スモモの育て方について 美味しく、元気に育てるコツを紹介します

スモモは、真夏に収穫ができる果物です。

スモモと一概に言っても、
果物として育てているスモモは、
大きく分けて、ニホンスモモと
ヨーロッパスモモです。

そこで今回は、
スモモの育て方について
美味しく、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

スモモの品種について

ヨーロッパスモモ

シュガープルーン

収穫時期は、9月上旬~中旬です。
果実は、40gくらいで、糖度が14度と高く
酸味が少ない特徴があります。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
1本でも実が付きます

シュガープルーン

 

 

スタンレイ

収穫時期は、8月下旬~9月上旬です。
果実は、40~50gくらいになり、
糖度は15~18度と高く酸味が少ない品種です。
植え付けから収穫まで、4~6年になります。
1本でも実が付きます

 

スタンレイ

 

 

 

サンプルーン

収穫時期は、9月中旬です。
果実は、30gくらいになり、
糖度が18~20度と高くて非常においしく、
豊産で作り易いです。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
1本でも実がなります。

 

サンプルーン

 

 

バーバンク

収穫時期は、9月中旬です。
果実は、80~100gくらいで、糖度は14度です。
プルーンの中では果実が大きい特徴があります。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
受粉樹はある方が実付きが良いです。

 

バーバンク

 

 

ニホンスモモ

ソルダム

収穫時期は、 7月頃です。
果実は、80~100gくらいになります。
糖度は、11~14度前後です。
貯蔵性が高い特徴があります。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
受粉木として、他品種が必要です。

 

ソルダム

 

 

 

大石早生

収穫時期は、6月頃になります。
果実は、70gくらいで、
糖度は9~11度前後になります。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
受粉木として、他品種が必要です。

 

大石早生

 

 

メスレー

収穫時期は、6月頃になります。
果実は、40~50gくらいになります。
糖度は、12~15度前後で、
豊産生で自家結実性があり、作り易い特徴があります。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
1本でも実が付きます。

 

メスレー

 

 

 

サンタローザ

収穫時期は、7月頃です。
果実は、100gくらいになります。

糖度は、15度くらいで果肉は良くしまり、
香りが良い特徴があります。

 

植え付けから収穫まで、4~6年になります。
1本でも実が付きます。

 

サンタローザ

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

 

スモモの育て方について

スモモは受粉木が必要な場合が有りますので、
ご注意ください。

受粉木にはサンタローザ、メスレー、ソルダムがよく、
同じサクラ属の梅、アンズも可です。

 

 

しかし、ビューティーとメスレーや
ソルダムとメスレーの組み合せは、
結実しにくくなるので注意しましょう。

 

 

土づくりについて

使用する道具

 

 

スモモは、水はけ、水もちのよいことが大切で、
この条件さえ満たせば、土はあまり選びません。

一般的な市販の用土を用いる場合は、
赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。

 

pHは6.0~6.5が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

スモモ苗を植え付けます

使用する道具

 

スモモは、11~3月が植え付けの適期です。
鉢植えでも、地植えでも育てることができます。
スモモは、風通しがよく、
水はけが良く、日光が当たる場所選びます。

 

鉢植えの場合は、
10号以上の大きな鉢に、
先ほど紹介した土をを準備し、
浅く植え付けていきます。
植えたらたっぷりと水を与え、
株のすぐ横に支柱を立てて支えます。

 

地上の場合は、
植え穴は直径60cm、深さ50cm程度とし、
掘り上げた土、赤玉土、腐葉土を5:3:2くらいの割合で混合し、
植え付けます。

そして、しっかりとした支柱を立てましょう。

最後はたっぷりと水を与えます。
3~4年生の大苗はすでに花芽をもっていることがあり、
早い時期に開花が始まるので、
年内に植えつけを終了したほうがよいでしょう。

 

やはり、鉢植えよりも地植えの方が育てやすいので、
地植えがお勧めです。

 

 

 

 

スモモの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

庭植えは2月と10月に、
鉢植えは2月、5月、10月に
有機質肥料か速効性化成肥料を与えます。

 

有機質肥料を与えると、味が良くなるので
化成肥料よりも、有機質肥料を与えましょう。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

スモモの水やりについて

水やりの基本は、
表面が乾いたら、たっぷりです。

鉢植えの場合は、土が乾いて白くなると、
鉢の下から水があふれるくらい、たっぷりと水を与えます。
水が少ないと、味が落ちてしまいますので、
十分注意しましょう。

 

地植えの場合は、特に水やりの心配はいりません。
真夏の日照りがひどい場合のみ、
与えるくらいで良いですよ。

 

 

 

スモモの剪定の仕方について

スモモは、長さ5~10cmほどの短果枝に、
よく結果する特徴があります。

ですので、12月から2月下旬頃に、
長い発育枝(葉芽だけをつけた1年生枝)は間引いたり、
20~30cmに切り詰めていきます。

 

 

木は大きくなっればなるほど収穫量が多くなるのですが、
中にはあまり大きく育てたくない人もいますよね。

その場合は、切り詰めることにより、
コンパクトに管理することもできます。

 

 

 

スモモの摘果のやり方について

すももには、摘果が必要です。

摘果とは、必要以上に実った実を、
生育の良い実を残して、取ってしまうという作業です。

一つ一つの実に、栄養を十分行き渡らせるために、
摘果作業をしましょう。

適期は4月下旬から5月上旬です。

長い枝で3~4果、短い枝で1果ほど残るよう、
摘果していきましょう。

 

 

 

スモモは挿し木で増やします

スモモは挿し木によって増やすことができます。

挿し木の適期は2月から3月頃で、
昨年伸びた枝を13センチほど使います。

そして、鹿沼土に挿して、ポットや鉢で管理しましょう。

ある程度気温があった方が良いので、
鉢のままビニール袋に入れ
口を閉じて暖かく明るい日陰に
新芽が伸びてくるまで置いておきます。

そして6月頃、一本ずつ鉢に植えていきます。
成長に合わせて、鉢の大きさを変えて管理していきましょう。

大体、3~4年くらいで花が咲きますよ。

 

 

 

果実が完熟したら収穫します

日本スモモは7月中旬~8月、
ヨーロッパスモモは9月が収穫時期になります。

収穫が早すぎると酸味が強いので、
完熟してから収穫します。

完熟の目安は、触ると柔らかくなっているかです。

樹上で熟したスモモは、
モモのように甘みが強く、美味しいですよ。

 

 

スモモの病害虫対策について

スモモの害虫対策について

 

使用する道具

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
アブラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

ハダニ

殺虫剤「ダニ太郎」を散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ハダニの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します 

 

 

 

カメムシ

殺虫剤「ベニカ水溶剤」を散布して防除します。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カメムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

スモモの病気対策について

 

使用する道具

 

黒斑病

殺菌剤「サンケイオーソサイド水和剤80」を散布します。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
黒斑病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

すす斑病

殺菌剤「サンケイオーソサイド水和剤80」を散布します。

 

 

 

まとめ

スモモは、育てやすく
家庭菜園に人気です。

自宅で育てた完熟したスモモは、
格別です。

是非、味わってみて下さい。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す