秋植え球根の育て方 球根からの育て方のポイントを紹介します

秋植え球根は、
1年の中で、最も球根の種類が多く
春に花を咲かせる、
様々な種類があります。

そこで今回は、
秋植え球根の育て方
球根からの育て方のポイントを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

秋植え球根について

最も種類が多いのが、
この秋植え球根です。
チューリップ、アネモネ、クロッカス、フリージア、
ムスカリ、ラナンキュラス、ユリ、スイセン、ヒヤシンスなどになります。

寒くなってきた秋に植えて、
冬を越します。
そして、春になると綺麗な花を咲かします。

 

チューリップ

 

気温が上昇して暑くなってくると、
葉が枯れて、球根は休眠状態に入ります。

チューリップ
アネモネ

クロッカス
フリージア
ムスカリ

ラナンキュラス
ユリ
スイセン

ヒヤシンス

 

 

世界中の珍しい種、
世界中の珍しい植物、
育ててみませんか?
日本の農業を元気に楽しくしていきます!【マルシェ青空】

 

 

植え付けのポイントについて

植える前に、球根を消毒します

市販の球根は、消毒されていますので
自宅で消毒しなくても良いですが、
自分で掘り起こした球根は、
消毒が必要です。

 

使用する農薬

 

植えつける前に殺菌、殺虫剤で消毒します。
例えば、ベンレート1000倍液などに浸した後、
陰干ししてから植えつけます。

 

球根を植え付ける時には、消毒をしましょう

 

また、ネダニの防除を行う場合は、
植え付け前に球根を、
スミチオンの溶液に1時間くらい浸しておきます。

 

 

スポンサードリンク




 

鉢、プランターへの植えつけについて

 

使用する道具

 

水はけ、通気性のよい土に、
マグアンプを元肥として
球根の植え付け時にまきます。

新しく土を入れる場合は、
球根の土が市販されていますので、
これを使うと植え付けが簡単に出来ます。

植えつけ方法は、球根の下に根が張るスペースを取り、
球根の頭が少し出る程度に浅く植えつけます。
但し、ユリは深植えします。

アマリリスを植え付けます

 

 

花壇への植えつけについて

 

使用する道具

日当りと水はけのよい場所を選びましょう。
土を深く掘り起こし(30~40cm)、
石灰類、有機物(腐葉土など)を混ぜて2~3週間おいた後、
元肥として、マグァンプを混ぜ込んで土づくりをします。

 

マグアンプ

 

植えつけは、球根の高さの1~2倍程度の深さにしましょう。
但し、ユリは3~4倍の深さにします。

また、毎年植えつけている花壇には、
土の力が弱くなりますから、
「古い土・再生します」を混ぜ込んで、
土にパワーを復活させましょう。

さらに花壇に大量の球根を植えつける時、
便利な「球根植え器」 があれば、作業が楽です。

 

球根植え器

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
秋植え球根は、品種が多く
春になると一斉に花を咲かせます。

是非、春のお庭の色どりに
チャレンジしてみましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す