ガスコンロの火が、ゴーゴーと音を立てて燃える原因について 自分でできる対処法を紹介します

ガスコンロの火が、
突然ゴーゴーと音を立てて燃えて、
ビックリした経験はありませんか。

急に炎が大きくなって、
フライパンからはみ出しそうな炎。
これは、ガスコンロの故障かもしれません。

そこで今回は、
ガスコンロの火が、ゴーゴーと音を立てて燃える原因について
自分でできる対処法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

ガスコンロの火が、ゴーゴーと音を立てて燃える原因について

ガスコンロの火が、ゴーゴーと音を立てて燃える原因は、
空気の量が多すぎることが原因です。

最近のガスコンロにはついていませんが、
古いコンロであれば、空気取り入れ調整レバーがあります。
これを誤って広げすぎてしまった場合、
このような症状になります。

 

空気取り入れ調整レバーがついていない、
新しい型のガスコンロの場合は、
腐食によるバーナーの変形が考えられます。

炎が大きいと火傷や、コンロの側面を焼いてしまうなど火事にも
つながりかねない事態が考えられます!!
今までと違うな、と感じたらそのまま使い続けるのは止めて、
一度ガスコンロの点検・修理をおすすめします!

 

 

ガスコンロの安全点検のやり方

空気口の調整の仕方について

みんなご存知の通り、
ガスは空気と混じることにより燃焼します。
空気の量が多いと、ゴーゴーと音をたて炎が浮き上がります。
赤い炎がメラメラ燃えるのは、逆に空気の量が足りない場合です。

青い炎がそろって出るように、空気口を調整します。

 

空気口の調整

普通はコンロ後ろの何処かに調節用のコック(多くは棒状)が
付いている筈でそれで調節します。
しかし、火のことですから十分に気を付けて先ずは取扱説明
書をご覧になることをお勧めします。


※但し、近年のガスコンロには、調節用のコックはついていません。
その場合は、下のバーナーの目詰まりの掃除方法を参考にして下さい

 

炎が不規則にポッポッと出るのは、
バーナーが目詰まりしている証拠です。
ワイヤーブラシで掃除しましょう。

 

 

バーナーの目詰まりの掃除方法について

 

使用する道具

バーナーを時々ワイヤーブラシで掃除しましょう。
歯ブラシでも代用できます。

バーナーキャップを取りはずし、ワイヤーブラシや
歯ブラシなどで汚れを取ります。

特にバーナーキャップの裏面にある
溝の部分を念入りにお掃除しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
みかんの皮の油汚れ落とし洗剤効果について みかんの皮のオイルで、油汚れが楽々落ちます 

 

 

スポンサードリンク




 

ガス漏れの点検をしましょう

 

使用する道具

ガスホースは長く使っていると、弾力がなくなり、
ヒビ割れたりします。
3~4年で交換すると安全です。

ホースは9.5mmと13mmがありますので、
サイズを確かめましょう。

ガス漏れの点検は、石けん水を筆につけ、ホースに塗ります。
アワが出ればガスが漏れているので、
カラン栓を閉め、新しいホースと交換します。
都市ガス用は青、プロパンガス用はオレンジ、と色分けされています。

 

ガス漏れに気づいたら

まず、窓や扉を開け、元栓を閉めます。
都市ガスは空気より軽いので天井に、
プロパンガスは重いので床にたまります。

都市ガスの場合はウチワで、
プロパンガスの場合はホウキで、
ガスの混じった空気を追い出します。

慌てて換気扇や電気器具のスイッチをつけると、
火花が出て爆発することがあります。
火気は絶対に使ってはいけません。

 

 

まとめ

ガスコンロの火が、ゴーゴーと音を立てて燃える原因は、
ガスに送る空気が多いのが原因です

空気調節つまみがある場合は、
それを調整するか、
ない場合は、修理を依頼するか
もしくは、新しく買い替えましょう

ガスコンロ売れ筋ランキング

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す