カーテンの洗い方について おすすめの洗い方を紹介します

カーテンをどれくらいの頻度で洗っていますか?

室内の空気が出入りする窓際に吊るカーテンは、
ほこりやハウスダスト、
タバコの煙などによって驚くほど汚れています。

カーテンなどのインテリアファブリックをお手入れすることも、
お部屋の美しさを保つためにとっても大切なことです。

そこで今回は、カーテンの洗い方について
おすすめの洗い方を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

カーテンを洗う前に、水洗い可能かチェックしましょう

まずは、水洗いができるのかチェックしましょう。
下記のマークがついていれば、
水洗いができるので、チェックしてみて下さい。

「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か、
「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

%e6%b4%97%e6%bf%af%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

 

 

カーテンの洗い方

 

使用する道具

 

屏風のようにたたんで、洗濯ネットに入れて洗いましょう!
そうすることで、まんべんなく汚れが落とす事ができ、
シワにもなりにくくなります。
「手洗いコース」や「ドライコース」で、
やさしく洗うのがおススメです。

 

カーテンの洗い方について おすすめの洗い方を紹介します

 

超濃縮タイプの洗たく用洗剤と、
濃縮タイプの衣料用漂白剤(酸素系)の合わせ技で、
汚れも臭いもスッキリ落とせます。

しなやかでハリのあるきれいなドレープを作るには、
柔軟仕上げ剤と洗濯機で使用できる、
乳液タイプの糊剤を混ぜたブレンド仕上げがオススメです。

 

 

スポンサードリンク




脱水は、短めに設定しましょう

洗濯じわを防ぐため、
脱水時間は30秒くらいの「短時間」に設定します。

脱水時間は30秒くらい

 

 

脱水後は、そのままカーテンレールで干します

薄手のカーテンは、カーテンレールに干すと、
カーテン自体の重さで全体のしわが伸びて、
キレイに仕上がるだけでなく、干す場所もとりません。

 

カーテンレールに干す

 

ただし、厚手の重いカーテンは、
カーテンレールに負担がかかるので、
竿に干すことをおすすめします。

 

 

最後に、香りづけミストがお勧めです

カーテンが乾いたら、「香りづけミスト」をスプレーしましょう。
お部屋にふんわりと香りがただようと、お部屋の印象もアップしますし、
急な来客時にもゲストも心地よく感じることでしょう。

香りづけミスト

香りづけミスト

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カーテンは、ほこりやハウスダスト、
タバコの煙などによって驚くほど汚れています。

カーテンは、洗濯機で簡単に洗えますので、
ぜひ試してみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す