暖房器具の選び方 エアコン、ファンヒーター、ストーブ、コタツどれがお得?

冬の暖房にエアコンとヒーター、

ストーブのどれを使えばよいのか、

判断に困りますよね。

暖房器具それぞれの特徴を比較することで、

どんな状況でなにを使えばいいのか、

ご説明します。

また一時間あたりの電気代も試算しました。

スポンサードリンク

エアコンについて

エアコン

エアコン

 

エアコンは、リビングなどの広い空間全体を暖めたい場合に、

有効です。

冷房の場合は、つけっぱなしにしていた方が、

かえって電気代が安くなることがありますが、

暖房の場合は、つけっぱなしにしていると

それだけ電気代がかかります。

最小限の使用に留めるのがいいでしょう。

エアコンの暖房を1時間使用した場合の電気代は、約21円です。

 

一概にエアコンと言っても、

10年前のエアコンもあれば、

今年買ったエアコンもありますよね。

最近のエアコンは、省エネになっています。

例えば、10年前のエアコンと比べると、

なんと40パーセントも消費電力が低くなっています。

 

 

冬の暖房の設定温度は、20℃に設定しましょう。

例えば、外気温度6℃の時、エアコン(2.2KW)の冷房設定温度を

21度から20℃に設定変更した場合、

年間で電気 53.08 kWh の省エネとなります。

金額に計算すると約1,430 円節約になります。

※ 運転期間:暖房期間5.5 か月(10 月28 日~ 4 月14 日)で計算しています

 

フィルターを月に1 回か2 回清掃しましょう

フィルターを月に1 回か2 回清掃することにより、

年間で電気 31.95 kWh の省エネとなります。

金額に計算すると、約860円の節約になります。

※ 運転期間:暖房期間5.5 か月(10 月28 日~ 4 月14 日)で計算しています

 

石油ファンヒーターについて

石油ファンヒーター

石油ファンヒーター

 

ファンヒーターは、

狭い部屋でも、室内全体を暖めたい場合に向いています。

光熱費は、灯油代と電気代の合計です。

すぐに暖かくなって、

部屋全体の温度を上げてくれる優秀な暖房器具ですが、

その分光熱費は高くなります。

ファンヒーターを1時間使用した場合の光熱費は、約29円です。

 

石油ファンヒーターは、設置場所が重要です。

ヒーターは、窓際に置く方が効率よく室内を暖められます。

ヒーターは窓を背に向けて設置

ファンヒーターだけでは、部屋が乾燥してしまいます。

体感温度と湿度は関係しますので、

ファンヒーターだけで部屋を暖めるのではなくて、

ちゃんと加湿をしましょう。

 

温度が低いと寒く感じ、

高いと温かく感じられます。

また、ファンヒーターの性能をフルに活用するには、

フィルターのお手入れは欠かせません。

掃除機でほこりを吸い取ったり、

ぬるま湯で洗ってからしっかり乾かしましょう。

 

冬の暖房の設定温度は、20℃に設定しましょう。

例えば、外気温度6℃の時、ファンヒーターの冷房設定温度を

21度から20℃に設定変更した場合、

年間で灯油 10.22 ℓの省エネとなります。

金額に計算すると約1,020 円節約になります。

※ 運転期間:暖房期間5.5 か月(10 月28 日~ 4 月14 日)で計算しています

 

スポンサードリンク

石油ストーブについて

石油ストーブ

石油ストーブ

 

石油ストーブは風がないため、

近づいて暖を取るには適していますが、

部屋全体を温めるには時間がかかるようです。

また、ストーブは、

石油ファンヒーターのように室温の設定が出来ないため、

火力の調節を自身で行わなければなりません。

灯油を使って効率よく部屋全体を温めるなら、

石油ファンヒーターが便利です。

石油ファンヒーターと、石油ストーブのどちらが節約なのかは、

ケースバイケースだと思います。

 

電気ストーブやカーボンヒーターについて

カーボンヒーター

カーボンヒーター

 

電気ストーブやカーボンヒーターは、

本体から発する熱エネルギーで、

主に前面の物体を温めます。

反面、空気そのものを温める力は弱いです。

即暖性があり、スイッチをいれてすぐに効果を感じられるので、

暖めたいスポットがほぼ決まっている場合や、

エアコンで部屋が暖まるまでの間などの、

短時間のみ使用する場合に向いています。

電気ストーブや、カーボンヒータを1時間使用した場合の電気代、約26円です。

 

一番電気代がお得なのは?

それでは、実際に各暖房器具を1時間利用した場合の、

電気代を調べてみました。

  • エアコンの暖房を1時間使用した場合の電気代は、約21円です。
  • 電気ストーブや、カーボンヒータを1時間使用した場合の電気代、約26円です。
  • ファンヒーターを1時間使用した場合の光熱費は、約29円です。

となります。

 

ここから分かるように、エアコンが一番省エネとなります。

1時間あたりの光熱費が高い順に並べてみますと、

  1. 石油ストーブ
  2. 電気ストーブ・ハロゲンヒーター
  3. セラミックファンヒーター
  4. オイルヒーター
  5. ガスファンヒーター
  6. エアコン
  7. ホットカーペット
  8. こたつ
  9. 電気毛布

という順番になります。

 

まとめ

部屋全体を温めるのであれば、

エアコンが一番省エネになります。

ただし、10年前のエアコンでは、話になりません。

部屋の中の一部だけ温めるのであれば、

コタツや、電気毛布が省エネになります。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す