腰痛が右や左側だけ起こる原因について 気になる疑問と、おすすめの治療法を紹介します

腰痛の症状に悩まされている方は、
大勢いらっしゃいます。

腰痛が起こるときは、
いつも決まって片方だけ!!

では、なぜ片方だけ腰痛が起こるのでしょうか?

そこで、今回は
腰痛が片方だけ起こる原因について
気になる疑問にお答えします。
また、おすすめの治療法を紹介します。

 

スポンサードリンク




腰痛が右側だけ起こる原因について

右側の筋肉を多く使っているからです

日本人は、右利きの方が多いですよね。
右利きの方は、右側の筋肉を多く使ったり、
右側に重心がかかったり、
何かと右側に意識が集中する傾向があります。

右側ばかり使えば、当然のように右半身の筋肉がこわばったり、
疲労が溜まりやすくなったりするわけです。

基本的に、人間は左右のバランスを取りながら活動しています。
どちらか片方にだけ疲労が溜まってくると、
だんだんバランスが崩れ、
頸椎や骨盤の歪みも起こりやすくなるのです。
その歪みに対する負荷が右側にかかった場合は、
「右側の腰痛」となって現れます。

 

 

神経の圧迫による腰痛です

神経を圧迫する腰痛の原因は、

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 骨粗しょう症

などの症状によるものです。

 

これらが原因の場合は、腰痛だけでなく、
他の部分にも、症状が現れることが多いのが特徴です。

これだけだと、判断が難しいので、
腰痛の他に、どのような症状が出るのか、紹介しておきますね。

 

椎間板ヘルニアの症状について

椎間板ヘルニアになると、
以下のような症状が出ます。

  • 立っているとすぐ辛くなる。
  • ちょとの時間(15分位)で、椅子に腰掛けているのが辛くなる。
  • 30分以上歩くと腰が痛くなる。下肢に放散痛(ビリビリとした痛み)をおぼえる
  • 前かがみの姿勢で痛みが強くなる。
  • 下肢の一部に触っても感覚が鈍い。
  • 座った状態から立ち上がるのが辛い。
  • 膝を伸ばした位置での下肢の持ち上げが困難。

 

脊柱管狭窄症の症状について

脊柱管狭窄症になると、
以下のような症状が出ます。

  • 腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある
  • 足にしびれや痛みがある
  • 普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなくなる
  • 前かがみで休むとまた歩けるようになる

 

骨粗しょう症の症状について

骨粗しょう症になると、
以下のような症状が出ます。

  • 骨折しやすくなった
  • 腰が曲がる
  • 身長が縮む

 

 

スポンサードリンク




内臓系の病気による腰痛です

内臓系の病気による腰痛は、常に痛みを伴うのが特徴です。
横になったり、動いたりしても、
痛みが和らいだりすることはありません。

常に腰痛があり、楽な体勢がない場合は、
内臓の不調も考えられますので、
病院で検査を受けることをおすすめします。

 

右側だけ起こる腰痛の治し方

意識をして、右側だけに負担がかからないようにする

右の腰だけ痛むのは
日常生活でのクセ、体の使い方がキーポイントとなります。

足を組んでいませんか?
頬杖ついていませんか?
横になってテレビ見ていませんか?

一度、自分の生活習慣やクセを見直してみて下さい。

例えば、立っている場合なら、
左右どちらか片方にだけ重心を傾けないようにする。

もしくは、イスに座る時には足はなるべく組まずに、
深く腰掛ける・・・など、
普段の生活習慣をちょっとだけ注意することが大切です。

 

 

腰痛に効く市販薬の人気ランキング

 

 

ストレッチをする

ストレッチを行うと、
腰周りの筋肉や腰の痛みの原因になっている筋肉の
緊張を軽減させ血行を改善する効果があります。

 

ストレッチの実際のやり方の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

右側だけ腰痛が発生する原因は、
右側の筋肉を多く使っている事・神経の圧迫・
内臓系の病気があります。

神経の圧迫・内臓系の病気の場合は、
腰の痛み以外にも、特徴がありますので
これらの特徴があったら、病院で診察を受けましょう。

右側の筋肉を酷使したための腰痛は、
ストレッチや左右のバランスを意識することにより、
治すことができます。

 

スポンサードリンク




 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す