長時間寝ていると腰が痛くなる原因について 気になる疑問にお答えします

今日はよく寝たな。
けど、腰が痛いなんて経験はありませんか。

実は、長時間睡眠をとると
腰が痛くなることがあるのです。

本来睡眠をとると体の疲れが取れるのに、
なぜ腰が痛くなるのでしょうか?

そこで今回は、
長時間寝ていると腰が痛くなる原因について
気になる疑問にお答えします。

 

スポンサードリンク




長時間寝ていると腰が痛くなる原因について

寝返り不足です

一般的に、一晩の寝返りの回数は20~30回、
多い人では30~40回くらいと言われています。

ですが、寝返りの回数がこれよりも多い場合には、
何らかの問題があって、
うまく熟睡できていない場合があります。

寝返りが少ない場合、
同じ姿勢で寝ている時間が長いので、
体の同じ部分に汗をかいていたり、
体のある部分が痛くなったりする場合があります。

寝返りせずにずっと同じ姿勢でいると、
マットレスと接触して、
圧力のかかっている部分の血液の循環が悪くなったり、
重力のかかり方が一定であるため、
身体の一定の部分に血液や体液が滞留しやすくなります。

この血液循環が滞ると、
肩こりや腰痛の原因となる事があります。

 

マットレスが合っていなく、体が曲がったまま寝ているから

体が曲がったまま寝てしまうのは、
それはマットレスや布団が体に合って
いないからです。

やわらかいベッドや布団はふかふかしていて、
気持ち良く眠れるというイメージがありますが、
やわらかすぎる寝具は腰痛を引き起こす原因となります。

これは、腰の部分が沈み1点に負荷が集中するためです。
その結果、腰回りの血行が悪くなり腰痛が起こります。

これは、マットレスが柔らかすぎる時に
起こる腰痛です。

腰痛持ちの方は、
マットレスは高反発のマットレスに交換してみましょう。

高反発マットレス

 

 

スポンサードリンク




お尻の下に、タオルをひく

すぐに何とかしたい場合は、
お尻の下の部分に、バスタオルを敷きましょう。

ベッドであればマットレスとフレームの間、
布団であれば敷き布団の下のお尻の位置に
二枚に重ねたタオルを敷くだけで
腰の部分がグイッと持ち上げられ
まっすぐな状態で寝ることができます。

タオルの大きさや折る回数はあなたの
体に合わせて調整しましょう。

体のすぐ下ではなく、マットレスや
布団の下に敷くのがポイントです。

 

 

枕が合っていない

腰痛を防ぐためには、自分に合った枕が欠かせません。
首の角度は背骨の流れを決定付ける重要な要素で、
角度が合っていないと腰にも悪影響を与えます。

最適な枕の高さは、
仰向けで寝た時の首の角度が真っ直ぐ立った時と同じになる高さです。
頭の重みで枕や布団が沈み込むことも考慮して、
高さを決めるようにしましょう。

 

あなたにピッタリの枕は、どんな形の枕?
質問に答えていくうちに、ピッタリの枕が分かる
70秒で分かる! ピッタリの枕

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

寝返り不足や、マットレス・枕が
自分に合っていないだけで、
知らず知らずの間に、腰に負担がかかります。

いつもより長時間寝た時に、
腰痛という形で、この負担に気付きます。

朝起きると腰が痛い方は、
マットレスや枕をチェックしてみましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す