衣替えの時のお洗濯のコツについて(干し方編) 自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します

衣替えの時の洗濯のトラブルは、
シワ・臭い・毛玉がほとんどを占めています。

しっかりしまっておかないと、
来年は着れなくなっているかも。

そこで今回は、
衣替えの時のお洗濯のコツについて
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します 。

 

スポンサードリンク




 

衣替え時のトラブルについて

春夏衣料でのトラブルについて

 

春夏衣料でのトラブルランキング

  • 第1位  シワ
  • 第2位  ニオイ
  • 第3位  毛玉 

 

第1位のシワは、
やはり、春夏衣料では薄手のものが多いので、
収納ボックスに詰め込みすぎる傾向があるそうです。

ついつい詰め込みすぎてしまいがちですが、
ほどほどが大切ですね。

 

%e8%a1%a3%e9%a1%9e%e3%81%ae%e3%81%97%e3%82%8f

 

 

第2位のニオイでは、
収納スペースのニオイがついた。
よくわからないが、イヤなニオイがする
などの声があります。

汗をかく季節の衣料ですから、
落としきれなかった汗などの汚れによって、
ニオイが残ってしまうのかもしれません。

衣類の臭い

 

 

秋冬衣料でのトラブルについて

 

秋冬衣料でのトラブルランキング

  • 第1位  毛玉  
  • 第2位  ニオイ
  • 第3位  シワ 

 

秋冬衣料では、特に毛玉、ニオイ、シワに悩みが集中します。

その中でも3人に1人が経験しているのが、
第1位の毛玉によるトラブルです。

「昨年の毛玉をとらないまま収納してしまった」
「気がついたら、毛玉だらけだった」
などが多いそうです。

キレイにしたつもりでも、
袖や裾、ワキなどは意外と盲点。
気づかないまま保管してしまうことも多いようです。

衣類の毛玉

 

 

衣替えの時のお洗濯のコツについて

脱水はしすぎないようにしましょう

脱水しすぎはシワや型くずれの原因になります。

脱水時間が長すぎると、シワや型くずれの原因になってしまいます。
まず、絵表示を確認し、
ヨワクのマークがついているかどうか見てみましょう。

ヨワクのマーク
これは、手洗いなら「弱くしぼる」、
洗濯機なら「短時間で脱水する」という意味です。

 

ちょっとアドバイス!
全自動洗濯機で、
1~2枚だけ脱水時間を短時間にしたい場合は、以下の方法で。
洗濯ネットを上手に使えば、
シワになりやすいワイシャツや薄手のシャツも、
ほかの衣類と一緒に洗えます。

 

やり方について

  • 脱水時間を短くしたいものを、あらかじめ洗濯ネットに入れておく。 
  • 脱水は手動で「短時間」に設定しておく。
  • ほかの衣類と一緒に洗濯し、脱水まで行う。
  • 短時間脱水が終わったら、洗濯ネットごと、先に取り出す。
  • 残りの衣類だけで、再度脱水のみセットする。

 

 

スポンサードリンク




 

脱水が終わったら、出来るだけすぐに取り出して干しましょう

シワをのばしてから干すと、
綿シャツなどの仕上がりがアップします。

シワをのばしてから干す

 

 

<陰干しマーク>のものや、毛、絹、ナイロンなどは、陰干しです

絵表示が<陰干しマーク>のものや、
毛、絹、ナイロンなど、日光で繊維が黄変や変質してしまうものは、
必ず陰干しします。

陰干しマーク

また、色の濃いものは日光で色あせしやすいので、
色合いを大切にしたい場合は、陰干しにしたほうがいいでしょう。

 

 

伸びやすい衣料は、平干しがおすすめです

 

使用する道具

 

 

ニットなどの伸びやすい衣類やデリケートな衣類や、
ざっくり編んだローゲージニットやカットソーなどは、
平干しにすると、型くずれを防げます。

 

平干し

専用の平干し台がないときは、
ピンチハンガーの上を利用してもいいでしょう。

 

シーツなどは、M字にほしましょう

洗った後はM字に干すことで、
風通しが良くなり早く乾きます。

さおを2本使って、M字型にかけて干します。

早く乾かしたいときは、ときどき裏返します。
毛布 M字に干す

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

衣類の干し方は、
その材質によって違いますので、
洗濯物の材質によって、
干し方を変えましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
衣替えの時のお洗濯のコツについて(洗い方編)
自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します
衣替えの時のお洗濯のコツについて(収納のやり方編) 自分で簡単に出来るおすすめの方法を紹介します 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す