玉ねぎが快眠をサポート 枕元に切った玉ねぎを置くとよく眠れます

毎晩、心地よい眠りに
あっという間につきたいものですよね。

快眠を誘う方法の一つとして、
昔から「玉ねぎを枕元に置くと良い」と
言われてきました。

そこで、今回は
玉ねぎの快眠効果について紹介します。

スポンサードリンク




玉ねぎの快眠効果について

玉ねぎに含まれる硫化アリルが血行を良くします

玉ねぎは、眠りを誘ってくれる野菜として評判です。
玉ねぎは、血液の流れを良くする食品の代表格です。

玉ねぎに含まれている、硫化アリルは、
玉ねぎの辛みの成分もなっている、
発揮性の催涙物質です。

玉ねぎを刻むときに涙が出るのも、
この硫化アリルが原因です。

硫化アリルは、血液の流れを良くします。
要するに、眠りたい方の枕元で、
硫化アリルが揮発性があるものとして、
体内に入っていくことで、体内の血液の流れを良くして、
眠りを誘うというメカニズムになります。

 

玉ねぎに含まれる硫化アリルに鎮静作用があります

また、玉ねぎから出る硫化アリルという物質には、
鎮静作用もあります。
これが働くことによって、
精神が落ち着き眠りやすくなります。

玉ねぎの快眠効果を試してみるのでしたら、
出来るだけ新鮮で香りが強い玉ねぎを、
みじん切にしたものを使用しましょう。
硫化アリルは、加熱すると成分が失われてしまいますので、
生の玉ねぎを使用しましょう。

 

スポンサードリンク




睡眠は、なぜ重要なのか

睡眠は身体の休息はもちろんですが、
特に脳が休息するための大切な時間です。

身体の疲れは、横になって身体を休めるだけでもある程度回復できますが、
意識や知能、記憶など知的活動を行う大脳は、
起きている限り休息することは不可能です。
睡眠は脳を深く眠らせて、精神的な疲労を回復するのに大変重要です。

また、脳が深い眠りに入ると成長ホルモンが分泌されることも分かっています。
この成長ホルモンは、細胞の新陳代謝を促して、
皮膚や筋肉、骨などを成長させたり、
日中の活動で傷ついた筋肉や内臓などを効率よく修復する働きがあります。

つまり、睡眠は身体と脳の再生工場のようなものです。
私たちは、心と身体の健康を保つために眠る必要があるのです。

 

あなたにピッタリの枕は、どんな形の枕?
質問に答えていくうちに、ピッタリの枕が分かる
70秒で分かる! ピッタリの枕

 

睡眠は、睡眠時間よりも中身が大切です

よく、理想の睡眠時間として「1日8時間」と言われますが、
これは医学的根拠があるわけではなく、
多くの人の睡眠時間が6~9時間の間という統計から出された、
平均的な睡眠時間にすぎません。

つまり、平均睡眠時間はあくまでも一つの目安です。
睡眠時間にはかなりの個人差があり、
平均睡眠時間より短いからといって不健康な眠りというわけでも、
不眠というわけでもなく、
6時間よりもっと少ない3~4時間の睡眠で十分な人もいれば、
9時間以上の睡眠が必要な人もいます。

基本的には、日中眠気がなく、
きちんと活動していくのに十分な睡眠時間が確保されていれば、
何時間でもかまわないといえます。

長く眠る人でも、
脳の睡眠であるノンレム睡眠は、
短時間睡眠の人と変わりません。
睡眠は時間よりも「質」の方が重要です。

質のよい睡眠とは、目覚めがスッキリとしていて、
ぐっすり眠ったという満足感が得られる眠りのことです。

 

 

睡眠薬の人気ランキング

 

 

睡眠の種類について

脳の眠り ノンレム睡眠

脳が眠っている状態と考えられています。
眠りの深さによって4段階に分けられます。
浅い眠りから深い眠りへと進み、
深さのピークを過ぎると、今度は逆に深い眠りから浅い眠りとなり、
そのあとレム睡眠へと移行します。

居眠りは、ほとんどがノンレム睡眠で、
空いた時間にほんの少し居眠りするだけでも脳の休息になります。

この、ノンレム睡眠が重要です。
ノンレム睡眠の時間や深さが深いほど、
ぐっすり眠ったという満足感が得られます。

 

 

身体の眠り レム睡眠

身体は深く眠っているのに、
脳が起きているような状態の浅い眠りです。

例えば、スヤスヤと寝ているはずなのに、
筋肉が動いて体がビクついたり、眼球が回っているときなどが、
レム睡眠だと言われています。
この時間に、人間は夢を見ることが多いのです。

目覚めの準備状態でもあり、
この時に目覚めると気分がすっきりします。

レム睡眠の時間帯が長いと、
目覚めたときの熟睡感が得られなくなります。
レム睡眠中は脳が活動状態にあるため、脳の疲れが取りきれないのです。

 

まとめ

睡眠は、睡眠時間よりも睡眠の質が重要なことが分かりました。
毎日、快適に眠れるように
この記事が参考になれば幸いです。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す