生姜の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

生姜は、殺菌作用と薬効など多くの効果がある
歴史の古い作物です。

生育温度は15~30℃です。
最も良く育つ温度は、25~28℃になります。

暖かい地方が原産地なので、
寒さには弱いが暑さには強い特徴があります。

そこで今回は、
生姜の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

生姜の品種について

大生姜

根の部分が大きくなる品種で、
一株で1kg以上になります。

日本で一般的に流通している生姜はこの大生姜で、
国内生産量の90%以上を占めています。

大生姜

 

 

中生姜

一株の大きさが500g前後の種類で、
主に漬物や加工品に利用されます。

中生姜

 

 

 

小生姜

一株の大きさが300g前後の種類で、
「はじかみ」などに利用されます。

小生姜 

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

生姜の育て方について

生姜は古くから世界中の暖かい地域で、
香辛料や薬用として栽培されてきました。

原産地はマレー、インドを中心とする熱帯アジアといわれています。

日本でも、奈良時代には栽培されていたとされる歴史のある植物です。

栽培が盛んになるのは江戸時代からで、
それ以降生姜は、魚肉料理の臭み消しや、
薬味、ジンジャーエールなどの飲み物にも用いられ、
私たちの暮らしに欠かせないものとなっています。

生姜(しょうが)は熱帯地方原産で、暑さと多湿を好みます。
18℃前後から発芽し始め、生育適温は25~30℃です。

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

市販の野菜用培養土で十分育ちます。
または、赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1をご用意ください。

畑で栽培される方は、
種まき2週間前に石灰を1㎡あたり、
100gまいてよく耕してください。

種まき1週間前に堆肥2㎏/㎡、
肥料は、化成肥料100g/㎡をまいて、
よく耕し畝を作りましょう。

 

 

 

生姜を植え付けます

生姜は生育適温が25~30℃の為、
最低地温が15度以上になってから
植え付けを行ってください。

目安は4~5月頃です。
植え付け時に芽が2、3芽つくように、
タネイモを分割します。
一片の大きさは約40~50グラムが目安です。
植え付けは必ず芽を上向きにし、
株間は20~30cm空けて並べます。

覆土した後は、
土が少し盛り上がる状態にします。

 

生えてきたばかりの生姜の芽は、
以下のような形をしています。

 

 

 

生姜の肥料の与え方について

 

使用する道具

 

 

植え付け10日後から2週間おきに3回追肥し、
軽く土寄せします。

 

また、水やりは土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

生姜は乾燥に弱い為、
梅雨明け後に株元にワラなどを
敷き乾燥を防いでください。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元
気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

スポンサードリンク




 

好みに応じて収穫します

生姜は、
収穫時期によって呼び名が変わります。

 

筆ショウガ

筆ショウガとは、新芽の葉が、
3~4枚開き、根が肥大していない状態で収穫します。

焼魚の添え物として艶やかな色合いや香りを楽しみ、
毒消しとしても効果があります。

 

 

葉ショウガ

葉ショウガとは、
7月下旬頃の葉が5~6枚の頃で
根が少し太った状態で収穫します。

根茎が小指程度の大きさにまで成長した段階で、
葉が付いたまま収穫します。

茎をつけたまま味噌につけて食べたり、
甘酢に漬けたりして食べます。

葉生姜の一品種として、
有名な谷中生姜があります。

 

 

根ショウガ(新ショウガ)

充分根が肥大した状態のものをさします。
みずみずしい根ショウガは、
茎の付け根が鮮やかな紅色をしています。

10月~11月に葉が黄色くなったら収穫時期です。

 

 

 

生姜の病害虫対策について

生姜の害虫対策について

 

使用する道具

 

ネキリムシ

中に潜み、根を食害する。ダイアジノンが効果的です

 

 

 

生姜の病気対策について

 

使用する農薬

 

いもち病

ベンレート水和剤を使用します。

 

 

 

白星病

ダコニール1000を使用します。

 

 

 

紋枯病

ダコニール1000を使用します。

 

 

まとめ

収穫の仕方を変えることで、
初夏から秋ま で長い間、利用できます。

新芽が伸びてきたら、
種ショウガを掘り上げないように、
地面を指先で押さえるようにして新芽だけをかき採り、
筆ショウガとして利用します。

新しい根が少し肥大した頃に抜き取る葉ショウガ。
芽を全部そのまま伸ばしたものは、
秋に入る頃に大きな株になるので、
堀り上げて新ショウガとし て利用します。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す