メグミルク ナチュレ恵(ヨーグルト)の培養方法について 自宅で簡単に培養する方法を紹介します。

メグミルク ナチュレ恵は、
スーパーなどで良く売られているヨーグルトです。

値段も安く、よくチラシにも載るので
良く売れるヨーグルトになります。

メグミルク ナチュレ恵は、
他のヨーグルトと比べて、
内臓脂肪・皮下脂肪の低減効果が高い特徴があります。

そこで今回は、
メグミルク ナチュレ恵の培養方法について
自宅で簡単に培養する方法を紹介します。

スポンサードリンク




メグミルク ナチュレ恵について

使われている乳酸菌は、
ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株です。

これらも生きたまま腸に届く乳酸菌とされていますが、
それだけでなく、長く腸に留まってくれます。

また、内臓脂肪・皮下脂肪の低減効果も実験で検証されています。

メグミルク ナチュレ恵

雪印メグミルク ナチュレ恵プレーンヨーグルト

 

 

ガセリ菌SP株の効果について

免疫力を高める

ガセリ菌SP株は、小腸で働き、免疫力を高めます。
ガセリ菌は小腸にとどまり、免疫細胞に刺激を与えます。
免疫細胞と腸の働きは密接な関係にありますので、
相互に影響しあって、お互いに良い状態になることができます。

免疫は、風邪やインフルエンザ、病気を防ぐためだけではありません。
アレルギー症状も、免疫細胞の誤作動によっておこるものです。

腸を健康な状態にし、免疫細胞が正常に作動できる状態にしておくことで、
花粉症をはじめとするアレルギー症状の軽減が期待できます。

 

 

ガセリ菌SP株の特徴を紹介した動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

ダイエット効果がある

ガセリ菌SP株は、腸の働きを活発にする乳酸菌です。
腸の働きが活発になると、食物が体内を通過する時間が少なくなります。
平均的に、健康な人の消化管は、
口から食べた時から24~72時間ほどで食物を排せつ物に変えて体内から出します。

口から胃へ行くスピードは、ほとんど誰でも変わりません。
平均4時間ほどで食べ物は小腸へと移行します。
たまる場所は、腸なのです。
腸の働きが低下している人は、
食べてから排泄するまでに、72時間以上かかることがあります。

便秘の人は、もっと長い時間食べたものが体の中に残留することになります。
すると、吸収する時間が長時間になるので、
どんどん食べたもののエネルギーが吸収されてしまいます。

食べ物の移動が早まれば、
脂肪や糖分を過剰に吸収しなくて済みます。

 

コレステロール値を低下させる効果があります

ガセリ菌SP株は、コレステロールを吸着する働きがあります。
吸着して、そのまま一緒に排泄されることで、
高コレステロールになるのを防ぎます。

 

ビフィズス菌SP株の効果について

ビフィズス菌SP株は、小腸ではなくて、
大腸に定着して働きます。

大腸の環境を整える働きがありますので、
腸を酸性にして、蠕動運動を活発化させます。
腸が酸性になると、悪玉菌自体も活発に増殖できなくなります。
その結果、悪玉菌は減り、
善玉菌は増えるという現象が起き、理想の腸内環境に近づけるのです。

もちろん、善玉菌優位の腸にすることで、便秘を解消する効果もあります。

 

 

O-157の感染リスクを低減します

食中毒の原因菌、O-157は、
その毒素によって人間を志望させてしまうこともある
怖い食中毒を起こす細菌です。

マウスにO-157を感染させてから、
ビフィズス菌SP株を含むヨーグルトを食べさせると
どうなるかを調べた実験があります。
ビフィズス菌SP株のヨーグルトを食べたグループは、死亡率が下がりました。

 

免疫力を向上させます

体の中には、さまざまな免疫細胞があります。
このうち、NK(ナチュラルキラー)細胞と、
マクロファージと呼ばれる大食細胞は、
異物を見つけると退治したり、
とりこんで分解してしまう働きを持っています。

牛乳にも、ラクトフェリンという生理機能タンパク質が含まれています。
ラクトフェリンも食細胞活性を高めることができます。
が、ビフィズス菌SP株を含むヨーグルトは、
牛乳の2倍の免疫力の活性効果が得られることがわかっています。

牛乳を飲んでも免疫力を向上させることはできます。
ただ、効果を求めるのなら、
牛乳よりもヨーグルトの方が、
短期間で倍の効果が得られるということになるのです。

 

スポンサードリンク




メグミルク ナチュレ恵の自宅での培養の仕方

TANICA ヨーグルティアを使用する方法

メグミルク ナチュレ恵は、市販されているヨーグルトの中で、
培養の難易度は、中程度のヨーグルトになります。

 

TANICA ヨーグルティア

タニカヨーグルトメーカー ヨーグルティア

 

 

まずは、容器をしっかり殺菌します

使う容器、中蓋、外蓋、付属スプーンを滅菌します。

私はスチームオーブンで90℃、7分滅菌しました。
熱したお湯をかけたり、電子レンジでも殺菌できますよ。

合わせて、しっかり手も洗いましょう。

 

牛乳に種菌を入れます

種菌となる明治ブルガリアヨーグルトを大さじ3杯と、
牛乳1,000mlを、滅菌したバケツに注ぎ、
やはり滅菌したスプーンでしっかり混ぜます。

そして、中蓋と外蓋をしめて、40℃、6時間で保温スタート。
あとは赤ランプが点灯したら設定完了です。

6時間後に、バケツごと冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

一般的なヨーグルトよりも、培養時間が6時間と
短めです。
ビフィズス菌は、酸素を嫌うので難易度が少し高めの、

中程度になります。

培養するときに、牛乳の表面にラップをかけるなど、
空気に触れにくい環境にするのがコツです。

 

 

タニカのヨーグルトメーカー、ヨーグルティアの
使い方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

ヨーグルトファクトリーで培養する場合

作り方はいたって簡単です。
まずは、牛乳パックのふたを開けて、
100mlほど抜きます。

牛乳パック

そこに、メグミルク ナチュレ恵を大さじ3杯くらい投入します。

そして、しっかりと混ぜます。
そして、トプラン ヨーグルトファクトリー TKY-41Rにセットします。

トプラン ヨーグルトファクトリー TKY-41R

ヨーグルトファクトリー

 

そして、6時間で保温します。

6時間後に、バケツごと冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

培養するときに、牛乳の表面にラップをかけるなど、
空気に触れにくい環境にするのがコツです。

 

トプラン ヨーグルトファクトリー TKY-41Rで
ヨーグルトを培養する動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
TANICAのヨーグルティアYM-1200を使用する方法と、
ヨーグルトファクトリーを使用する方法を紹介しました。

メグミルク ナチュレ恵の場合は、
どちらを使用しても同じ結果となりますよ。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す