 

年収をアップさせる方法の二つ目は、副業です。

副業には、種類がいくつかありますが、

最も簡単なのが、クラウドソーシングと

お小遣いサイトの活用です。

 

クラウドソーシングとは、

昨今利用者が増えつつある働き方の一つで、

不特定の人に業務を外部委託するという意味の造語であり、

発注者がインターネット上のウェブサイトで受注者を公募し、

仕事を発注する働き方です。

クラウドソーシングで有名なところは

です。

 

お小遣いサイトは、

ちょっとした空き時間を利用してお金を稼ぐことができる、

大変に便利 なコンテンツです。

パソコンだけでなくスマホから実践も可能なため、場所を問いません 。

お小遣いサイトで有名なのが、

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す