室内壁の塗り方について 自分で簡単に出来る方法を紹介します

室内の壁の、剥がれたり色がくすんでしまった古くなった壁を
塗りなおして模様替えしませんか?

ペンキなんて
なかなか自分では...。
なんて思っていませんか?

実際にやってみれば、結構簡単に出来るものですよ。
お部屋のイメージもぐんと変わり、気分もリフレッシュできます。

そこで今回は、
室内壁の塗り方について
自分で簡単に出来る方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

室内壁の塗り方について

まずは、塗料を塗る壁を綺麗に掃除します

 

使用する道具

 

ペンキを塗る前に壁の状態をチェックしましょう。
剥がれたり汚れたりしていると、
上からペンキを塗った時にきれいに仕上がりません。

まずは、中性洗剤を使って、手垢や汚れを落とします。
ひび割れや穴は、
パテで埋めたりサンドペーパーを使って平らにします。
剥がれかけている壁紙は、接着剤で補強します。

 

壁紙を拭く

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
壁紙の汚れの落とし方 自分で出来る おすすめの掃除方法を紹介します

 

 

塗料が付いては困る場所を養生します

 

使用する道具

 

養生は、仕上がりを左右する大事な作業です。
気をつけていてもペンキは飛んだりはみ出たりするものです。
きちんとマスキングして、
安心して作業ができるようにしましょう

 

マスカーは床の縁にテープを貼り、
ゆっくりと広げていきます。
テープと壁の間はマスキングテープで埋めましょう。

 

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%a7%e5%ba%8a%e3%82%92%e9%a4%8a%e7%94%9f

 

隙間もきっちり埋めます。

コンセントカバーも忘れずに。
外せそうなら外しましょう。

 

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%92%e5%a4%96%e3%81%99

 

 

では、塗っていきましょう

 

使用する道具

 

ペンキは大きく分けて、
水性ペンキと油性ペン気があります。

室内を塗るのですから、水性ペンキがお勧めです。
水性ペンキは、水で薄めることができ
臭いが少ない特徴がありますので、
室内に向いています。

ちなみに、油性ペンキは
ペイント薄め液を使って薄めて、
水性ペンキよりも多少強度があり、
臭いがきつい特徴があります。

 

ペンキ

 

 

スポンサードリンク




 

ペンキは、天気の良い午前中に塗り始めます

ペンキを塗るのは天気のいい午前中がおすすめです。
雨など湿気の多い日は、塗料が乾きにくいので注意しましょう。

塗るときは上から下、
左から右のように、一方方向に塗るのがポインです。

 

上から下

 

そうでなければ、どんなに丁寧に塗ってもムラができてしまいます。

まずは刷毛を使って隅などの細かいところを、
それからローラーで広い範囲を塗っていきます。
一方方向に塗ることを意識しましょう。

 

ローラーで広い範囲を塗る

 

 

塗り終わったら、完全に乾くまで放置します

塗り終わったら完全に乾くまでしばらく放置しましょう。
缶に書いてある塗り重ね時間を確認しましょう。

夏場は1時間、冬場は2時間くらいで乾きます。
乾燥時間に関しては、
ペンキの缶に記載されている指示に従ってくださいね。

使用した、ハケやローラーは、
また使用しますので、水でしっかりと洗っておきましょう。
乾いてしまったら、カチカチになって
次に使用できなくなります。

 

ハケを洗う

 

 

仕上がりよくするために、二度塗りします

二度塗りとは、
一度塗って乾いてから、もう一度塗る事を言います。

それから二度目の塗りに入ります。二度めも同様に丁寧に塗りましょう。

重ね塗りの目安は二~三度ですが、
気に入らない部分があればもう少し重ねても構いません。
前の層をしっかり乾かすことだけは忘れずに。
塗りムラの原因になります。

 

 

マスカーなどの養生を剥がします

塗り終わったらマスキングテープ、マスカーを剥がしていきます。
大切なのは「生乾きのときに剥がす」ことです。
塗ってすぐに剥がすと、ペンキが飛ぶかもしれませんし、
完全に乾いてからだとテープと一緒に、
塗膜が剥がれてしまうかもしれません。
大体乾いたなと思ったら、
様子を見ながらそっと剥がしましょう。
これで、完成です!!

 

 

まとめ

いかがでしたか?
ペンキを塗り替えるとなると、
職人の世界と思われるかもしれません。
でも、決してそうではないのです。
きちんと道具をそろえて、
適切に作業すれば誰にでもできるのです。
ぜひ、参考にしてください。

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す