風邪を引いたときは、お風呂に入っても大丈夫? 症状によって見極めましょう

風邪を引いた時は、

お医者さんにお風呂に入るのは、ダメですよ。

って言われたことはありませんか?

けど、風邪を引いてもお風呂に入っても良いと言われたことがあります。

どっちが正しいのでしょうか?

詳しく調べてみましたので、

紹介します。

スポンサードリンク




風邪を引いたら、お風呂に入ってはいけないのは昔の話です

「風邪を引いたら、お風呂に入ってはダメ」

って言うのは、昔の話らしいです。

昔は、一軒一軒にお風呂がなかったみたいですね。

それで、銭湯に行くのが普通だったらしく、

銭湯から家に帰るまでに、冷たい外気にさらされます。

これでは、風邪を悪化させる条件ばかりなので、

「風邪を引いたら、お風呂に入ってはダメ」

って言われてたのです。

 

また、自宅にお風呂があった家庭でも、

屋外にお風呂があることが多かったため、

脱衣所も寒く、湯冷めをする場合も多かったのです。

ですので、

「風邪を引いたら、お風呂に入ってはダメ」

って言われてたのです。

 

お風呂に入っていいかどうかは、風邪の症状により見極めが必要です

先ほど説明しましたが、お風呂に入った後、

冷たい外気にさらされたり、湯冷めしてしまっては、

風邪引きに悪影響を及ぼします。

しかしながら、現在の家は浴室は屋内にあり、

家の造りもしっかりしています。

暖房器具に暖かい寝具と、

お風呂禁止と言っていた時代と取り巻く環境が変わっているのです。

しかし、お風呂に入ることにより、

体力を消耗してしまうのも現実です。

ですので、しっかりと判断しましょう。

 

お風呂に入らない方が良い症状とは

身体がぐったりしているときや、熱が38℃以上ある場合、

ひどい悪寒や全身の倦怠感がある場合、

嘔吐やひどい下痢などの症状がある場合は、

入浴は避けた方がいいでしょう。

お風呂に入ってはダメ

お風呂に入ることにより、体力が消耗してしまいますので、

風邪を悪化させる可能性があります。

 

 

風邪に効く市販薬ランキング

 

 

お風呂に入っても良い症状とは

つまり、上記以外の症状の場合は、

お風呂に入っても大丈夫です。

熱も37.5度くらいの微熱程度なら、

入浴は問題ありません。

入浴は問題ありません。

 

スポンサードリンク




風邪を引いた時の正しいお風呂の入り方

お風呂に入ると、体力を消耗します。

体力を奪わない程度に、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かりましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かりましょう

熱いお湯に浸かると、体力を消耗してしまいます。

また、入浴後に湯冷めしてしまわないように、

脱衣所を温めておきましょう。

合わせて、入浴後は、体をすぐに拭き、髪の毛もすぐに乾かし、

身体を冷やす前に早めに布団に入りましょう。

水分補給も忘れずに!!

風邪の引きかけや、治りかけには、やや熱めのお風呂に入りましょう

風邪の引きかけや、治りかけの時は、体力があります。

人間の体は37℃台の時に、最も免疫力が強くなります。

また、ウイルスは37度くらいになると、

活動が弱まります。

ウイルスの活動が弱まり、免疫力が高まりますので、

効果的に風邪を治すことができます。

 

また、お風呂に入ることにより、体全体の血行を良くします。

筋肉のこわばりを和らげて血管を拡張させますので、

鼻詰まりにも有効で新陳代謝も高めます。

浴室内の湯気は喉の保湿対策にぴったりで、

ウイルスの活動を抑える環境として最適です。

また、皮膚を清潔にすることで、

発汗作用もスムーズに働き、

ウイルスや細菌に対する抵抗力も高まります。

 

まとめ

熱が38℃以上出ているときや、

悪寒や全身の倦怠感がある場合、嘔吐やひどい下痢の場合は、

お風呂に入らないでおきましょう。

しかし、熱も37.5度くらいの微熱程度なら、

逆に、お風呂に入った方がメリットがあります。

症状によって、見極めましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
風邪のひき始めの症状について 早めに治すコツを紹介します 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す