グラジオラスの育て方 球根からの育て方から、来年も咲かせる方法を紹介します

グラジオラスは、
春植え球根の代表格です。

夏になると、花壇を彩り、
横向きに整然と並んで次々に咲き上がる様子は壮大で、
花壇の中でも特に目を引きます。

すらりと伸びた花穂と剣のような形の硬い葉が特徴で、
学名のグラジオラス(Gladiorus)はラテン語で、
「小さな剣」という意味があり、
葉や蕾の形からつけられています。

そこで今回は、
グラジオラスの育て方
球根からの育て方から、来年も咲かせる方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

グラジオラスの種類・品種について

グラジオラスは原種が300以上存在し、
品種改良によって生み出された、
園芸品種は現在5,000を超えるとされています。

花の大きさや色、形のバリエーションが豊富なことが、
グラジオラスの魅力です。

自分好みのグラジオラスを見つけて、
切り花やガーデニングで楽しめば、
すてきな夏が過ごせるかもしれませんよ。

 

トパーズ

大輪咲き品種で、
黄色の花を咲かせるグラジオラスの中で、
最も発色がよいとされています。

 

グラジオラス トパーズ

 

コロラド

白の花に赤いブロッチが入った複色の品種です。
比較的小型なので、プランターで楽しむのがおすすめです。

 

グラジオラス コロラド

 

トラベラ

ラベンダー色の花びらをつけ、
やさしい印象を与えてくれるグラジオラスの原種です。
早く育つという特徴があります。

 

 

世界中の珍しい種、
世界中の珍しい植物、
育ててみませんか?
日本の農業を元気に楽しくしていきます!【マルシェ青空】

 

 

グラジオラスの植え方について

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

グラジオラスは、水はけのよい土を好むので、
庭土や赤玉土に堆肥や腐葉土を混ぜて、
土壌の状態をよくしておきましょう。

中性~弱酸性(pH5.5~6.5)の土を好むので、
庭の土を利用する場合は、
苦土石灰などを混ぜて、酸性度合いを調節しておくと安心です。

 

 

グラジオラスを植えます

 

使用する道具

 

グラジオラスの植えつけ可能な時期は長く、
3月から6月まで可能です。

植えつけの時期を少しずつずらすと、
花の咲く時期も少しずつずれて、
結果として長期間花を楽しむことができます。

3月に植えるよりも、
気温が充分に上がった6月の方が、
多少生育が早く植え付けてから花の咲くまでの期間が短いです。

植え方として、
球根の高さの2倍くらいの土がかぶさるような深さに植えます。
間隔は10cm以上あけます。

 

グラジオラスを植えます

 

丸みと厚みのある球根がよい球根で、
扁平なものはよくありません。
木子は直径1cm以上あれば十分開花します。
大きな球根は2つに切り分けて、
切り口に石灰などをつけて植えるのもよい方法です。

鉢で育てる場合は直径6号鉢(直径18cm)に、
3球くらいが目安です。

庭植えにする場合、
大球の場合は深さ10cmで15cm間隔、
木子は深さ3~5cm、3cm間隔で植え付けます。

球根を選ぶときは、
つい大きいものを選びたくなりますが、
グラジオラスは小ぶりでも丸っこい、
ずんぐりとしたものを選びましょう。
大きくても平べったい(もしくはそれに近い形の)球根は、
質があまり良くありません。

グラジオラスを育てるのに、
最も適した肥料が、マグアンプです。

マグアンプは、花をキレイに咲かせる
リン酸がふんだんに使用され、
花を大きくきれいに咲かせます。

 

マグアンプ

元肥として、マグアンプをぱらぱらと撒いて
土とよく混ぜておきます。

 

 

スポンサードリンク




 

グラジオラスの育て方

グラジオラスの水やりについて

乾燥には強いのですが、
成長期には十分な水分を必要とします。

庭植えでは、バークチップなどでマルチングをするか、
丈の低い草花を株元に植えるのもよい方法です。

 

アマリリスの水やり

 

鉢植えは、本葉が出てから開花まで、
土の表面が乾いたら、
たっぷり水を与えます。
開花後は、やや乾かし気味にしてもかまいません。

 

 

グラジオラスの肥料のやり方について

 

使用する肥料

 

グラジオラスはやせた土地でも元気に育ちます。

逆に肥料を与えすぎてしまうと、
花つきが悪くなってしまいます。

そのため、元肥としてマグアンプを土に混ぜ込んで施した後は、
追肥として花が咲くまでに、
2〜3回化学肥料を株元に少量まけば大丈夫です。
化成肥料は、窒素分が少なく、
リン酸やカリウムの多いものを選ぶといいですよ。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

花が終わったら、花を茎の根元から切ります

花が終わったら、タネがつかないように
花穂の一番下で切りとります。

葉は残しましょう。
そして、葉っぱが黄色くなって枯れ始めたら、
球根に栄養を蓄えられなくなった合図なので、
冬越しの準備をします。

 

10月ごろに球根を掘り上げます

グラジオラスは寒さに弱いので、
10月頃に球根を掘りあげ、翌年まで保管します。

球根は花が咲いてから、
60日で翌年の分の養分を貯めこむことから、
花が咲き終わり、葉が枯れはじめたら、
茎を元の方から切り取り、
球根を傷つけないように掘りあげてください。

 

グラジオラス堀り上げる

 

茎が完全に枯れてから掘りあげると、
分球に必要な木子(きご)がバラバラになって、
採取しづらいので注意してください。

掘りあげた後は、日陰でしっかり乾燥させてください。
乾いたら茎を完全に切り取って、
保存します。

0度以下の場所では球根が枯れてしまうので、
ネットなどに入れて、
暖かく、風通しのいい場所に吊るして保管するといいですよ。
保管した球根は、翌年の3~6月にまた植え付けていきます。

 

 

グラジオラスの増やし方について

グラジオラスは、
新球のまわりにできる木子をとって増やすことができます。
球根を掘りあげた際に木子を採取し、
3~4月に植え付けていきます。

大きい木子の方が育ちやすいので、
たくさんついている場合は、
必要な分だけ選ぶようにするといいですよ。

 

 

まとめ

グラジオラスは、
他の球根と比べ、肥料をあまり必要としません。

逆に肥料をやり過ぎると、
花付が悪くなってしまいます。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す