太陽光と健康について 太陽光は健康にとって大切だった 太陽光が健康に良い理由について

昔は、太陽光を浴びると健康に良いと言われていました。
しかし、浴びすぎると肌に良くないとも言われます。

大人になると紫外線が気になって、
外に出るのを控えるようになりますよね。
でも、実は適度に太陽光を浴びることは健康にとてもいいことなのです。
そこで今回は、
太陽光と健康について
太陽光が健康に良い理由について紹介します。

 

スポンサードリンク




太陽光が健康に良い理由について

オゾン層が破壊され、
紫外線を浴びることは悪いことだと言われています。
確かに、夏場の紫外線を長い時間浴びることは、
体に良くありません。

少しの日光浴や、
冬場や春の日光浴は、メリットもたくさんあります

 

太陽光を浴びるとビタミンDが生成されます

太陽光を浴びると、健康にいいと言われるのは、
ビタミンDが皮膚で生成されるからでもあります。

ビタミンDは食べ物から摂取するのは難しいと言われていますが、
ビタミンCなどと違って体内にためておくことができます。

この貯蓄したビタミンDが免疫力を上げ、
強い身体を作ってくれるのです。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けるため、
骨粗鬆症の予防や治療に欠かせません。

ただし、ビタミンDが生成されるには、
日焼け止めを塗っていては意味がありません。
そうなると日焼けが気になるかもしれませんが、
1日10~20分程度日光浴をすれば十分です。

長時間日焼け止めを塗らないで太陽の光を浴びていると、
今度は紫外線を浴びすぎて、
肌の老化につながるので気をつけてくださいね。

 

 

 

紫外線を浴びると、ビタミンDがつくられる説明の動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

 

 

ビタミンDは、脳機能を維持し、うつ病予防になります

65歳以上の高齢者で、ビタミンDのレベルが低下すると、
脳の認知機能の障害が増加することがわかりました。

 

うつ病

 

「認知機能」とは記憶や推理、学習、言語など知的な働き全般をさします。
ビタミンDレベルが最適な高齢者は、
低い人と比べて、認知機能障害のリスクが半減しました。
認知機能障害は認知症の発症リスクを高めます。

他に脳神経疾患関連では、ビタミンD欠乏と、
多発性硬化症やパーキンソン病との強い関連も示唆されています。

また、ビタミンDは、「情緒」に関連する脳領域にも影響するようです。
ビタミンD欠乏とうつ病との関連を報告されています。
サプリメントを使用してビタミンDレベルを高めると、
うつ症状が改善することも分かりました。

 

 

スポンサードリンク




ビタミンDには長寿効果がある

血液中のビタミンD濃度が高い人ほど、
すべての原因による総死亡リスクが、
低くなることを複数の研究で分かりました。

ある研究では、65歳以上の人々を約8年間の追跡して、
ビタミンDレベルの最も高い人々は、
最も低い人々と比べて、
総死亡リスクがなんと半減することがわかりました。

 

長寿効果

 

ビタミンDには、免疫システムの働きを助けて呼吸器感染症を予防する、
炎症を抑える、血管や心臓病の機能を改善する、
細胞レベルの老化を防ぐ、
ガンの発症や進行に関連するメカニズムを妨害する等、
多くの抗ガン作用など、たくさんの有益な働きがあります。

 

ビタミンDサプリメント売れ筋人気ランキング

 

 

 

体内時計を整えてくれます

朝起きてまず太陽の光を浴びると、体が目覚めます。
昼夜逆転の生活をしていたり、
海外旅行から帰ってきて時差ボケをしているときなどは、
朝起きたらまずカーテンを開けてベランダに出たり、
庭に出るようにしましょう。
太陽の光は狂ってしまった体内時計を調整してくれます。

%e4%bd%93%e5%86%85%e6%99%82%e8%a8%88

 

 

 

ダイエットの助けになります

太陽の光を浴びることにより、
セロトニンは分泌されやすくなります。
逆に、太陽が沈むと、セロトニンの分泌が少なくなります。

ですので、日中に活動をすることで、
セロトニンが分泌されやすくなります。
昼夜逆転の生活をしている人は要注意です。

太陽光を浴びると分泌されるセロトニンは、
精神を安定させる働きがあります。
また食欲にも深く関係し、
暴飲暴食をしたいという気持ちを抑えてくれます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際には、かなり多くの人がビタミンD不足になっています。
米国の女性を対象とした大きな調査では、
なんと7割がビタミンD欠乏であるという結果が出ています。

適度な日光浴をするか、
食事やサプリメントでビタミンDを適切に摂取することは、
健康のために大きな利益があります。
適度な日光浴は、条件にもよりますが、
週に3日、1日に約15分間、
日差しが強い時間帯に日焼け止めなしの状態で、
肌の3~4割を日光にさらすことで十分なようです。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す