ストレスに弱い人の特徴について ストレスに弱い人が、ストレスに強くなるおすすめの方法について

ストレスに強い人、弱い人がいますよね。

ストレスに弱い人が、重大な仕事を頼まれたり
重要な局面に置いて抱きやすい三大感情は、
「不安」「恐怖」「焦り」です。

その結果、普段の実力が出せずにミスをしたりして、
自信喪失を招きます。
ミスをしたときに自信を失うのは当たり前のこととも言えますが、
過度な落ち込みは、自らの考え方が原因しているかもしれません。

そこで今回は、
ストレスに弱い人の特徴について
ストレスに弱い人が、ストレスに強くなるおすすめの方法について
紹介します。

 

スポンサードリンク




ストレスに弱い人の特徴について

真面目で責任感が強い

真面目な人は、
やりたくないことでも嫌と言えずに引き受けてしまい、
不快な思いをしたり失敗をしたりしてしまいます。

しかも、責任感が強いので
途中で放り出すことも出来ずに、
自滅してしまうこともあります。

自分で自分の首を絞めてしまうタイプです。
言われたことを真面目に受け止めてしまうため、
融通が利かず、人間関係でも気にしすぎてしまいます。

 

 

ストレスチェック!!
この絵が動いて見えるとストレスに弱い。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

努力家で完璧主義

完璧主義だと、ちょっとでも上手くいかないと、
自分を必要以上に責めてしまいがちです。
完璧にこなすことが難しいことだと分かっていても、
些細なミスも許せません。
努力家の人も多く、
いい結果が出ないとその努力が報われなかったと落ち込みます。

 

ストレスに効く市販のサプリメントランキング

 

 

内向的で大人しい

自分に自信がなく、
嫌なことでも嫌と言えない人はメンタルも弱くなりがちです。
友人と一緒にいてちょっと具合が悪くなっても言い出せなかったり、
飲みに誘われても断れなかったり。
そういった人は普段からストレスが多く、
その度に落ち込んでしまっているので疲れてしまいます。

 

 

スポンサードリンク




過度の心配性

心配性の人は、取り越し苦労が多く見られます。
色々なことが気になり、必要以上に心配してしまうので、
常に不安と恐怖にさいなまれています。
なので心が休まる暇がありません。
頭痛や胃痛に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

ストレスに弱い人が、ストレスに強くなる方法

失敗を恥だと思わない

今の自分が存在しているという素晴らしい事実は、
過去のすべてがあったおかげです。

成功だけでなく、失敗があったおかげで、
今の素晴らしい自分が成り立っているのです。

ということは、過去のすべてに無駄はないということです。

すべての失敗に無駄はなく、今のあなたが生活する上で役立っています。
失敗するからこそ「次から気をつけよう」と思いますよね。
過去に失敗したおかげで、今の強いあなたがいるのです。

過去の無駄が1つもない事実に気づきましょう。
失敗したときには「いい経験ができたなあ」と声に出しましょう。

必ず「声に出す」のがポイントです。
思うだけではいけません。
声を出すと、覇気が出ます。
その言葉が本当に現実になります。

 

 

自分を客観的に見てみましょう

ストレスがかかっている状態とは、
客観性が失われている事がよくあります。
「自分は悪くない」「あの人が悪い」と・・。

そこに、もう一人の自分の存在を作ってみましょう。
その「もう一人の自分」は、遠くから、
現状を客観的に見ていてどう感じますか?
どう対処しますか?
そんな目線をもつ意識をしてみましょう。

また、答えが出ないことを黙々と考えていても、
結果マイナス思考になりがちなので、
気持ちを切り替えて、
答えが出ないことを考えることはやめましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ストレスに弱い人には特徴があります。

特徴があるからこそ、
ストレスに強くなることも可能です。
是非、参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク




 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す