エアコン内部のお掃除方法について おすすめのお掃除方法を紹介します

エアコンをキレイにお掃除していますか?
エアコンのフィルターなどが目詰まりしたまま使用していると、
冷暖房の能力が低下し、電気代のムダに繋がってしまいます。

エアコン内部にはホコリ、ゴミ、タバコのヤニ等の汚れがたまっています。
シーズン始めに、エアコン洗浄スプレーを使って、
エアコン内部を掃除しましょう。
エアコン効率がアップし、電気代が節約でき、
エアコン本体も長持ちします。

また、室内の空気が汚れる心配もなく、快適に過ごせます。

そこで今回は、
エアコン内部のお掃除方法について
おすすめのお掃除方法を紹介します

 

スポンサードリンク




エアコン内部のお掃除方法について

 

使用する道具

 

 

まずは、エアコンの電源を抜き、フタを開けます。

 

エアコンの電源を抜き、フタを開けます。

そして、フィルターを外し、フィンを露出させます。

エアコンの下に新聞紙などを敷いておくと、
液ダレによる床の汚れを防ぐことができます。

エアコンのフタの開け方は、
エアコンの種類によって異なりますので、
取扱説明書で確認してください。

 

エアコン洗浄スプレーを全体に噴射します

フィンの向きに沿って、エアコン洗浄スプレーを
全体に満遍なくスプレーします。
エアコン1台に付き、1本を使い切ります。

 

エアコン洗浄スプレー吹き付けます

 

エアコンの中にたまった、
ホコリ、ゴミ、タバコのヤニ等の汚れが、
屋外の水抜き用のドレンホースから、
流れてきます。
あらかじめドレンホースにビニール袋を付けておくと、
室外機の下が汚れません。

 

ドレンホースにビニール袋

 

 

スポンサードリンク




フィルター掃除は、2週間に1度を目安に掃除します

 

使用する道具

 

フィルターをはずして、掃除機でホコリを吸いとるか、
水洗いをおすすめします。

フィルターをはずして
水洗いしたら、よくすすいでから、陰干しします。

ひどい汚れは、洗剤でキレイに
汚れがひどいときは、スポンジに家具・住居用洗剤を
うすめた液をつけて、洗いましょう。

よくすすいでから、
陰干ししてしっかり乾かしてください。

こまめにフィルターのお掃除をすると、
冷暖房効率が上がるので、電気代の節約にもなります。

 

※水洗いできないフィルターもありますので、
取扱説明書を確認してから、お手入れしてください。

 

 

エアコン周りのお手入れも一緒にしておきましょう

吹き出し口やエアコンの外側は、
家具・住居用洗剤を布にスプレーしてふくといいですよ。

手の届きにくいエアコンの上のホコリ取りには、
柄が伸び縮みするモップがおすすめです。

 

エアコン モップ掃除

 

ホコリなどが舞う可能性があるので、
換気をして掃除しましょう。

 

 

室外機の周りもチェックしておきましょう

室外機の吹出口が塞がれると、
放熱の妨げになり、エアコンの効率も悪くなります。
室外機の周囲には物を置かず、風通しのよい状態で使用してください。

室外機

 

室外機は特にひどい汚れはつきません。
年に1回、木の葉やホコリを払い落とし、
ブラシを使って外側を水洗いするだけでOKです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エアコン内部の汚れは、目で見えません。
実際に掃除してみると、ドレンホースから
大量の汚れた水が出てきます。

エアコン内部の汚れは、
なかなか気づきにくいものですので、
シーズンが始まる前には、しっかりと掃除をしましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す