面接での、自己紹介の上手な伝え方 効果的な自己紹介の仕方を紹介します

面接で答える自己紹介は、
一番最初に効かれることです。
では、どのような話をどれくらいの時間で
話せばよいものでしょうか。
今回は、面接での自己紹介に絞って
効果的な自己紹介の仕方を紹介します。

スポンサードリンク




就職面接とは

就職面接とは、欲する人と売り込む人が
真っ向からぶつかる真剣勝負です。
面接官に、自信や意欲を感じ取ってもらうことがとても 重要なのです。
せっかく立派な答えであっても、
うつむいていては意欲は伝わりません。
面接官の目を見て、ハキハキと自分を売り込みましょう。

直接目を見て話す事が苦手な人は
面接官の鼻を見て、
ハキハキと自分を売り込みましょう。
直接目を見ていなくても、
鼻を見て話すと、相手は目を見て話しているように感じます。

面接とは、一言でいうと企業が志望者を選別する場です。
面接官は、あなたの能力、適正、性格・人格など
価値を測り、どの人を取るか取らないかを選択する場です。
就活生と面接官の立場は本来対等な訳ですが、
面接はその人の価値を判断する場ですので、
基本的には面接官、企業側主導で進みます。

 

面接官が面接で知りたいのは、以下の5つです

①なぜあなたはこの面接を受けに来たのか?

つまり、志望動機です。
「なぜこの仕事を選んだのか?」
「なぜこの会社を受けたのか?」
ここは重要なポイントで、
相手に伝わるように明確な返答ができなければ、
結局そう言っているのと同じなのです。

その職種や業界に対する興味、
その業界の中で、なぜこの会社を選んだのか。
感じている魅力や好意をはっきり伝えましょう。

 

②あなたがこの会社のどのように役立つ(価値がある)のか?

つまり、今まであなたがやってきた事を
会社に入った際には、どのように活かせると思うかという事です。
新卒の場合は、実際に働いた経験はありませんから、
労働について、どれだけ擬態的に理解できているかという質問です。

事前に企業研究を行い、企業の弱点、改善するとよい点に対して、
自分ならこうしたい、という課題や目標を話します。

ポイント
その時に、
ただの理想を語っただけでは説得力はありません。
自分の過去の経験や成果を具体的に説明し、
その強みを活かして、
この企業ではどのような仕事ができるのか。
という内容を述べましょう。

 

③チームワークを生かし、うまく仕事ができるか?

チームワーク、つまり協調性です。
協調性とは、異なる環境や立場にいる複数の者が、
互いに助け合い、譲り合いながら、
同じ目標に向かって任務を遂行することです。
企業では、協調性が最重要視されてきた傾向があります。
目立った実績はないが、
協調性が高い人間の方が評価される、
というケースがしばしばあるのです。
つまり、「協調性がある」というメリットは、
ビジネスマンとして必要不可欠で、
かつ大きなアピールポイントになる要素なのです。

スポンサードリンク




④特技や特別な能力は何か?

面接官は、これまでの実績や物事にどれだけ集中して取り組めるか?
取り組んでいるのか?と言う点を見ています。
そのためには、だた趣味や特技を書き込むだけではなくて、
『趣味が〇〇なのでこのようなことが出来ます』
『特技の○○でこんな実績がある』という答え方をしましょう。

ポイント
どんな趣味や特技を書けば評価されるのか。
という視点で考えましょう。
完全に面接を受ける企業側の視点です。
つまり、受ける企業により内容は変わります。

 

⑤給与はいくら希望していて、いつから働き始められるのか?

これは、中途者に効かれる質問です。
希望年収を質問することで、
自社で求める人材としてふさわしいかを見極めています。
あなたの希望年収が、
自社の同等レベルの社員の年収とかけ離れて高い場合、
優秀な人材であっても採用は難しいと考えます。
一方、現在の年収や希望年収が自社の社員より極端に低い場合、
あなたのスキルや職務能力に疑問を持つことがあります。
転職ではそれぞれの職種、
ポジションにおいておおよその相場がありますが、
希望年収が相場と極端に異なると、
自身を客観的に評価できていない応募者だと
判断されてしまいますので注意しましょう。

 

 

面接対策にお勧め支援情報サービスランキング

 

 

以上を踏まえて、自己紹介をしましょう

以上を踏まえると、良く分かりますが
「○大学○学部○○です」だけで終わってしまうのは間違いです。
短い時間も、自分を売り込みましょう。

あなたのプロフィールと打ち込んだ活動を話す

自己紹介ですので、「大学・学部・名前」は話します。
自己紹介のほかに、あなたの能力や長所もアピールしましょう。
簡潔に、大学時代に何に力を入れ、
どんな風に活動したのかを話してください。
60秒におさまるくらいに、簡潔にまとめましょう。

ポイント
面接官に自分を印象づけるために、
自分を一言で表現できる、
キャッチコピーを用意しておきましょう。
自分の長所を一言で表現できる言葉を探してください。

 

まとめ

面接官が知りたいことは、

なぜあなたはこの面接を受けに来たのか?
あなたがこの会社のどのように役立つ(価値がある)のか?
チームワークを生かし、うまく仕事ができるのか?
特技や特別な能力は何か?
給与はいくら希望していて、いつから働き始められるのか?

ですので、
面接の質問や自己紹介には、
これらを盛り込んでアピールしましょう。

リクナビやマイナビ等では、
面接の質問に対する模範解答なども紹介されているので、
参考にしてみてください。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す