窓ガラスやサッシのお手入れ方法について おすすめのお手入れ方法を紹介します

窓ガラスやサッシは、ちゃんと掃除してますか?
掃除をせずに、ほったらかしにしておいた窓ガラスは、
大変汚れていますよ。

サッシにたまった汚れやゴミは、
結露の水分と共に細い隙間に入り込んでしまうと
なかなか掃除しきれないものです。

そこで今回は、
窓ガラスやサッシのお手入れ方法について
おすすめのお手入れ方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

窓ガラスのお手入れ方法について

窓ガラスは、スプレーしてふき取ります

 

使用する道具

窓ガラスの掃除は、
まずは、外側からやりましょう。
外側をきれいに掃除しておけば、
光の加減で中側のガラスについた汚れを見つけやすくなので、
外側からやっとくと効率良く作業を進めることができます。

 

ガラスマジックリンをスプレーして

 

窓ガラスの汚れには、
ガラスマジックリンをスプレーして、雑巾などでふき取りましょう。

ドロやホコリなどの部分的な汚れや、
ひどい汚れがついている場合は、
まず、布をゆるめにしぼり、ざっとふきとります。

そのあと、ガラス用洗剤をスプレーし、
乾いた布でふきましょう。

布でふく代わりに、
スクイジー(窓ガラス用のゴム製T字ワイパー)を使うと、
手早くできます。

 

スクイジー

 

 

すりガラスのお手入れ方法について

すりガラスは、歯ブラシを使います。
すりガラスや模様ガラスの場合には、
表面に凹凸があるので、凹部に入りこんだ汚れが、
ふいただけでは残ってしまって、白くなることがあります。

そんなときは、スプレーしたら、
古い歯ブラシなどでこすり、
あとは水でしぼった布でふけば、
きれいになります。

 

すりガラスは、歯ブラシを使います

 

 

スポンサードリンク




 

サッシの掃除のやり方について

サッシの溝のホコリを取りましょう

 

使用する道具

 

まず、掃除機に、細口ノズルをつけて、
サッシのホコリを吸い取るか、
モップの先でホコリのゴミをとります。

 

掃除機に、細口ノズルをつけて、

 

乾いた状態でないと埃が吸い取りにくいので、
はじめに掃除機をかけておくことが大事です。

水分を含んでしまった砂埃や髪の毛を取り除くのは大変ですよ。

手の届きにくい溝のお掃除は、
柄の伸び縮みするタイプのモップが便利です。

そのあと、割りばしの先に布を巻いて、
家具・住居用洗剤で少し湿らせてからふきとれば、
汚れもきれいにとれます。
窓をふいたついでに、ガラス用洗剤で拭いてもOKです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

窓掃除は、年末の大掃除だけ
って言う方も多いでしょうが、
放っておいた窓ガラスは、大変汚れています。

この際、キレイに掃除しちゃいましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す