シーツや布団カバーの洗い方について おすすめの洗い方を紹介します

シーツ・カバーの洗濯頻度はどのくらいですか?

人は、寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。
コップ1杯の汗を、毎日ベッドに注ぐところをイメージしてください。
こまめにベッドカバーやシーツの洗濯をすることの
大切さが分かると思います。

シーツやベッドカバーの洗濯頻度は、
週に1度が適切です。

そこで今回いは、
シーツや布団カバーの洗い方について
おすすめの洗い方を紹介します。

 

スポンサードリンク




シーツや布団カバーを洗う前に、水洗い可能かチェックしましょう

まずは、水洗いができるのかチェックしましょう。
下記のマークがついていれば、
水洗いができるので、チェックしてみて下さい。

「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か、
「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

%e6%b4%97%e6%bf%af%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

 

 

シーツや布団カバーの洗い方について

洗濯機で洗う方法について

 

「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か、が付いていれば、
洗濯機の「標準コース」で洗えます。

 

使用する道具

 

 

シミや汚れが気になる部分には、
スプレータイプの部分用洗濯洗剤(ポイント洗い)で、
洗濯前にケアしましょう。

 

スプレータイプの部分用洗濯洗剤(ポイント洗い)

 

汚れの部分が1番外側になるように、
洗濯ニネットに入れ、
洗濯機に入れて洗うと効果的です。

 

超濃縮タイプの洗濯用洗剤でスピード洗浄がオススメです。
濃縮タイプの衣料用漂白剤(酵素系)も入れると、
漂白・消臭ができてより清潔です。

 

注意①
たたんで洗濯機に入れるので、
粉の洗剤だと生地と生地の隙間に
入りこんでしまって、
溶け残りやすすぎのこしがあるかもしれません。
素肌に直接触れるものなので、
洗剤が残らないように液体洗剤を使いましょう。

 

 

スポンサードリンク




注意②
柔軟剤は入れてはいけません。
シーツを洗濯するときにも、
寝る時にフワフワして気持ちが良いので柔軟剤を入れがちですが、
これは間違いです。
柔軟剤のフワフワは界面活性剤による効果なので、
シーツが汗を吸い取らなくなってしまいます。
寝ている間には大量の汗をかくので、
汗を吸ってくれないとベタっと感じてしまうこともあるかも。
サラッとした肌触りで眠りにつきたいなら、
柔軟剤は入れない方がいいでしょう。

 

さらに、のり剤を使えば、
パリッとワンランク上の仕上がりになります。
たたいて干すだけで、アイロンがけも必要ありません。

他の衣料といっしょに洗濯したあと、
のりづけしたいものだけ残して、
「洗い」と「脱水」にセットします。

水がたまったら、
衣料に直接かからないようにのり剤を入れましょう。

 

脱水は軽めにしましょう

 

3分ほど洗濯機をまわしたら、
軽めに脱水しましょう。

洗濯じわを防ぐため、
脱水時間は30秒くらいの「短時間」に設定します。

脱水時間は30秒くらい

 

干し方は、M字にほしましょう

洗った後はM字に干すことで、
風通しが良くなり早く乾きます。

脱水後すぐにたたみ、
手でパンパンと軽くたたいて形をととのえてから、
さおを2本使って、M字型にかけて干します。

 

毛布 M字に干す

 

 

まとめ

シーツや布団カバーの汚れは、
見た目では分かりにくいため、
つい洗濯をサボりがちになってしまいます。

しかし、目に見えないとはいえ、
毎日コップ1杯分の汗や皮脂を吸収しているシーツは、
思ったより早く汚れます。
放っておくと、ダニやカビの住処になってしまいます。

週に1度は洗濯して清潔に保ちましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す