汗かきを治す方法について すぐに実践できる、おすすめの方法を紹介します

周りの人たちは、汗をかいていないのに、
なぜ自分だけ汗が止まらないんだろう。
なんて時はありませんか。

そんな時は、何とかして汗を止めたいと思いますよね。

そこで今回は、
汗かきを治す方法について おすすめの方法を紹介します

 

スポンサードリンク




汗の種類について

汗には、良い汗と悪い汗があります。

良い汗について

良い汗はサラサラしていて、
水のように透き通っているので蒸発しやすいです。
そして、汗の粒も小さい特徴があります。
水のようなので、味はなくニオイもあまりしません。

さらに細菌などが繁殖しにくいため、
体にとっても悪いことはありません。
運動などや半身浴などでかく汗は良い汗である場合が多いです。

 

 

悪い汗

悪い汗はベトベトしていて、粒が大きので蒸発しくいです。
そのため皮膚の上で細菌が繁殖しやすく、悪臭を放つ場合が多いです。
細菌が原因で、肌の炎症などが起きてしまう場合もあります。

また汗に塩分が多く含まれているために、
悪い汗を多くかいてしまうと熱中症になる可能性も高くなります。

加工食品や動物性脂肪の多いものばかりを食べていたり、
運動不足やストレスを抱えていると悪い汗をかきやすいとされています。

 

汗をかきやすい人の特徴について

太っている人

見た目が太っている人は、
汗かきの人が多いですよね。
これには理由があります。
太っている人の場合、厚い皮下脂肪が断熱材の役割を果たし、
体の熱が体内にこもりやすく、
体温調節のために大量の汗をかいてしまうのです。

運動やカロリーの取り方に気をつけて、
まずは皮下脂肪を減らしてみると汗の量も減ってくるでしょう。

 

隠れ肥満の方

隠れ肥満とは、見た目は普通ですが、
内臓脂肪がたまった人を指します。

平均的な体型または痩せ形の人で汗っかきな場合、
隠れ肥満である可能性もあります。

内臓脂肪が厚いことも、
太っている人の皮下脂肪と同様に
体の熱が体内にこもりやすくなるので、
体温調節をするために発汗量が多くなります。

若い頃は特に汗っかきではなかったのに、
年齢を重ねてから突然汗っかきに変わってしまった人は
隠れ肥満の可能性があります。

このようなタイプの汗っかきも、
運動などの習慣を付けて
内臓脂肪を減らすことで汗っかきが改善されます。

 

運動不足の人

普段から運動を良くする人は汗腺が鍛えられていて、
汗をよくかけるような体質になっています。

しかし、運動不足の人は、汗をかく機会が少なくなっているために
汗腺が衰えてしまい、
全身ではなく体の一部だけで汗をかいて
体温調整をするようになっている場合があります。

全身での発汗は少なくても、汗をかきたくない場所や、
汗が溜まりやすい場所などに汗が多くなると、
自分は汗っかきだと思ってしまうのです。

このタイプの汗っかきも、運動不足を解消することで、
全身で汗をかけるようになると局所の汗っかきが気にならなくなります。

 

 

暑さ対策、冷却グッズ人気売れ筋ランキング

 

 

スポンサードリンク




一気に水分をとる人

人間の水分含有量は、体重の50~60%です。
そして、体内の水分量は常に一定に保たれています。

一度に大量の水分を取っても、
吸収できる水分の量には限界があるために、
大半は尿をはじめ汗などで排泄されます。
喉が渇いていても、一気に飲むのではなく、
ゆっくりと少しずつ飲むのが効果的です。

 

緊張しやすい人やストレスを受けやすい人

気温や運動の影響ではなく、
精神的な緊張やストレスで大量の汗をかく人がいます。

精神性発汗が起こる部位は、手のひらと足裏の汗ですが、
その他の一般体表面も、精神性の刺激の影響を受けて発汗量が増えたりします。

したがって、緊張やストレスで手のひらや足裏だけでなく
その他の部位でも汗をどっとかいてしまうのです。

緊張の場面で一呼吸おくようにしたり、
自分なりのリラックス方法などを身に付けたりすることで、
改善を試みてみましょう。

汗っかきであることを気にしないようにすることも重要です。

 

 

すぐに実践できる、汗かきを治す方法について

豆乳を飲む

男性ホルモンは発汗を促進し、
女性ホルモンは抑制する働きがあります。

そこでおすすめなのが、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、
男性ホルモンに傾いたホルモンバランスを整えて汗を抑えるのに有効です。

そのイソフラボンを多く含み、手軽に摂取できるのが豆乳です。

少しくせがある飲み物ではありますが、
美白・豊胸・保湿などなど女性にもうれしい効果がたくさんあるので、
是非習慣にしてほしいと思います。

 

納豆を食べる

納豆には発汗を抑える働きがある必須アミノ酸が、
多く含まれています。
汗かきな体質の人には打ってつけの食材といえます。

また、納豆には大豆イソフラボンも含まれています。
1日1パックの納豆だけで汗かき改善になります。

 

水分のとり方に気をつける

先ほども述べましたが、

一度に大量の水分を取っても、
吸収できる水分の量には限界があるために、
大半は尿をはじめ汗などで排泄されます。
喉が渇いていても、一気に飲むのではなく、
ゆっくりと少しずつ飲むのが効果的です。

喉が渇いた時に、少しこまめに飲むようにしましょう。

 

制汗剤の人気売れ筋ランキング

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
汗かきで悩む方は、一度試してみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す