夏を涼しく快適に!! 日よけオーニングの取り付け方 自分で簡単に取り付けする方法を紹介します

オーニングは、最近では人気が高まり、
すだれやよしずから、オーニングを活用する人が増えてきました。

オーニングは、お部屋への光を遮り、
部屋の中の温度上昇を防ぐとともに、
風通しがよく、インテリアにも合うのが特徴です。

そこで、今回は
オーニングの取り付け方 自分で簡単に取り付けする方法を紹介します。

スポンサードリンク




オーニングの取り付け方について

一言でオーニングと言っても、
種類ももたくさんあり、それぞれ取り付け方が違ってきます。
そこで、それぞれのオーニングの特徴と取り付け方を紹介します。

日よけオーニングの取り付け方

最も一般的なオーニングです。

日よけオーニング

 

用意するもの

用意するもの

  • 日よけオーニング
  • サッシ取り付け金具
  • マルチウエイトもしくは、重量ブロック

 

取り付けの方法~手順

 

まずは、取り付けする窓に合ったオーニングのサイズを測ります。

一般的に販売されているサイズが

    • 横1m×高さ2m
    • 横2m×高さ2m
    • 横2m×高さ2.4m
    • 横2m×高さ3m

 

私は、横2m×高さ2.4mを使用しました。

 

サッシにサッシ取り付け金具を取り付けます

サッシ取付金具には、

    • サッシの枠にネジで締めて取り付けるタイプ。
    • マグネットタイプ
    • ジェルフックタイプ

があります。

私は、接着力が強いジェルタイプを使用したので、
ジェルタイプで説明します。

裏側の接着剤をライターなどの火であぶって、
溶かしてから取り付けます。
接着剤が溶けたら時間をおかずに接着します。

ジェルタイプのフック

ジェルフックタイプ

 

オーニングの大きさによって、
このフックを数個取り付けます。

私は、左右と真ん中の三か所取り付けました。

出来るだけピンと張れるように金具を位置を調整します。
上部の金具を複数個つける場合は、
まず端を決めてから内側はハトメに合わせて金具を取り付けるか、
マスキングテープなどで印をつけて金具を取り付けましょう。

 

日よけオーニングを取り付けます

フックの取り付けが終わったら、
日よけオーニングを取り付けます。

日差しをさえぎるように、
斜めに引っ張って取り付けます。

日よけオーニング

日よけオーニング

 

スポンサードリンク




オーニングに重しを取り付けます

風でオーニングが動かないように、
重しを取り付けます。

重しの種類について

  • 重量ブロック
    重量ブロックに取り付け用ヒモを巻いて使います。
    重量ブロック重量ブロック
  • マルチウエイト
    水や砂を中に入れて重りにします。
    使わない時は水を抜いて小さくなるのでオフシーズンに場所をとらず、
    コンパクトに収納できます。
    マルチウェイトマルチウエイト

私は、軽くて楽なマルチウエイを使用しました。

 

オーニングに、マルチウエイトを括り付けて完了です。

マルチウエイトの取り付け

写真では、マルチウエイトを2個使用していますが、
私は、真ん中にも取り付けています。

 

ベランダに取り付ける場合は、
マルチウエイトは必要ありません。
ベランダの柵に直接括り付けます。

オーニング ベランダの柵に取り付け

 

 

オーニングを取り付けた時の失敗点と反省について

フックは、ジェルタイプを使用してください

私が一番最初にオーニングを取り付けた時は、
ジェルタイプのフックを使用せずに、
サッシの枠にネジで締めて取り付けるタイプを使用しました。

このタイプは、強度に問題があり
ちょっとした風で、外れてしまったり
金具が曲がってしまったりしてしまいました。

その為、風邪が強い日には
オーニングの金具とオーニングがぶつかり、
カタカタと音が鳴り、ちょっとうるさかったのです。

ですので、ジェルタイプのフックの使用をお勧めします。

 

台風時などは、取り外します

当たり前ですが、台風などの強風時には取り外します。
これを取り外すのを忘れると、
フックが外れてしまいます。

これくらいの風邪なら大丈夫か?
と思わずに取り外しましょう。

上部のフックを取り外すだけですので、
すっごく簡単ですよ。

私は、何度か取り外すのを忘れて、
フックが取れてしまったことがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近では、色々な種類のオーニングが販売されていますので、
あなたの趣向や、お部屋に合ったオーニングを選びましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す