大人と子供 どっちが暑さに強い? この疑問について詳しく紹介します。

子供は大人に比べて、
寒くても暑くても割りと平気で外で遊んでいたりしますが、
大人は、寒さ暑さが体にこたえるような気がします。

本当に子どもは、暑さに強いのでしょうか?
そこで今回は、
大人と子供 どっちが暑さに強い?
この疑問について詳しく紹介します。

 

スポンサードリンク




子供は大人よりも暑さに弱いです

子供は発汗機能が未発達の為、暑さに弱いです

外で元気に遊んでいるイメージがありますが、
実は子どもは体温調節機能が未発達なのです。

特に汗をかく機能が未熟で、体内に熱がこもりやすく、
体内の温度が急激に上がりやすい体なのです。

 

子供は、地面からの熱をモロに受けます

大人が暑いと思ったら、子供はもっと暑いと感じています。
身長が低い子どもは、地面からの熱を多く受けます。
例えば、大人目線の気温が32度だった場合、
子ども目線気温は35度にもなるのです。

 

 

熱中症の症状についての動画です。
参考にしてみて下さい。

↓       ↓         ↓

暑さに強い子供に育てるには

2~3歳までの時期に、汗腺を鍛えましょう

体温調節で重要なのは、汗を出す汗腺です。
その数は人種差があり、200万~500万個で、
暑いエリアに住む人ほど多い特徴があります。
つまり、日本に住む日本人より、
ハワイの日系人の方が汗腺が多いということです。

日本人の汗腺の数は大体230万で、
2~3歳までの環境でその働きが変わってきます。

つまり、赤ちゃんの頃によく汗をかいておけば、
汗腺が鍛えられ、暑さの適応力を身につけるのです。

 

 

エアコンの温度は、28℃がお勧めです

汗腺を鍛えなければいけないと言って、
子供は、大人と比べても暑さに弱いため
エアコンなしでは、逆に熱中症になってしまいます。

そこで、エアコンの温度は28℃がお勧めです。
この時は、冷風が直接子供に当たらないようにします。
エアコンと扇風機の併用が良いでしょう。

こうすることにより、
熱中症の危険性が減り、汗腺も鍛えられます。

 

 

暑さに強くなるおすすめの方法について

暑さに弱い人に共通することは、
普段から汗をかいていない人になります。

つまり、その逆で暑さに強い人とは
普段から汗をかいている人なんです!

普段から汗をかいてないと、
体温調節が下手くそになりますが、
かいていると性能が良くなるのです。

 

水分はこまめにとりましょう。一気はダメです。

人間の水分含有量は、体重の50~60%です。
そのうち5%が脱水すると、めまいや立ちくらみなど軽い熱中症になります。

そして、2%の脱水だと、のどの渇きを感じるのですが、
それ以上だと、のどのセンサーが鈍り、渇きを感じにくくなるため、
普段からこまめに水分を取る人より、
まとめて水を飲もうとする人の方が、
脱水症状が引き起こされる恐れがあり、暑さに負けやすいのです。

 

 

 

暑さ対策、冷却グッズ人気売れ筋ランキング

 

 

スポンサードリンク




5~6月の涼しい時期から、汗をかけるようにしておく

ちょっと暑い状況で、少し汗をかくくらいの運動を1日15~30分間、
週3~4回、1ヵ月程度続けみましょう。

さらに運動後の30分以内に、
たんぱく質と糖質を多く含んだ食品を摂取すると、
カラダの血液量が増えて、暑さに強い体になります。

普段あまり運動していない人は、
大股で早めに歩くことを3分間、その後3分ほどゆっくり歩いて、
それを繰り返してみて下さい。
コレを一日5回以上できれば、立派な15分の運動になります。

運動後のたんぱく質は10~20g、
糖質は15~30gくらい摂ると効果が高まります。
牛乳やヨーグルトなどの乳製品で換算すると最低300gくらいになり、
一回に摂るのがちょっと多いという人は、
数回に分けたり、バリエーションとして豆などのタンパク質や、
おにぎりなどの糖類と組み合わせても良いと思います。

 

良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取する

夏バテ対策に特に重要なビタミンは、
糖質の代謝を助けるビタミンB群です。
疲労回復効果や、肌の健康を保つ働きがあり、
豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。

夏バテ防止食品として有名なうなぎは、
たんぱく質も多い上にビタミンの宝庫ですが、
特にビタミンAが多いことでも知られています。
ビタミンAは、粘膜を強くするので
疲れがちな胃を守る役割も期待できます。
また野菜や果物に多いビタミンCは、体の老化を予防したり、
紫外線の肌ダメージを防ぐ効果があります。
ただ、ビタミンCはタバコやストレスで消費されるので、
心当たりのある人は多めに摂りましょう。
血流を改善し、ホルモンの分泌を助ける作用のあるビタミンEは、
夏でも冷える女性におススメです。

ただし、ビタミンにも過剰症があるので、
できるだけ食事から摂るように、
サプリメントなどで摂る場合は、
一日の限度量を超えないようにご注意下さい。

もちろん暑くなってきたら、熱中症予防のためには水分が必要ですが、
基本は寝る前、起床時、入浴前後にコップ一杯(200ml)くらい、
あとは、コマメにのどが渇く前に少しずつ摂るようにしましょう。

とにかく、人間には「恒常性」という体を一定に保つしくみがあるので、
急激な変化は、本人が気づいていなくても
カラダには大きな負担がかかっています。
健康法は何でも、「徐々に」「コマメに」だと覚えておきましょう。

 

ビタミンサプリメントの売れ筋人気ランキング

 

 

まとめ

いかがでしょうか?
意外と思われた方もいるかと思いますが、
子供の方が大人と比べて暑さに弱いのです。

ただ、暑さに強い子に育てるには、
2~3歳までの汗腺の発達が重要です。

熱中症に注意しながら、汗腺の発達を促せてあげましょう

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す