面接を成功させるためには 面接序盤編 面接序盤の対策について紹介します

面接序盤では、自己紹介や職務経歴についての質問が予想されます。
事前に、しっかりと準備をしておきましょう。

面接序盤以外の対策は、こちらをご覧ください。
面接中盤編 面接中盤の対策
面接終盤編 面接終盤の対策
経験が浅い方編 経験が浅い方でも大丈夫です

 

面接では明るい表情ではっきりした声で、
質問の意図をよく理解して簡潔にテンポ良く質問に答えましょう。

スポンサードリンク




面接の種類について

面接には、集団面接、個人面接、圧迫面接グループディスカッション、

グループワーク、プレゼンテーション面接などがあります。

 

集団面接

複数の応募者を一度に面接する方式です。

この方式は、大企業など選考人数が多い企業で、1次選考に良く利用されます。

4〜5人ほど集めた状態で面接が行われます。

企業側は2人から3人程度が一般的です。

集団面接は「ふるい分け」の意味の強い特徴があります。

複数の応募者を一度に対応することで、

面接の時間や手間を短縮する狙いがあります。

出席人数は多いのですが、1人当たりの時間が短いため、

基本的な質問が中心になる特徴があります。

 

個人面接

個人面接は2次選考以降で多くなる面接となります。

面接官は1人とは限らず、複数の場合もあります。

1人を深く確認するため、質問の種類も多岐にわたります。

場合によっては、圧迫面接が行われることもあります。

 

圧迫面接

圧迫面接は注意が必要です。

わざと意地悪な質問や否定的な回答ばかりを行います。

こればかりは、圧迫面接という存在を知らないと対処が難しいので、

否定的なことばかり面接で言われたら圧迫面接だと考えて下さい。

 

グループディスカッション

大企業など選考人数が多い企業では、

1次選考にグループディスカッションがよく利用されます。

人数は4〜8人程度が多いです。

あるテーマについて議論を行い、

結論を発表するタイプが多いです。

話の内容だけでなく、話の進め方・態度・役割なども確認されています。

話す態度だけでなく、聞く態度も見られているため、注意が必要です。

グループディスカッションの最後には、結論を発表します。

結論の善しあしも、評価に含まれます。

 

面接でよく聞かれる質問に対する答えを用意しておきましょう

面接では明るい表情ではっきりした声で、

質問の意図をよく理解して簡潔にテンポ良く質問に答えることです。

自分が特にアピールしたい部分は多少長くなっても構いません。

あと、身だしなみは第一印象を決めるので大切です。

スーツは身体のサイズに合った物を身に付けていますか?

髪は切りそろえてあるでしょうか?

革靴は磨いてありますか?

 

スポンサードリンク




面接序盤でよく聞かれる質問

 

面接序盤でよく聞かれる質問

  • 自己紹介をお願いします。
  • 職務経歴を教えてください。
  • 前職の退職理由は何ですか?
  • 当社を志望した理由は何ですか?

等となります。

 

自己紹介は氏名を名乗り、職務経歴を1分程で話しましょう

最初に氏名を名乗り、

応募企業で生かせるあなた自身の職務経験を簡潔に語ることがポイントです。

回答は要点を押さえて、30秒から1分程度にまとめましょう。

 

当社を志望した理由は何ですか?

貢献できるスキルと、なぜその企業がいいのかを伝えるには、

企業分析が必須です

その企業だからこそ貢献したいという志望動機を考えましょう。

応募企業の特徴を把握していなければ、明確な志望理由を話すことはできません。

「私の前職における〜といった経験を生かして、

〜である御社で、〜として貢献していきたいと考え志望しました」

といった流れの回答を心掛けてください。

 

前職の退職理由は何ですか?

ネガティブな理由で辞めた場合でも、

そのことをきっかけに現在はポジティブに将来を考え

転職活動を行っているといった回答をしましょう。

採用担当者は、「〜が嫌だから辞めた」という退職理由ではなく、

「〜を実現したいから辞めた」という退職理由を評価します。

業績不振や倒産等の不本意な退職であっても、

だからこそ働くことを真剣に考えて、

今の応募企業と巡り合えたといったポジティブな回答を考えましょう。

 

 

面接対策にお勧め支援情報サービスランキング

 

 

まとめ

面接序盤では、

自己紹介や職務経歴についての質問が予想されます。

事前に回答を準備しておきましょう。

リクナビや マイナビや等では、

面接の質問に対する模範解答なども紹介されているので、

参考にしてみてください。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す