タイルカーペットの張り替え方について 自分で張り替えるおすすめの方法を紹介します

タイルカーペットは、タイルの様に1枚1枚が手ごろな大きさで、
並べて貼るだけです。

そして、簡単に施工ができるのが特徴です。
住宅はもちろん、オフィスにも最適です。
汚れた所だけを簡単に貼り替えできるのでとっても経済的です。

タイルカーペットの張り替え方について
自分で張り替えるおすすめの方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




タイルカーペットの張り替え方について

まずは、下地の素材を確認しましょう

タイルカーペットはベニヤ板やコンクリート、
フローリングなど硬い物には直接貼ることが出来ますが、
カーペットやクッションフロアのような、
柔らかいものの上には貼ることが出来ません。

また、下地の表面が平らでなければ貼ることが出来ませんので、
凸凹などがある場合、補修しておきましょう。

 

タイルカーペットの張り替え方について

 

タイルカーペットの厚みを考え、
敷居の高さやドアの隙間が充分にあるか、
確認しておきましょう。

 

 

まずは、部屋をしっかり掃除しましょう

床のごみや汚れをきれいに取ります。
ごみや汚れが残っていると、接着不良になったりして、
きれいに仕上がらなくなってしまいます。

 

掃除する

 

また、部屋の家具などは全て移動させておきましょう。

 

 

次に、部屋の中心点を決めます

 

使用する道具

 

タイルカーペットをキレイに貼っていく為に、
基準の線を決めます。

隅や入り口付近のタイルカーペットが、
極端に小さくならないようバランスをとり、
基準線を書きます。

部屋の縦横の長さを測ってその真ん中に印をつけ、
その印を線で結び、中心点をだします。
チョークラインがあると、中心の基準線を簡単に引くことが出来ます。

 

部屋の中心点を決めます

 

 

床に、タイルカーペット用の両面テープを貼ります

ポイントは、タイルカーペットの大きさに合わせて貼ることです。
タイルカーペットの端が、両面テープに当たるように貼っていきます。

 

 

クッションフロアの並びに平行に両面テープを貼っていきます

 

そして、タイルカーペットの並びに平行に両面テープを貼っていきます。

 

 

スポンサードリンク




タイルカーペットを貼っていきます

両面テープの剥離紙を剥がし、
タイルカーペットを中心から、
基準線に沿って、丁寧に貼っていきましょう。

隙間ができない様に、つめながら貼っていきます。
そして、壁際などの端の列は残しておきます。

 

つめながら貼っていきます

 

壁際も貼っていきます

壁際はスペースに合わせて、
タイルカーペットをカットしてから貼ります。

既に敷いてあるタイルカーペットの上に、
壁際用にカットするタイルカーペットをぴったり重ねて置きます。

重ねておくその上から、
もう一枚のタイルカーペットを壁面にぴったり付くように重ねておきます。

線を引く下側のタイルカーペットとの境目ラインに線を引きます。
ハサミでカット上側に置いたタイルカーペットを外し、
先ほど引いた線に沿ってカッターまたはハサミでカットします。

 

カッターまたはハサミでカットします

端の隙間に置くカットしたカーペットを、
裁断面を壁側に向けて、
端の隙間に置きます。

 

 

 

タイルカーペット専用のボンドでも貼れます

 

使用する道具

 

 

床に、タイルカーペット専用のボンドを塗ります。
ローラーバケセットを使用すると楽ですよ。

 

ローラーバケセット

 

ボンドはトレイに入れてローラーで塗り伸ばしていきます。
部屋の全部を一度に塗らずに、
部屋を4分割した1ブロックずつ塗っていきます。

 

部屋を4分割した1ブロックずつ塗っていきます

 

タイルカーペット用のボンドは、
なるべく薄く塗ることがポイントです。
また、部屋の端ギリギリに塗らずに少しあけておきましょう。
ボンドが透明になったら、
タイルカーペットが貼り付け可能になります。

隙間ができない様に、つめながら貼っていきます。
そして、壁際などの端の列は残しておきます。

壁際はスペースに合わせて、
タイルカーペットをカットしてから貼ります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タイルカーペットは、、
簡単に施工ができるのが特徴です。

ぜひ、挑戦してみて下さいね。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す