抜け毛の7つの原因と6つの対策

薄毛や抜け毛の悩みは男性だけでなく、

女性にも増えています。

薄毛・抜け毛の原因はたくさんあります。

薄毛・抜け毛を予防するためにも、

ご自分の薄毛・抜け毛の原因を知り、

対処することが、予防の第一歩となります。

スポンサードリンク




抜け毛の原因について

髪の毛は、ストレスに非常に弱い性質を持っています。

例えば、抗癌剤を投与された人においては、

直ぐに脱毛してしまいます。

しかし、治療が終了してしばらくすれば、

またもとの状態にもどります。

このように、すぐに回復するのは、髪の毛以外にはありません。

つまり、何を言いたいかと言いますと、

髪の毛は、ストレスに非常に弱いということです。

しかし、再生能力も非常にすぐれているという特徴があるということです。

 

原因①男性ホルモンによる遺伝的な薄毛・抜け毛

遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多いほど、

抜け毛・薄毛も多いということです。

男性ホルモンのテストステロンに影響され、

髪の成長を抑制し、早く抜けてしまうのが原因です。

また、男性ホルモンによる原因で薄毛になりやすい体質というのは

遺伝します。

 

原因②ストレスによる精神的な薄毛・抜け毛

先ほども紹介しましたが、髪の毛はストレスに大変弱いのです。

ストレスによる代謝の異常や、

ストレスによって筋肉が収縮して血管が細くなり、

毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、

髪が育たなくなってしまいます。

 

原因③紫外線による薄毛・抜け毛

髪の毛のキューティクルは、紫外線によってダメージを受けやすく、

髪を長時間、紫外線を浴び続けることも、

薄毛・抜け毛の原因になります。

 

原因④冷え性による薄毛・抜け毛

冷え性になると、血行が悪くなります。

これによる血行障害が薄毛・抜け毛の原因になります。

 

原因⑤喫煙による薄毛・抜け毛

タバコのニコチンは、

血管を収縮させる働きがあり、

脱毛を促進することから薄毛・抜け毛の原因となります。

 

原因⑥過度の飲酒(アルコール)による薄毛・抜け毛

アルコールも適量なら血行を促進し、

毛母細胞を活性化する効果も期待できますが、

過度の飲酒は肝臓に負担をかけ、

髪への栄養素供給の妨げとなり、薄毛・抜け毛の原因になります。

 

原因⑦不規則な生活・睡眠不足による薄毛・抜け毛

昼に受けた髪や皮膚のダメージは、

寝ている間に働く免疫細胞や

ホルモンによって修復されます。

ですので、睡眠不足は髪にも良くありません。

髪の毛は夜間に成長し、昼間は成長しないのです。

不規則な生活・睡眠不足を解消して薄毛・抜け毛を予防しましょう。

 

スポンサードリンク




抜け毛対策について

抜け毛の原因が分かれば、次は対策をしましょう。

対策①男性ホルモンによる遺伝的な薄毛・抜け毛には

過剰な男性ホルモンの働きを抑制できるのは、

エクオールです。

 

エクオールとは、大豆イソフラボンが腸内細菌のチカラでつくられます。

エクオールは、女性ホルモンと似た働きをする成分で、

男性ホルモンの分泌を和らげます。

 

しかし、体内でエクオールをつくれる人は、日本人の約半分です。

エクオールが作れるかどうか、検査キットで自分で簡単に検査ができます。

エクオール検査キット

 

エクオールを体内で作れるのであれば、

大豆食品を食べるか、大豆イソフラボンのサプリメントなどがお勧めです。

大豆イソフラボンのサプリメント

 

もし、体内でエクオールを作れないのであれば、

エクオールサプリメントなどで、摂取することができます。

エクオールサプリメント

 

この方法により、遺伝による薄毛・抜け毛対策ができます。

 

対策②ストレスによる精神的な薄毛・抜け毛には

ストレスを発散させるには、

ウォーキングやヨガなどの運動で、

体を動かすと良いでしょう。

そして、運動の後には、

半身浴やアロマで体をリラックスさせてあげるのもお勧めです。

適度にストレスを発散させて、抜け毛を予防しましょう!

 

対策③紫外線による薄毛・抜け毛には

外に出る時は、帽子をかぶるようにしましょう。

ただし、帽子を長時間着用する場合は、

着用後、シャワーなどでよく汚れを落とし、

頭髪や頭皮の清潔を保ちましょう。

 

対策④冷え性による薄毛・抜け毛には

冷え性の方は、カイロ等で、

お腹を温めるましょう。

手足が冷たいのであれば、

そこだけ暖めればいいと思いがちですが、

それだけでは冷え症は改善されません。

内臓が冷えると、体は内臓を暖めようとするため血液がお腹へ集中します。

体は本能的に、重要な器官が集中しているお腹を守ろうとするのです。

その分だけ血液がお腹に集中するため、

末端部分である手足だけを暖めても末端冷え性は改善されません。

まずは、お腹を温める事からスタートしてみましょう。

 

対策⑤喫煙による薄毛・抜け毛には

タバコはやめて、

飲酒は、ほどほどにしましょう。

 

 

育毛剤薬の人気ランキング

 

 

対策⑥不規則な生活・睡眠不足による薄毛・抜け毛には

生活習慣も見直して、睡眠時間を確保しましょう!

規則正しい生活が、抜け毛予防の第一歩になります。

睡眠時間はしっかりと確保、

最低でも6時間は必要だと言われています。

寝不足は成長ホルモンの分泌を阻害するためです。

また、髪の毛が一番成長するのは、

夜の22時~深夜の2時と言われています。

この時間帯を含めた睡眠を心がけましょう

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す