紫外線対策は、子供の時から対策することが重要です

紫外線対策は、
子供の時からの対策が重要だと言う事を知っていますか?

子供は、外で遊んで当たり前。
子供は真っ黒に日焼けしているほうが健康的だ。
なんて時代は、もう昔なのかもしれません。

そこで今回は、
子供の時からの紫外線対策の重要性について
詳しく紹介します。

スポンサードリンク




 

紫外線のメリットについて

紫外線には、デメリットだけではなく、
メリットもあります。

 

紫外線を浴びると、ビタミンDが合成されます

紫外線には、ビタミンD を体内で合成するという
良い面もあります。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を高めるので、
骨を丈夫に保つには欠かせない栄養素です。

紫外線を浴びることで、
ビタミンDが皮膚で合成されます。

しかし、紫外線をたくさん浴びることは
体にはよくありません。

昔は、子供は日光を浴びないとダメ
等と言われてきましたが、
1日たった10分以内の紫外線を浴びることにより、
ビタミンDの合成効果があります。
つまり、それ以上の紫外線を浴びると
逆効果ということになります。

 

 

紫外線を浴びると、ビタミンDがつくられる説明の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

紫外線について

太陽の光には、目に見える光と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。
紫外線は、その中で最も波長の短い光で、
波長によってUVA、UVB、UVCに分れますが、
実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBになります。

紫外線の量について

 

紫外線対策には、日傘が有効です。
日傘の選び方を紹介した動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

日傘の売れ筋ランキング

 

UVAとは

UVAは、物質を透過しやすく、雲などの影響を受けにくい特徴があります。
UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、
太陽から届く紫外線の約9割を占め、
肌に蓄積的なダメージを与えます。

肌の奥の真皮にまで侵入し、
肌のハリや弾力を失わせて、光老化を引き起こす原因になります。
また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、
肌を黒くさせる作用もあります。

 

UVBとは

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、
肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなったり、
数日後に肌が黒くなります。

波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、
肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、
生体への影響が強い特徴があります。

日焼け止め UVケア 売れ筋ランキング

 

若いころから、慢性的な紫外線を浴びるのはNG

少量の紫外線は、ビタミンDの合成というメリットがありますが、
若いころから慢性的に、大量の紫外線を浴び続けると、
数十年後には、皮膚へのダメージが蓄積されて、
皮膚のシミやシワ、くすみなどの原因になってしまいます。

そして、こんな結果があります。
紫外線量が強いオーストラリアへの移住年齢が若いほど、
皮膚がんの発症率が高いという海外の研究データがあります。

つまり、細胞分裂が盛んな子供の時からの紫外線対策が、
重要になるということです。

幼少期から青年期までの紫外線障害は、
肌に蓄積されます。
その量が一定量を超えると、
シミやシワが発生して、皮膚がんの発症率も高まるのです。

 

スポンサードリンク




子供の方が、大人より紫外線に弱い

子供のころ、特に若いうち、
10歳よりも5歳、5歳よりも1歳に紫外線を浴びた量が多いほど、
大人になって皮膚癌を発症する確率が高くなり、
皮膚ガンを発症する年齢も若くなる事が分かっています。

さらに若い頃に紫外線を浴びれば浴びるほど、
大人になって早く紫外線が原因によるシミ、シワも出やすくなることが
分かっています。

 

 

シミ・そばかすに効く医薬品・医薬部外品ランキング

 

 

一生に浴びる紫外線の内、50%が18歳までに浴びている

人間が一生涯に浴びる紫外線量のうち、
約50%は18歳までの子供の頃に浴びていると言われています。

ようするに、いかにして子供の頃に紫外線を浴びないようにするか、
が重要になってきます。

 

子供の紫外線対策について

外出(通学)時は帽子を被り、
暑くてもできるだけ長袖を着るようにする。

半袖などで肌を露出する際は、
必ず日焼け止めを塗る(子供は出来るだけ低刺激のものを)。

ベビーカーには日よけをする。

海、プールなどで遊ぶ時、水面から上がっている時は、
日陰(テント・パラソルの下など)で休んだり、
直射日光が当たらないようにバスタオルをはおり、
日焼け止めをこまめに塗りなおす。

など、外出時は最低限、上記のような紫外線対策を行いましょう。

 

子供自ら紫外線対策を行うように指導する

大人がいくら頑張って紫外線対策を子供に行おうとしても、
子供は訳がわからず嫌がるものです。
ですので、紫外線を浴びることは健康、
美容によくないことを子供に教え、
親が言わなくても子供自らUVケアを行うようにすることが、
最も大切かもしれません。

日よけ防止 売れ筋ランキング

 

まとめ

子供の紫外線対策は、
なかなか気にかけていなかった方も多いのではないでしょうか?

紫外線対策は、
子供の時の対策が非常に重要です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す