老化の原因は、活性酸素!?活性酸素から身を守るには

同じ年でも、若く見える人と老けて見える人がいますよね。

これは、何故なのでしょうか?

この差は、活性酸素によるものです。

実はこれが 、老化のスピードを左右 しているのです。

見た目よりも若く見える人は、

長生きする確率も高くなります。

そこで、この活性酸素を出来る限り除去する方法を、

詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

そもそも活性酸素とは何?

人間は、呼吸によって酸素を取り込んで生きています。

そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

本来は活性酸素は身体に必要なも物質です。

活性酸素は、酸化力が強いので、殺菌作用があります。

つまり、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています。

また、酵素の働きを促進する効果もあります。

活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持することが可能なのです。

ですので、普通に生活しているだけでも、

体内では活性酸素が作られています。

しかし、その酸化力があまりにも強力すぎるため、

活性酸素が増えすぎてしまいますと、

身体がサビてしまうのです。

身体がサビるって、ピンときませんよね?

鉄がサビると言えば、分かりますよね。

そもそもサビとは、

空気中の酸素と結びつくことで、

鉄などが酸化することですが、

人間の体内でも同じ現象が起きるのです

身体がサビる=老化なのです。

 

 

活性酸素について紹介した動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

私たちの体には、活性酸素から身を守る防御システムが備わっています

私たちの体には、活性酸素から身を守るため、

抗酸化酵素などによる防御システムが備わっています。

それは、スカベンジャーといわれる、抗酸化物質です。

これが、活性酸素の発生を防止したり、

傷を治したりする働きをしています。

しかし、大量に活性酸素が発生すれば対応しきれないし、

食事や生活の乱れや、老化により機能は衰えてしまいます。

抗酸化システムがよく機能するように、

生活習慣などに留意することが大切なのです。

 

活性酸素を減らすための生活習慣とは

 

  • タバコを控える
  • アルコールをとり過ぎない
  • 軽めの運動をする
  • ストレスをためない
  • 紫外線をさける

となります。

肝臓がアルコールを分解するときにも、活性酸素が発生します。

飲みすぎには注意です。

また、激しい運動をすると呼吸量が急増し、

活性酸素の発生を促します。

しかし、ウォーキングや水中歩行程度の軽めの運動は、

抗酸化酵素の働きを高め、体の酸化を抑えます。

紫外線に当たると、

皮膚細胞でも活性酸素が生成され、

シミやシワの原因となります。

これらの要因をすべて完全に断ち切ることは難しいかもしれませんが、

努力と工夫次第で減らすことはできます。

 

スポンサードリンク

食生活を見直して、活性酸素から身を守りましょう

食べ物には、活性酸素の働きを抑える、

さまざまな抗酸化成分が含まれています。

抗酸化成分として、よく知られているのが、

ビタミンC・Eの抗酸化ビタミンと、

βカロテンやトマトのリコピンなどのカロテノイド、

さらに植物に含まれる色素や苦味成分であるポリフェノールです。

お茶のカテキン、ごまのゴマリグナンなども、ポリフェノールの一種です。

抗酸化成分は、

色の濃い植物性食品に多いという特徴があります。

 

食べ方によっても、活性酸素から身を守れます

どうしても食べ物ばかり気にしてしまいますが、

抗酸化として実は効果的なのが、

よく噛んで食べることです。

唾液に含まれる酵素に、

活性酸素の発生を抑える働きがあります。

ですので、よく噛み唾液を出すことで、

酸化を防ぐことができるます。

また、噛むことで満腹感も生まれて、

食事量を抑えることができるので、

消化不良によっておこる体内の酸化も防げます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

肌がきれいな人、

見かけよりも若く見える人。

この差は、活性酸素によるものだったのですね。

今からでも、まだ間に合いますよ。

活性酸素を減らす生活を始めよう。

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す