面接を成功させるためには 緊張して仕方がない人が面接を勝ち抜くコツを紹介します

面接で緊張してしまう
緊張してしまって、上手く話せない。
と、お悩みではありませんか?
今回は、面接で緊張してしまう方のために、
緊張して仕方がない人が面接を勝ち抜くコツを紹介します。

スポンサードリンク




なぜ緊張するのか

落ち着けと自分に言い聞かせても、
身体は緊張症状を出してしまいます。
その原因は、自律神経が勝手に、
あなたの体に指令を出しているからです。

良く思われたいという気持ち

人に良く思われたいと思うことは、
健全かつ大切なことです。
しかし、その気持ちが強くなりすぎると様々な重圧がかかりますので、
それに比例して緊張を招いてしまいます。
また、「失敗したら変に思われるのではないか」
「嫌われるのではないか」という気持ちも同様で、
周りの目に敏感になってしまうことも、
緊張やあがりを誘発してしまう可能性があります。
面接では、面接官に良く思われたいという気持ちが原因です。

 

自信のなさ

「自分にできるだろうか」「失敗するのでは」
という不安・自信のなさが、
緊張する原因になります。
初めてのことや過去に失敗したことのあるシーンでは特にそうですが、
あまり重く受け止めすぎないことが大切です。
面接では、準備することにより多少対処できます。

 

思いこみ

良くも悪くも、『思いこみ』によって物事の結果は大きく変わります。
「自分はあがりやすい人間だ」と日頃から思っていれば、
本当にあがりやすい人間になってしまいます。
逆に、「人前に立つことが得意だ」と思うことができれば、
本当にその通りになるはずです。

 

緊張を克服して面接を勝ち抜く方法

面接の準備を万全にする

企業研究、質問に対する答え、面接会場への行き方など、
可能な準備は万全にしましょう。
受ける会社の事業内容や取り扱う商品などは、
最低限頭に入れておきたい情報ですし、
必ずされるような質問には、
答えをあらかじめ考えておいてください。
そもそも想定外のことへの恐怖が緊張へとつながるので、
想定外を極力減らすように準備することが、心の余裕をうみます。

面接で聞かれる質問に関しては、
こちらの記事を参考にしてみて下さい。

面接序盤編 面接序盤の対策
面接中盤編 面接中盤の対策
面接終盤編 面接終盤の対策

 

緊張しているのは、自分だけではないということに気づく

緊張しているのは、あなただけではありません。
面接を受ける人は、全員緊張しています。
面接で緊張することは、当たり前なのです。
ですので、他の人も緊張している。
自分だけ緊張しているわけではない。
と分かるだけで、緊張が少し和らぎますよ。

スポンサードリンク




緊張している自分を認める

緊張している時は、「今、緊張している」と認めてみてください。
緊張している自分に対し、
「落ち着いて」「緊張しないで」と言っても逆効果です。
落ち着こうとすればするほど気持ちは焦り、パニックになってしまいます。

これは、落ち着こうと思うほど、意識がそこに集中し、
緊張が高まってしまうためです。
面接は、緊張して当然の場面ですので、
「緊張で手足が震えている」「緊張でドキドキしている」などと言って、
緊張している自分を客観的に見ましょう。

「緊張しています」と言ってしまえば楽になります。
例えば面接会場で近くにいる人、
控え室に案内してくれた会社の人でも誰でもいいんです。
「もう、今日の面接すごい緊張しちゃってるんです」そう言えばいいんです。
自分が言ったことで、ずいぶん心が楽になっていることに気づくはずです。

 

数をこなす

場数を踏むことが自信につながります。
初めてのことや経験の少ないことをやる時、
不安になるのは自然なことです。
練習でも構わないので、面接という雰囲気に慣れ、
「上手く話せた」「面接官に興味を持ってもらえた」という、
小さな成功を積み重ねていくことが大切です。

 

アファーメーションを用いる

アファーメーションとは、
肯定的・ポジティブな断言をする事で、
「~したい」「こうなれば良いな…」という願望を
「~だ」断定し繰り返し反復する方法で、
潜在意識に働きかけます。

この方法は、あがり症や緊張に対する効果が大変高いです。

 

アファーメーションのやり方

まず、自分が望む理想の自分の姿を考えます。
「面接や人前でもあがらずに話したい」など

そして、そのイメージを、肯定的な言葉に置き換えて宣言しましょう。
「私は面接でも人前でも、落ち着いて堂々と話すことができる」など

この宣言を時間をおいて何度も反復します。
紙に書いて、目のつく場所に置いておくと便利です。
1日に何度か見たり、実際に声に出して宣言するとより効果的です。
大切なことは、、『実際にそうなる』と強く信じることです。

この方法を用いることで、
今まで緊張していたシチュエーションになっても、
あまり緊張しなかったり、
今までにない、思考パターンが出来上がっていきます。
ぜひ一度試してみてください。

 

 

面接対策にお勧め支援情報サービスランキング

 

 

まとめ

緊張して仕方がない方は、
誰よりも、面接に対して準備をしてください。
面接の質問に対する答えを用意する、
面接会場への行き方など、
そして、時間に余裕を持って行動します。

アファーメーションも活用してください。
これは、かなり効果的です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す