自分のキャパシティーを知る方法について おすすめの方法を紹介します

いくつもの仕事を抱えているときは、
何を優先的に処理すればいいのか
分からなくなりますよね。

目先の仕事に追われて、周りが見えなくなっている証拠です。
これをキャパオーバーと言います。

では、自分のキャパシティーを知れば、
キャパオーバーになることはありませんよね。

そこで今回は、
自分のキャパシティを知る方法について
おすすめの方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




キャパシティーとは

キャパシティとは、収容能力です。

キャパシティとは、定員、収容能力、最大積載量、許容量、受容力、包容力、などの意味を持つ英単語です。

実際には、キャパシティが大きい人というのは、
仕事の面でも人以上の仕事量をこなしますし、
何かトラブルが起きても冷静に対応できます。

逆にキャパシティが小さい人は、
トラブルで焦って慌ててミスしがちですが、
キャパシティが大きい人はミスをミスにしない力があるでしょう。
また、キャパシティの大きい人は人望も厚く、
引き受けた仕事は期限内に必ずこなしますから、
それだけ精神面でも、仕事や行動の面でも処理できる
キャパシティが大きいという使い方ができます。

 

キャパシティーが小さいと、すぐにキャパオーバーになります

キャパシティーが小さいと目先の締日に追われ、
周りが見えなくなります。

その結果、優先的に進めなければならない案件があるにもかかわらず、
優先順位を上げずに処理してしまい、
結果どれもこれも中途半端で差し戻しに合い、余計な時間を食ってしまう。
なんて事になりがちです。

これが末期状態になると思考回路が完全停止してしまいます。
仕事が全く追いつかない激ヤバ状態でミスを連発なんと事になります。

完全にキャパオーバーという状態ですね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%91%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

 

 

キャパオーバーとは

自身で処理できる許容範囲以上のことを
続けていくことによって、自身の限界値を
超えてしまう状態のことを指します。

そして、この状態を続けていくことで、
結果的に心身共に疲れ果ててしまって、
何も手につかなくなる・・・という事例も
かなり多いですよね。
(休み無しの超過労働など)

 

 

 

自分のキャパシティーを知る方法について

キャパシティーは、人によって違います。
複数の作業を同時にこなすことができる人もいれば、
1つ1つの作業しかこなせない人もいます。

ですので、
「あの人の様に早く仕事をこなしたい。」
「いくつもの作業を、同時にこなしたい」
と思って、真似をしてみても出来ません。

同じように、複数の作業を同時にこなそうとしても、
1つ1つの作業が、中途半端になるだけなのです。

ですので、自分のキャパシティーを知り、
見極めることが重要です。

そして、そうすることによって、
これからの行動の幅(限界値)を
決められるようになります。

なので、自身を知るという意味でも、
これは是非参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク




1日の予定を紙に書きだします。

まず朝、出社したら(あるいは仕事をはじめるときに)、
今日中に終わらせようと思っていることを、
紙に書いてリストにしましょう。

無理してたくさんかく必要はありません。
本当に、今日やろうと思った仕事だけを書きます。

Woman writing letter

 

やり終えたら、一つずつ消し込んでいきましょう

終わったら、ヨコ線で消してください。
作業が追加になったら、書き加えてください。

仕事が終わるとき、そのリストを見てみてください。
作業は残っていますか?
全部こなせたでしょうか?

ちなみに、残ったからダメ、こなせたからOKという話ではありません。
ただ確認してもらえればよいです。

こなせた仕事の量が、
あなたのキャパシティーなのです。

ただ、1回でははかり切れませんので、
次の日も続けてください。

 

次の日も、同じように予定を書きこんで、消し込んでいきます

次の日も、また同じことをします。
新しい紙に、まず昨日残ったタスクを書き、
その下に、新しいタスクを書いていく。
これくらいで一日分かな、と思ったら、
その紙に書かれたタスクをこなしていきましょう。

これを5年続けると、
自分が1日にどれくらいの仕事ができるのかを、
正確に把握できるようになります。
これを知っておくことで、
仕事はとてもスムーズに進むようになるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャパシティーは、
人によって全然違います。
キャパシティーが低い人が、キャパシティーが高い人の真似をしても、
絶対に上手くいきません。

自分のキャパシティーを見極めて、
自分の最も効率の良い作業をしましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す