虫刺されの痒みを、一瞬で解決する方法について おすすめの方法を紹介します

夏になると悩まされるのが蚊の存在です。
どこともなく、プ~ンとやってきて
気付いたら刺されてしまっていますよね。

蚊に刺されると、多くの人が発疹やかゆみを生じますが、
中には激しいアレルギー反応が起こり、
1週間以上もかゆみや腫れが引かない人もいます。
蚊に刺された時には、どのように対処するのが正しいのでしょうか。

そこで今回は、
虫刺されの痒みを、一瞬で解決する方法について
おすすめの方法を紹介します。

スポンサードリンク




蚊に刺されたら、痒くなるのはなぜなのでしょう

痒みの正体は、アレルギー反応です

蚊は皮膚にとまって血を吸う時、
対象動物の皮膚に唾液を注入します。

この唾液には、刺された人や動物が痛みを感じないようにする麻酔作用や、
血を固まりにくくする作用などを持つ成分など、様々なものが含まれています。

この唾液が体内に入ると、
蚊に刺された人や動物の皮膚にはアレルギー反応が起こります。

つまり、蚊に刺された時に発生するかゆみや腫れの正体は、
蚊の唾液によって起こるアレルギー性の皮膚炎なのです。

 

 

蚊が血を吸う時の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

ステロイド軟膏(かゆみ止め)の売れ筋人気ランキング

 

 

蚊に刺される回数によって、痒みの度合いが変わってきます

人によって、蚊に刺されてもすぐに治る人と、
長く引きずるる人といますよね。
この差は何なのでしょうか?

実は、初めて蚊に刺された時は、蚊の唾液が体内に入っても、
身体はアレルゲンと判断せず、かゆみや発疹は起こりません。
しかし、蚊に何度も刺されると、
身体は蚊の唾液を異物と認識するようになり、
アレルギー反応が出るようになります。

蚊に刺される回数が多くなるにつれ、
症状が悪化してくるのです。

 

刺される回数が少ない場合は、1~2日後に痒みがくる

赤ちゃんや、幼児に多いのですが
蚊にあまり刺された経験がないため、
蚊に刺されてもすぐに痒みはきません。

大体1~2日後にかゆみや発疹がでます。

 

さらに刺されると、すぐに痒みが発生する(小学生に多い)

さらに刺される回数が増えると、即時型の反応(すぐに痒みが発生)がまず出て、
その後に遅延型のアレルギー反応(1~2日後に痒みが発生)
が出るようになります。
小学生頃の年代に多い症状です。

 

 

蚊の虫よけ殺虫剤の売れ筋ランキング

 

 

さらに刺されると、その場だけの痒みが発生する

ここまでくると、
刺された直後にだけかゆくなるようになります。
主に青年期以降は即時型アレルギーになる人が多いと言われています。

 

さらに刺されると、何も感じなくなる

蚊に刺され続けて年を取ると、
シニア世代となる頃には、刺されても何の反応も出なくなります。

 

スポンサードリンク




蚊に刺されたときの対処法について

患部を冷やす

蚊に刺されたら、
患部を冷やすことにより、かゆみを抑えることができます。

濡れタオルを使ったり、タオルで保冷剤をくるんだりして、
患部にあてて冷やしましょう。

20~30分ほど冷やすと、
通常の蚊にさされたかゆみはおさまります。
炎症反応が抑えられるからです。

 

患部を温める

患部を冷やす方法と、全く逆の方法ですが
この方法でもかゆみを抑えることができます。

50度くらいに熱した熱いタオル、
または金属製のスプーンなどを、10秒ほど患部に押し付けます。

ポイントは、ぬるく温めるのではなく、
熱することですが、くれぐれもやけどに注意してください。

人間に対して毒であった、
蚊の唾液に含まれるタンパク質を熱を加えることにより変性させ、
その機能や効果の無効化することを狙った対策方法です。

 

虫刺されの市販薬を使用する

蚊に刺された症状によって使用する薬を使い分けます。

かゆみだけが強い場合は、
かゆみを抑える抗ヒスタミン薬が入ったものを選びます。

逆に、腫れやただれなど炎症がひどい場合は、
ステロイド外用薬が入っているものを選びます。

虫刺されの薬の中には、
炎症を抑えるためのステロイド外用薬が入っていないものもあるため、
蚊やブヨに刺されて、かゆみも腫れもある場合などにを使用しても、
症状がなかなか改善しないケースがあります。

また、掻きむしって患部に掻き壊しの状態になっている場合は、
そこから雑菌などが侵入するのを防ぐため、
殺菌作用のある成分が入っていることも大切です。

 

市販されている、虫刺されの薬で一番売れているのは、
ムヒになります。
市販の虫刺され薬 売れ筋ランキング

 

まとめ

蚊に刺された痒さの度合いの違いは、
蚊に刺される回数によって違います。

蚊に刺された時の対処法は、
薬を使用するのが一番ですが、
近くに薬がない場合は、患部を冷やしたり
温めたりすることが効果的です。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
蚊に刺されやすい人の特徴について 血液型は関係あるのか 詳しく紹介します

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す