若白髪の原因は? 原因と対策を紹介します

若白髪とは、若いのに生えている白髪の事を言います。

本来白髪は、老化によって発生しますが、

若白髪は、まだ若い10代、20代のうちに生えてきます。

では、若白髪は病気なのでしょうか?

今回は、若白髪の原因について詳しく調べました。

スポンサードリンク




若白髪の原因について

 

原因①遺伝です

若白髪の中でも、一番多いのが、遺伝が原因です。

髪の毛は非常に遺伝の影響が多い部位です。

統計上は、両親の両方、もしくはどちらかに、

若くから白髪があったという場合は、

遺伝による若白髪である確率が高いです。

統計的に見てみると、「長男は母方」、

「長女は父方」の遺伝的影響を受けやすいと、言われています。

遺伝性の若白髪という場合は、

これはもう諦めるしかありません。

ひとつの個性として受け入れるしかないと思います。

救いがあるのは白髪は染めることで目立たなくなるということ。

薄毛の悩みに比べると、

まだマシ、だということは覚えておいたほうがいいと思います。

 

原因②精神的ストレス

ある時、突然白髪が増えた。

何か負担となるようなストレスが、

思い当たるという方は、

ストレスが原因の若白髪である可能性が高いです。

その場合に多いストレスとしては、

環境の変化や、受験、知人の死などのようです。

ストレスによる若白髪は、

頭髪全体というよりは、部分的に白髪が生えるという特徴があります。

強いストレスを受けると、

血行が悪くなり、頭皮の血流も悪くなります。

頭皮の血行が悪くなれば、

毛根やメラノサイト(色素細胞)の働きが妨げられ、

色素が定着しないまま、

白い髪が生えてきてしまうのです。

自分では意識していなくても、仕事や受験、

或いは人間関係などが原因ストレスが溜まってしまい

そのストレス影響で、自分では気がつかないところで

若白髪が増えていたなんて人もいます。

 

 

白髪染め売れ筋ランキング(男性用)

 

白髪染め売れ筋ランキング(女性用)

 

 

原因③過度なダイエットによる栄養不足

急激なダイエットをしている方、

または栄養が偏っている方は、若白髪になりやすいです。

髪の機能や役割というのは、

命維持に関係がないので、当然、栄養の供給は後回しです。

髪を黒くするメラノサイトが、

黒色の色素を生成するためのミネラル(銅)、

髪そのものの成分となるタンパク質が不足することで、

若白髪が生えやすくなります。

 

スポンサードリンク




原因④病気によるもの

若白髪を引き起こす病気としては、

貧血症、慢性的な胃腸に関する病気、

甲状腺の病気、かいよう性大腸炎、吸収不良症候群、

マラリアの発症などがあげられます。

病気が心配なら、内科で調べることができます。

若白髪の対策について

若いうちから白髪に気をつけて、

髪に良い生活環境を整えていくことが大切です。

そうすることで、白髪になりにくい状況を維持することが、可能になります。

両親ともに若白髪だったり、

親のどちらかが若白髪だった場合、

その子供が若白髪になるケースが多いと言われています。

医学的に解明されてはいないのですが、

統計的に見てそう考えられているようです。

 

若白髪の対策について

若白髪の改善は、食事の改善から始まります。

食事からの栄養を使って、体中の細胞が作られます。

メラノサイトを、若々しく、元気にするためにも、

栄養たっぷりの野菜や、

ミネラルの多い海藻類、良質なたんぱく質が摂れる豆類など、

体の事を考えた食事をする事が大切です。

白髪の改善は、食事の改善から始まるのです。

 

 

育毛剤薬の人気ランキング

 

 

質のいい睡眠をとりましょう

特に栄養の吸収が活発になる、

22時にはベッドに入り、

細胞の修復が活発になる、0時には眠れるようにしましょう。

体の細胞を作り変えるのには、7時間前後の睡眠が理想的です。

 

生活リズムを整える

生活リズムが崩れると、新陳代謝が低下してしまいます。

すると、内臓の細胞の復旧に負担がかかってしまいます。

つまり、血液の栄養が髪の毛に届くまでに、

内臓で消費してしまうということになってしまいます。

効率よく、メラノサイトに栄養分を行き渡らすためにも、

規則正しい生活をしましょう。

 

運動で血流を良くしよう

足の筋肉は、全身に血液を送るポンプの役割をしています。

足を使って、動くことは、全身にくまなく血液を送るためにも効果的な運動です。

血流をよくすることで、

全身にくまなく栄養を送り届けることができます。

栄養を後回しにされる髪の毛にも、

きちんと栄養が行き届くようになるので、

メラノサイトの活性化にもつながります。

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す