男性の更年期障害とテストステロン(男性ホルモン)の関係について

更年期障害は、女性がなる症状だと思っていませんか?
実は、男性にも更年期障害があります。
しかも、女性よりも症状がきついのです!!

「最近まったくヤル気が出ない」
「気分が落ち込む」
「ちょっとしたことでイライラする」等の症状が出て来たら、
それは更年期障害なのかもしれません。

そこで今回は、
男性の更年期障害について
テストステロン(男性ホルモン)の関係について
紹介します。

 

スポンサードリンク




男性の更年期障害について

男性の更年期障害は、うつ病と似ています

男性更年期障害の症状には個人差があります。
中には体調不良で寝込んだり、
気分が落ち込んで、
うつ病と思い込んでしまうケースもあります。

うつ病と更年期障害とは、
治療のやり方が違います。
うつ病と更年期障害との見極めが重要です。

 

男性の更年期障害の症状を紹介した動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

更年期障害は、男性ホルモンと関係があります

男性ホルモン、主にテストステロンというホルモンですが、
40歳を過ぎると、徐々にこのホルモンが少なくなってきます。

あまり大きく減ってしまうと、
元気がなくなって気分が落ちこんだり、
イライラしたり、朝起きられなかったり、不眠になったりします。
身体面でものぼせたり、汗が出たり、
冷え性になったりと、さまざまな健康障害が起こります。

これこそが、男性の更年期障害なのです。

 

女性の更年期障害は、年を取ると治ります

女性の更年期障害は、一般的に40代後半から50代で、
のぼせ、多汗、動悸、立ちくらみなどの
症状を訴える人が多いようです。
イライラや不安感、ヤル気が出ないといった、
精神症状を訴える方もいらっしゃいます。

女性の更年期障害は、閉経の前後5年以内の一過性のできごとです。
程度の差はあるものの、どの女性も通過する症状です。
年をとるにつれて治まります。

 

 

男性の更年期障害は、適切な治療を受けないと治りません

女性の更年期障害と比べ、
男性の更年期障害は、
テストステロンなど男性ホルモンの減少に伴う病気です。
ですので、年を取って改善するということはありません。
正しい対処をとらなければ、一生続くこともあるのです。

 

更年期障害に効く 売れ筋サプリメントランキング

 

 

スポンサードリンク




男性の更年期障害の原因は、男性ホルモン(テストステロン)の低下です

サラリーマンの更年期障害が増えています

これは、最近の競争の激化、
成果主義の導入などにより、
企業社会がより高ストレス化してきたことが原因です。

テストステロンは、強いストレスがあると作られません。
つまり、現在のサラリーマンは、
高ストレス状態になりやすく、
その為、テストステロンが低下してしまうのです。

 

テストステロンが最も多いのは、会社の社長です

テストステロンの不足は、
やる気の低下や無気力感などをもたらしますから、
しっかり仕事をするには、
テストステロンがしっかり出ていることが不可欠なのです。

実際に、サラリーマンのテストステロンの量を調査してみると、
どこの組織でも、社長が一番テストステロンの数値が高かったのです。
それも例外がなく、どこの組織でもです。

テストステロンは、何らかの自己表現を行い、
それを評価されて、自信を持つことでテストステロンは高まります。
つまり、会社の社長は自己表現をして、
それを評価されるので、どこでもこの結果になるのでしょう。

 

テストステロンの量のチェックの仕方

自分のテストステロンの量は、どれくらいあるのでしょう?
実は、簡単なチェックで分かるのです。

左右どちらでもいいですので、人差し指と薬指を見てください。
簡単にいえば、薬指が長いほど、テストステロン値が高いのです。
ですから、男性は、人差し指より薬指のほうが長い人が多いのです。

これにはちゃんと根拠があります。
指の骨にはテストステロンのレセプター(受容体)が存在するのですが、
薬指には特にレセプターが多く存在するため、
テストステロンが高い人ほど、薬指が発達するのです。

 

テストステロンの量を増やす方法について

十分に睡眠をとる

テストステロンは、夜中につくられます。
とくに、夜中の1~3時の睡眠は重要です。

更年期障害の男性患者の中には、
長距離通勤で睡眠が十分確保できていない方が多い特徴があります。
そうした方は、週に一度は会社の近くのビジネスホテルに泊まるなどして、
睡眠をしっかり確保しましょう。

 

自分の存在意義が認められる場所をつくる

何らかの自己表現を行い、それを評価されて、
自信を持つことでテストステロンは高まります。

仕事でうまくいって誉められたり、
部下から感謝されるといったことです。

仕事でなくても趣味やボランティアの場でもいいので、
自分の存在意義が認められる場所があると、
テストステロンを維持していけるはずです。

 

加圧トレーニングをする

筋力トレーニングなどで筋肉に刺激を与えると、
テストステロンの値がアップします。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動でも、
マシンなどを用いた筋力トレーニングでも効果があります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性の更年期障害は、
男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因です。

自分が、更年期障害かなっと思ったら、
睡眠時間をチェックしてみて下さい。
そして、きっちりと睡眠をとるようにしましょう。

それでも改善しない場合は、
病院で診察を受けましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す