チューリップの育て方  球根からの育て方から、来年も咲かせる方法を紹介します

春の花の代表であるチューリップ。
原産地は中央アジア、トルコ、北アフリカと
かなり広い範囲にわたっており、
3500種あると言われています。

そこで今回は、
チューリップの育て方
球根からの育て方から、来年も咲かせる方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

チューリップの種類について

チューリップの種類は、3500種あると言われ、
それだけあれば咲き方だって色々です。
以下によく見る形のものを並べてみました。

一重咲き種
一重咲き種

八重咲き種
八重咲き種

原種系
原種系

フリンジ咲き種
フリンジ咲き種

ユリ咲き系
ユリ咲き系

パーロット系
パーロット系

様々なチューリップ

 

 

チューリップの植え方について

チューリップの植える時期について

植え付けは冬の寒さが本格的にくる前、
10月~11月上旬が適しています。

あまり遅いと充分に根が張れず生育に支障が出ます。
浅く植えすぎると、
根が下に伸びていく力で球根が持ち上がり、
地上にでてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

世界中の珍しい種、
世界中の珍しい植物、
育ててみませんか?
日本の農業を元気に楽しくしていきます!【マルシェ青空】

 

 

球根を植え付ける時には、消毒をしましょう

市販の球根は、消毒されていますので
自宅で消毒しなくても良いですが、
自分で掘り起こした球根は、
消毒が必要です。

 

使用する農薬

 

植えつける前に殺菌、殺虫剤で消毒します。
例えば、ベンレート1000倍液などに浸した後、
陰干ししてから植えつけます。

 

球根を植え付ける時には、消毒をしましょう

 

また、ネダニの防除を行う場合は、
植え付け前に球根を、
スミチオンの溶液に1時間くらい浸しておきます。

 

 

では植え付けていきます

庭植えは球根2つ分、
鉢植えは球根のあたまが地面から、
2cmくらいの深さに来るように植えます。

チューリップの植え方

チューリップの植え方

また、植え付けるときに、
球根の茶色い皮は簡単にはがれるようなら剥がしたほうが、
病気などがあった場合すぐ分かります。

プランター植えの場合、
ある程度詰めて(球根と球根の間のすき間がないくらい)
植えた方がいっせいに咲いたときにかなりゴージャスです。

スポンサードリンク




チューリップの育て方について

チューリップの水やりについて

チューリップの水やりは、
多すぎても少なすぎてもいけません。

植え付けてから芽が出るまでは結構時間がかかります。
しかし土の中では、根が張りめぐらされているので、
土を乾かし過ぎないように水やりをおこないましょう。

乾燥に弱いので、
冬でも土が乾いていたら、
たっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

 

チューリップの肥料のやり方について

 

使用する肥料

 

チューリップを育てるのに、
最も適した肥料が、マグアンプとハイポネックスです。

マグアンプは、花をキレイに咲かせる
リン酸がふんだんに使用され、
花を大きくきれいに咲かせます。

 

マグアンプ

元肥として、マグアンプをぱらぱらと撒いて
土とよく混ぜておきます。
球根植物は、
球根の中に花を咲かせるだけの栄養分は貯えていて、
通常花を咲かせるためには、特に肥料を与えなくてもよいのですが、
この元肥は緩効性の肥料で、
来春葉が出て花が咲いた頃からじわじわ効きはじめ、
特に花後の球根の回復のために効果を発揮します。
しかし、これだけでは不足するので、
葉が健全なうちに、ハイポネックスなどの液肥を、
10日に一度与えます。

 

ハイポネックス

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

花が終わったら、花を茎の根元から切ります

チューリップの花が終わったら、
花を茎の根元から切ります。

葉っぱは切らないように注意しましょう。

 

花が終わったら、花を茎の根元から切ります

 

葉っぱは、日光を受けて一生懸命光合成をして、
養分を生産しています。

この養分を球根にため込んで、
来年も綺麗な花を咲かせようとします。

 

 

葉っぱが枯れたら、球根を掘り起こします

夏になると、
葉っぱが枯れてきます。
完全に枯れてしまったら、掘り起こす時期のサインです。
球根には、たっぷりと養分を貯め込んだ証拠です。

球根を掘り起こして土を払い、
風通しのいい日陰で管理してください。
葉っぱが黄色く変色して枯れるまでは、
掘り起こさないで下さい。

10月~11月ごろに、
また植えると、キレイな花を咲かせます。

 

 

チューリップの増やし方について

花が終わり、
葉が枯れた後に掘りあげると小球が数個できています。
それを1つずつ、ばらして植えますが、
大きいものから小さいものまで、
たくさんの球根ができます。

親球と同じくらいの大きさに達しているものなら、
来年にも花が咲く可能性が大きいですが、
小さいものなら花が咲くまで数年かかります。
掘り上げた球根はネットに入れて、
風通しの良い日陰で貯蔵します。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

チューリップは、しっかりと手入れをすれば
来年も綺麗に咲かせることができますよ。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す