夏を涼しく快適に!! 周囲の温度を下げるにはミスト(霧)がおすすめです

夏の耐えられないような暑さ。
何とかしたいですよね。

昔は、庭に打ち水をして
気化熱を利用して涼しくしていましたよね。

この方法は、遊園地などでも利用されています。

そこで今回は、
夏を涼しく快適に!!
周囲の温度を下げるにはミスト(霧)を紹介します。

スポンサードリンク




打ち水の効果について

古くから行われてきた、すずしくなるための工夫「打ち水」。
地面に水をまくと、その水が蒸発するときに地面の熱をうばってくれて、
すずしく感じます。

では、打ち水をするとどれだけ涼しくなるのでしょう?
打ち水をする場所や、仕方で、違いはあるのか?

 

打ち水は、夕方がお勧めです

打ち水に適した時間は、
気温がまだ上がっていない朝や下がり始める夕方が最適です。

間違っても気温が上昇したあとに行ってはいけません。

夕方になると太陽が沈んでいく為、少しずつ温度が下がります。
このタイミングで打ち水をしておくと、気化熱によって
気温の低下を助ける事が出来ます。
この後は夜になる為、効果が続きます。

打ち水

さらに、
夕方の打ち水は、気化熱を奪っていったん地面の温度が下がると、
熱せられることもないので、その温度が維持されて
涼しくなったと感じます。

そよ風など吹けば、それを涼風というのでしょう。
打ち水を夕方にするというのは、
冷房のなかった頃に、夜涼しく寝るための知恵だったのです。

 

打ち水に適した場所は日陰です

一気に湿度が上がるような熱せられた場所に水をまくのはやめましょう。
打ち水に適した場所は日陰です。

また、すだれ等をかけているなら、こちらを湿らせるのも効果的です。

打ち水を持続させる効果のあるものとして砂利があります。
水をまいた砂利が気温を下げるのは、
お寺や神社でも経験があるのでは無いでしょうか。

最近では打ち水効果の高い商品として、
保水性のある溶岩砂利が売られていたりします。

溶岩砂利

保水性のある溶岩砂利

 

また、植物への打ち水も効果的です。
それは、植物は自分自身の体を守るため、

限られた水分を効率よく利用して、
蒸散により、植物自体の体温を下げる仕組みを持っているからです。

また、葉の陰になっている空間の気温は、
葉の表面温度よりもさらに低くなることから、
そこで冷やされた空気が風や対流で拡散し、
植物周辺の温度は気温よりさらに降下します。
この現象が植物による打ち水効果です。

したがって、路面などに直接打ち水を行うよりも、
植物を植えて打ち水をした方が、
持続的で効率のよい気温降下が期待できます。

 

スポンサードリンク




自宅でミストによる打ち水効果を得よう

自宅で簡単に打ち水効果を得れる商品として、
ガーデンクーラーという商品があります。

ガーデンクーラー
ガーデンクーラー

 

このガーデンクーラーは、
電気を一切使わず、 水道水のみで冷房効果が得られます。
また一般の蛇口でOKなのがお手軽です。
おまけにミストなので、普通に水道を出す量とは違い、
わずかな量の水でいいので経済的です。

だいたい20分で1.5度下がります。

 

ガーデンクーラーを取り付けた動画です。
どんな感じなのかイメージするのに最適です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

ガーデンクーラーの取り付け方

ガーデンクーラーの取り付けは簡単です。
ガーデンクーラースターターセットがありますので、
それを購入して、 蛇口に差し込んで、
ホースをナイロンクリップで固定するだけです。

ガーデンクーラー取り付けの手順

 

まとめ

ガーデンクーラーは、
電気を一切使わず、 水道水のみで冷房効果が得られます。
また一般の蛇口でOKなのがお手軽です。
おまけにミストなので、普通に水道を出す量とは違い、
わずかな量の水でいいので経済的です。

是非参考にしてみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す