ガジュマルの育て方 枯らさずに元気に育てるコツを紹介します

ガジュマルは沖縄から屋久島にかけて自生している樹木です。
観葉植物として有名ですね。
沖縄の方には「キジムナー」という名前で親しまれています。

観葉植物として流通しているものは
独特な形をしており、
日常の手入れが簡単で育てやすいことから、
初心者の方でも安心して楽しめますよ。

そこで今回は、
ガジュマルの育て方について
枯らさずに元気に育てるコツを紹介します。

 

スポンサードリンク




 

ガジュマルの花言葉について

健康

ガジュマルは、茎や枝から根が飛び出す気根が特徴です。
この気根は、アスファルトやコンクリートを
突き破るほどのパワーがあります。

その気根から生命力を感じることから、
健康という花言葉がつけられたとされています。

 

ガジュマル

 

 

世界中の珍しい種、
世界中の珍しい植物、
育ててみませんか?
日本の農業を元気に楽しくしていきます!【マルシェ青空】

 

 

ガジュマルの育て方について

ガジュマルの置き場所について

 

使用する道具

 

ガジュマルは、大変日光を好む植物です。
春~秋は戸外やベランダの
よく日の当たる場所に置いて、
がっしりした丈夫な株にしましょう。

日当たりが悪いと、
枝が間延びして葉色やツヤが悪くなります。

特に黄金ガジュマルはたっぷり日に当てて育てると、
光沢のある黄緑色の美しい葉色になります。

ただし、斑入りの品種はやや強光線に弱いので、
真夏は直射日光を避けて明るい日陰で育てた方が無難でしょう。

 

また、ガジュマルは冬の寒さに弱く、
耐寒温度は5℃~6℃です。

屋外で育てているものも、
晩秋には室内の日がよく当たる場所に置きましょう。

 

レースカーテンからの光

 

5℃以下の低温にさらすと落葉してしまいます。

冬場は、たとえ室内でも5℃以下の温度になってしまいますので、
部屋の中に簡易温室を設置するのも良いですよ。

 

温室

 

 

 

水やりについて

ガジュマルは、湿度が少し高いくらいを好む植物です。

ただ、いつも土が湿っていると根が腐って枯れてしまうので、
「土が乾いてきたらたっぷりと水やりする」を
基本に水やりをしてください。

 

アマリリスの水やり

 

春から秋は水切れに注意して、
乾燥が遅くなる秋以降は生育が鈍るので、
土が乾いたのを確認してから、
数日後に水やりをするのがポイントです。

 

 

ガジュマルの肥料のやり方について

 

使用する肥料

 

ガジュマルの肥料は、
5~10月までの間は2ヶ月に1回くらい、
固形油粕の置き肥を与えます。

 

固形油粕

 

10月~4月の間は、
根を傷めてしまうので肥料を与える必要はありません。

 

 

 

スポンサードリンク




 

ガジュマルに適した用土について

 

使用する道具

 

ガジュマルには、
水はけと水もちのよい土が適しています。

赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使います。
市販の観葉植物用の土を使ってもよいでしょう

 

観葉植物の土

 

 

ガジュマルの植え替えについて

 

使用する道具

 

植え替えの適期は5~7月です。

大きく生長したら一回り大きな鉢に植え替えます。
成長の具合にもよりますが、
だいたい2~3年に1回が植え替えの目安です。

植え替えを長期間怠って、
根詰まりを起こすと、
下の方から葉が黄色くなって枯れてきます。

鉢から抜いた株は周りの土を1/3程落として、
一回り大きな鉢に新しい用土で植え付けます。

 

ミリオンバンブー 植え替え

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

ガジュマルの剪定方法について

ガジュマルは葉っぱや根っこが大きく長く生長することから、
放っておくと樹形が乱れがちです。

樹形が乱れたら、
4〜7月の間で思い切って剪定をしましょう。

生命力が高いので、株元で枝を切りそろえても、
また大きく育ってくれますよ。

剪定のコツは、
イメージしているよりも一回り小さく切り揃えることです。

早い段階で剪定をするほど夏に生長するので、
初めて剪定される方はまず全体を短く切りそろえてみてください。

 

 

ガジュマルの増やし方について

 

使用する道具

 

 

ガジュマルは、挿し木と種まきで数を増やします。
種まきからでは苗が育つまで時間がかるため、
挿し木で増やすのが一般的です。

5~7月頃が挿し木に適した時期です。
育苗ポットなどに赤玉土(小粒)単用か、
バーミキュライトを少量混ぜた土を準備し、育てていきましょう。

 

ガジュマルを増やす手順

  • 1.枝を8~10cmくらいの長さ切り取る
  • 2.根本近くの葉を取り除き、上の方にいくつか葉っぱを残す
  • 3.残した葉の中で大きなものは、水分が蒸発しすぎないように半分にカットする
  • 4.枝、茎、葉っぱの切り口から出る白い樹液は、水できれいに洗う
  • 5.指や割り箸で土に穴を空けた後、枝を挿す
  • 6.水をたっぷり与える
  • 7.しばらくは土が乾かないように半日陰で管理する

 

まとめ

ガジュマルは、
沖縄に自生する観葉植物です。

日本に自生する木ですので、
他の観葉植物と比べ、冬の寒さには強いのですが
5℃を下回ると枯れてしまいますので、
冬場は、室内で温室を使用して育てましょう。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す