グリーンピースの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

グリンピースは、
えんどうの未熟な種子のことです。
えんどうには、他にも若いさやごと食べるさやえんどうや、
完熟した実を乾燥させて利用するものなどがあります。
ほっくりして、香りも甘みも格別です。
豆ごはんやスープにすると、
流れ出した栄養分も逃すことなくいただけます。

そこで今回は、グリーンピースの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

グリンピースの品種について

グリーンピース

「実えんどう」ともいい、
さやは食べずに中の豆だけを食用します。

ふっくらとしたさやの中に黄緑色の豆が6〜9個ほど入っていて、
豆ご飯や卵とじなどにすると美味。

3〜5月頃がシーズンです。
店頭では品種は明記されませんが
「スーパーグリーン」や「ミナミグリーン」、「南海緑」などがあります。

グリーンピース

 

 

 

うすいえんどう

和歌山県を中心に栽培されていて、
おもに関西地方で流通しているグリーンピース。

「うすい」や「うすいえんどう」とも呼ばれ、
さやはやや淡めの緑色で、
皮が薄く甘味がありホクホクとした食感です。

きしゅううすいから誕生した
「矢田早生うすい」や「紀の輝」などもあります。

うすいえんどう

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

 

グリンピースの育て方について

グリーンピースは通常、種を秋にまいて(秋まき)、
本葉2~3枚程度の幼苗で越冬させ、
4~6月頃に収穫します。

グリーンピースは幼苗の頃が最も耐寒性が強いので(大きくなると弱くなる)、
越冬するときに苗が大きくなりすぎないように、
種まき時期に注意しましょう。

マメ科の植物は、
根に共生する根粒菌が窒素分をつくるので、
窒素肥料は控えめにしましょう。

元肥や追肥で窒素肥料を多く与えると、
枝葉ばかりが成長して、実がつきにくくなります。

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

グリンピースは連作を嫌うので、
5年以上エンドウを作っていない場所で育てます。

また、酸性に傾いた土壌を嫌うので、
苦土石灰を畑全体に多目に入れて中和します。

種まきの2週間前に苦土石灰をまいてよく耕し、
1週間前になったら、堆肥と化成肥料を施して耕し、
高めの畝を立て、黒マルチを張ります。

 

畝を高めに立てることで水はけがよくなり、
黒マルチは地温を上げる効果に期待できます。

 

pHは6.5〜7.0が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

スポンサードリンク




 

グリンピースの種まきの仕方について

 

使用する道具

 

適期に種をまくことが大切で、
早まきして大苗になると寒さにやられ、
種まきが遅れると冬に枯死してしまいます。

基本的には関東より北、北海道等では「春まき」になり、
関東より西では「秋まき」
になります。
グリンピース_2春まきの時期は4~5月、
収穫時期は7月中旬~9月上旬

短い期間で成長させ、収穫するため「つるなし」を選びます。
秋まきの時期は10月中旬~11月上旬、
収穫時期は4月中旬~6月上旬になります。

種まき後、種を鳥から守るために、
不織布で畝を覆います。

 

発芽が揃ったらネットを外します。

畝幅(上面幅)60cm、畝の高さ10cm(1条植え)。
2条植えにするときは、
畝幅を広げて条間60cmにします。

 

 

ポットで苗を育てる場合は、

1ポットあたり、人差し指の第一関節あたりの深さの穴を
3~4箇所あけ、各まき穴に1粒ずつ種を蒔きます。
土をかぶせて手のひらで軽く押さえ、
たっぷりと水をやります。

種まき後は、マメ科なので、
鳥などの被害に合うことがあります。
必ず不織布などをかけるなどして、育苗しましょう。

 

発芽しばかりのグリンピースの苗は、
以下のような形をしています。

 

 

グリンピースの苗を植えていきます

発芽後、本葉3~4枚、
草丈7~8センチになった頃がエンドウの定植時期です。

間引かずにそのまま植えましょう。

畝幅(上面幅)60cm、畝の高さ10cm(1条植え)にします。
もしくは、条間 2条植えにするときは、
畝幅を広げて条間60cmにします。

 

 

支柱を立てます

 

使用する道具

 

冬の間に地下では根が大きく育ち、
翌年の春先になると一気に成長して次々と花をつけます。

蔓が伸び始める前に、支柱を立ててネットを張り、
蔓をネットに誘引(巻きひげをネットに絡ませる)します。

 

 

 

グリンピースの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

化成肥料は窒素成分が低めの化成肥料を使用します。

肥料を与える時期は1月頃です。

そして、3月頃にも肥料を与え土寄せをします。

花が咲きだした頃は追肥は行っても、
行わなくても問題はありません。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

大きく育ったら収穫します

開花後30〜40日、子実が十分肥大して、
サヤにしわがで始めた頃に収穫できるようになります。

グリンピースは育成期間が長く、
収穫まで時間がかかりますが、
その分収穫できたときの感動もひとしおです。

スナップエンドウの害虫対策について

 

使用する道具

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

ハダニ類

殺虫剤「ダニ太郎」を散布します

 

 

 

まとめ

グリンピースは、
種まき後、種を鳥から守るために、
不織布で畝を覆います。

また、種まき後の水やりをやり過ぎると、
種が腐ってしまうことがあるので、
注意が必要です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す