風邪の症状について 症状別の治し方を紹介します

風邪は、細菌やウイルスの種類、

また、感染した場所によって、症状が異なります。

一般的にはまず、空気中に浮遊しているウイルスが、

呼吸をすることによって鼻やのどに入り、

鼻やのどの粘膜で増殖して炎症を起こします。

炎症が鼻の粘膜で起きると、鼻みずや鼻づまりの症状がみられます。

また、炎症がのどから気管支まで達すると声がかすれたり、

咳や痰などの症状が出ます。

スポンサードリンク




風邪を引き起こすウイルスについて

風邪を引き起こすウイルスは200種類以上あります。

同じウイルスでもいくつもの型があり、

さらに年々変化していくため、

次々に新しいウイルスに感染して繰り返し風邪をひくのです。

主なウイルスは、RSウイルス、ライノウィルス、

アデノウィルス、コロナウイルスです。

 

風邪の症状について

鼻水と鼻づまり

鼻水は、体の防御反応です。

ウイルスや細菌を追い出すために出ます。

鼻づまりは、これ以上病原体が入ってこないにように、

ブロックする働きです。

 

咳やくしゃみ

身体が、ウイルスや細菌を外に追い出そうと

して咳が出ます。

 

発熱

風邪を引いた時に、熱が出るのは2つの理由があります。

1つ目は、これ以上ウイルスや細菌が増えないようにするためです。

体に侵入したウイルスや細菌は増殖することで悪さをしますが、

体温が上がるにつれ増えにくくなり、

39~40℃になると、

ほとんど増えることができません。

この為、熱が出ます。

2つ目は、熱が出ると免疫細胞たちの働きが活発になるためです。

この免疫細胞こそが、侵入してきたウイルスや細菌をやっつけてくれるのです。

 

スポンサードリンク




風邪の症状別の治し方

鼻水と鼻づまり

鼻がつまると、呼吸がしにくく、

よく眠れませんよね。

鼻水や花づまりは、体の防御反応ですので、

鼻水は、鼻をかんで外に出しましょう。

加湿をすると鼻づまりが楽になりますよ。

熱が出ていないのであれば、

やや熱めのお風呂に浸かり、

おもいっきり汗をかくことで、

「本格的な風邪」になる前に、菌を殺すことができます。

 

咳やくしゃみ

薬で咳を止めようとするのは、

早く追い出す大事な働きを止めようとすることですので、

あまりおすすめできません。

なるべく加湿、加温、こまめな水分補給で乗り切りましょう。

熱が出ていないのであれば、

やや熱めのお風呂に浸かり、

おもいっきり汗をかくことで、

「本格的な風邪」になる前に、菌を殺すことができます。

 

発熱

ウイルスや細菌を早くやっつけるために、

発熱します。

しかし、あまりしか高熱になると、頭がおかしくなってしまうのではないか?

っと心配する方もいますよね。

しかし、必要があって熱を出しているので、

例え、40℃が数日続いても、

脳がやられたり、後遺症が残ったりすることはありません。

心配だと思いますが、風邪で出る熱は、

いくら高くても大丈夫だと知って下さい。

また、の高さと病気の重さは関係がありませんので、

高熱だからと慌てることはありません。

元気なら熱を下げない方が良いです。

一時的に体を楽にしてやりたい時は、解熱剤を使っても良いでしょう。

熱が下がっている間に、食事や水分補給をしましょう。

ただし、体にまだウイルスが残っていたら、必要に応じて体はまた熱を上げます。

もし解熱剤を使う場合には、

悪寒している時や、寒気を感じる時は使い時ではありません。

悪寒が治まって、熱が上がりきってから使います。

また38.5℃になったら使うと決まりもありません。

高熱でも元気なら使う必要はありません。

熱でぐったりし、食事も出来ない状況なら使っても良いでしょう

 

 

風邪に効く市販薬ランキング

 

 

まとめ

風邪の症状別の治し方について、

薬についてあまり述べませんでした。

風邪を引いたからと言って、

薬を飲むことはあまりお勧めはしません。

咳止めや解熱剤は、逆に風邪の治りを遅らせてしまいます。

 

抗生物質は有効だと思いますか?

風邪の原因になる病原体には、

大きく分けて「ウイルス」と「細菌」の2種類があります。

抗生物質は「細菌」をやっつける薬です。

風邪の90%以上は「ウイルス」が原因なので、

ほとんどの風邪に、抗生物質は効きません。

このため「カゼをひいたら抗生物質」は好ましくないと言えます。

カゼを治す薬、すなわち「ウイルス」をやっつける薬は、現在でもありません。

このため、「自分で治す力」を引き出してあげる環境作りがとても大切です。

 

ただ、病院に行かなくても良いということではありません。

心配ない風邪なのか、念のためチェックに行くことは重要です。

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す