老化予防に、ドクダミが効果的です。 ドクダミの驚くべき効能を紹介します

同じ年でも、若く見える人と老けて見える人がいますよね。
これは、何故なのでしょうか?

この差は、活性酸素と糖化によるものです。

ドクダミには、この活性酸素を抑る効果と、
糖化を抑える効果があり
老化を遅らせる効果があります。

数あるドクダミの効能の内、
今回は、老化防止効果に特化して紹介します。

スポンサードリンク




老化の原因物質について

そもそも活性酸素とは何?

人間は、呼吸によって酸素を取り込んで生きています。

そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。
本来は活性酸素は身体に必要な物質です。

活性酸素は、酸化力が強いので、殺菌作用があります。
つまり、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています。

また、酵素の働きを促進する効果もあります。
活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持することが可能なのです。
ですので、普通に生活しているだけでも、
体内では活性酸素が作られています。

しかし、その酸化力があまりにも強力すぎるため、
活性酸素が増えすぎてしまいますと、
身体がサビてしまうのです。

身体がサビるって、ピンときませんよね?
鉄がサビると言えば、分かりますよね。

そもそもサビとは、
空気中の酸素と結びつくことで、
鉄などが酸化することですが、
人間の体内でも同じ現象が起きるのです
身体がサビる=老化なのです。
こちらの記事も参考にしてみて下さい
老化の原因は、活性酸素!?活性酸素から身を守るには

 

そもそも糖化って何?

「糖化」とは、タンパク質や脂質が体内にある「糖」と結びつく現象の事です。

体内のタンパク質や脂質は、
血液中に余分な糖分があると結びつき、
老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成します。

この「糖化生成物」は、
1度できてしまうと改善が難しく、
体内に蓄積されて、
肌全体を黄色くくすませて老化を促します。

女性のとって美容の大敵のシミ・シワ・クスミ・たるみの原因になる主な原因も、
コラーゲンの糖化によるものです。

コラーゲンはタンパク質です。
これに糖が結び付くと、細胞と細胞を結び付けているコラーゲン繊維が劣化します。
それで肌の老化が起こります。

肌の老化は、
活性酸素よりも糖化の方が影響が大きいようです。

 

 

シミ・そばかすに効く医薬品・医薬部外品ランキング

 

 

ドクダミの老化予防効果について

ドクダミには、活性酸素を取り除く効果があります

ドクダミの含むフラボノイドに、
活性酸素を取り除き、過酸化脂質を出来にくくする働きが
あることが分かったので、
ドクダミを様々な方法で利用することは、
老化を防止するだけでなく、
健康維持や健康の促進に役立ちます。

 

 

ドクダミには、糖化防止効果があります。

糖化は活性酸素による酸化以上に、
老化の原因といわれています。

ドクダミには、この糖化を抑制する抗糖化作用があり、
アンチエイジングに適した薬草です。

毎食後にドクダミ茶を飲むようにすれば、
糖化を防ぐことができるので、
女性であれば、
特に気にある老化スピードを遅らせることができるわけです。

 

ドクダミの探し方について

ドクダミの見つけ方

ドクダミは日陰や土地がじめじめした湿気のある所を好みます。
葉はスペードの形をした朝顔の葉にもよく似ています。
花は白く黄色の雄しべが長く伸びています。

摘み取るととても臭いにおいがします。
ですから、摘み取るとドクダミだとわかります。

もし見つけて自分で育てたいなら、
とても繁殖力や生命力が強いので
日のあたらない湿り気のある所に植えるとすぐに根が付きます。

ただ一度根つくと繁殖力が強いので、
毎年毎年どんどん増えますので
注意してください。

 

ドクダミの採取する時期について

ドクダミを採取するには、6~8月の白い花が咲く時期が適しています。

理由は、7月下旬ころのドクダミは、
草丈もぐんぐんのびて元気がよく、
薬効成分をもっとも多く含んでいるからです。

また梅雨あけのこの時期は、
晴天の日がつづいてドクダミが乾きやすく
乾燥する途中でカビる心配が少なくなります。
スポンサードリンク




ドクダミ茶の作り方

ドクダミを採取します

まず、ドクダミを採取してキレイに洗います。
ドクダミは根元より少し上から、
鎌などでバッサリと刈り取るようにします。

刈り取ってからそのまま放置してしまうと、
腐ってすごいニオイを発しますので、
刈り取ったらすぐに乾燥の準備にとりかかりましょう。

 

乾燥させて、カットします

パリパリと音がするくらいまで、
カラカラに乾かしましょう。

ハサミでカットしていきます。

 

フライパンで炒ります

最後に残った湿気を完全に飛ばすためフライパンで煎っておくと、
カビが生えにくくなるのでおすすめです。
火はとろ火でゆっくりと煎るのがコツです。

火が強すぎると、焦げてしまいますので注意してください。

それを、1日量5~15グラムを600ccの水で煎れば出来上がりです。

ドクダミ茶

 

ドクダミ風呂の入り方

ドクダミ風呂には、肌の美容と健康に効能があります。

 

生のドクダミを使用する方法

まずは、生のドクダミの葉をよく洗います。
それを、布袋に入れて湯船に浮かべるだけです。

使用する量は、片手一握り分のドクダミを使います。

 

乾燥ドクダミを使用する場合

乾燥させたどくだみの葉を小さく砕きます。
その砕いた葉を、布袋に入れて、
湯船に浮かべるだけです。

ドクダミのはを陰干しして作った乾燥葉か、
市販の乾燥茶葉を使ってください。

乾燥葉で作ったどくだみ湯は、生葉のものより臭いが少ないです。
しかし、薬効は、生葉より落ちます。

 

ドクダミの保存方法について

乾燥させたドクダミ茶は湿気を嫌います。
湿気が多くなりすぎると、
カビが生えてしまい、せっかくのどくだみ茶葉が台無しになってしまうので、
完全に湿気を取り除くことが長持ちさせるポイントです。

どくだみ茶はガラスキャニスターやビン、
タッパーなどで保存しますが、
中に乾燥剤を一緒に入れておきましょう。

さらに、時々ケースから出して陰干しするか、
フライパンで煎ると長持ちします。

さらに持ちを良くしたい時は、
ドクダミ茶葉を思い切って粉末にしてしまうのもいいですね。

乾燥さえ気をつけていれば、
どくだみ茶は長く保存ができますので、
次のシーズンまで持たせることも可能です。

 

まとめ

ドクダミは、老化防止にも効果的です。
ドクダミは、どこでも自生していますので、
是非、この素晴らしさを体感してみて下さい。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ドクダミの効能について 代表的な7つの効能を紹介します

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す