ワンホール型の混合栓の取り付け方について  自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します

ワンホール型の混合栓は、
キッチンなどで使用されている蛇口です。

ワンホール型の混合栓は、
水漏れなど発生した場合は、
普通の混合栓のように簡単にパッキンを変えることができず、
ワンホール型の混合栓の交換になります。

そこで今回は、
ワンホール型の混合栓の取り付け方について
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

ワンホール型の混合栓の取り付け方について

まずは、アングル止水栓を閉めます。

 

使用する道具

 

止水栓を閉めて作業をしないと、水が吹き出て大変です。
キッチンカウンター(台所シンク)の下などにある、
止水栓を右に回して閉めます。

アングル止水栓がない場合は、通常の止水栓を閉めてください。

止水栓を閉めたら、
水が止まっているかどうかチェックしましょう。

ワンホール水栓は、止水栓が付いているケースが多いです。
この場合は水とお湯の止水栓を止めればOKです。
事例の写真の様に止水栓が無い場合は家の元栓を止めます。

※止水栓・・マイナスドライバーやハンドルで
開閉ができる水栓です。
止水栓

 

 

スポンサードリンク




 

取り付け方法について

 

取替え時間の目安15~20分/従来(ボルト式)だと・・・

(1)給水管をはずす/(2)古い本体をはずす/(3)新しい本体をつける/(4)給水管を接続する/(5)給水管を接続する

取替え時間の目安15~20分/従来(ナット式)だと・・・

(1)給水管をはずす/(2)古い本体をはずす/(3)新しい本体をつける/(4)給水管を接続する

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ワンホール型の混合栓本体事態に、
必要な工具が入っていますので、
用意するのは、水栓プライヤーとマイナスドライバーになります。

簡単に取り付けできますので、
チャレンジしてみて下さいね。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す