蓮(ハス)の育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

蓮(ハス)は、美しい花を咲かせる水中植物です。
7~9月に開花期を迎え、
7月中旬~8月中旬に見頃を迎えます。

蓮(ハス)の花は短命で、
花びらが開きはじめてから3~4日で散ってしまいます。
また、午前中に咲いた花は、午後には閉じてしまいます。

満開の花を観賞するには、
開花2日目の朝7~9時頃がおすすめです。

そこで今回は、
蓮(ハス)の育て方について
キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

蓮(ハス)の品種について

蓮(ハス)には塊茎が大きくなるように改良された「食用ハス」と、
花を鑑賞する「花ハス」の2種があります。

食用ハスは、レンコンとして有名です。

食用レンコンは花付きが悪い上に巨大なので、
家庭栽培にはまるで向いていません。

花ハスのレンコンを導入しましょう。

 

 

 

 

黄花蓮

こちらは、アメリカに分布している種類のハスです。

黄色い花を咲かせます。

 

 

黄花蓮

 

 

大賀蓮

こちらは最古のハスです。

2000年以上前の地層で発見された種から発芽して、
階か成功した品種になります。

大賀蓮

 

 

金輪蓮

こちらは、一重咲きのハスです。

花の縁がピンク色をしています。

金輪蓮

 

 

西円寺青蓮

山口県の西円寺に古くより植えられてきた品種になります。

 

西円寺青蓮

 

 

清月蓮

こちらの品種は、
江戸時代から観賞用として親しまれてきました。

清月蓮

 

 

漢蓮

別こちらは、日本では
最も小さなハスになります。

 

 

漢蓮

 

 

バージニア

名前の通りで、
アメリカバージニア州原産の大型種です。
黄花蓮より花色が濃く、先端が丸みを帯びているのが特徴です。

バージニア

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

蓮(ハス)の育て方について

蓮(ハス)は家庭でも育てられます。
ハスは水生植物なので、
栽培には睡蓮鉢などの、少し大きな水を蓄えられる容器が必要です。

ハスは容器の内側に沿って蓮根が伸びるので、
角型の容器より、丸型の容器の方が植え替えなど後々の管理が楽です。

また、生育期のハスは日照を好むので、
直射日光があたる、明るい栽培環境も必要になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

土づくりについて

 

使用する道具

 

ハスの栽培には、
田んぼの土(田土)や荒木田土などの粘土質で重く、
肥沃な用土を用います。

そのため、市販の荒木田土か、
水生植物専用土を用いるのが、
はじめて育てる方にはおすすめです。

水生植物の土

 

荒木田土がない場合は、
赤玉土(小粒)や黒土を水で練ったものを使いましょう。

 

 

 

蓮(ハス)の種まきの仕方について

蓮(ハス)の種まきは、4~5月が適期です。
種に傷をつけないと発芽しないので、
下処理をしてからまきましょう。

種の凹んでいるお尻の部分を、
ニッパーやヤスリで白いところが見えるまで傷つけます。

キズをつけて発芽処理をしないと発芽しません。

 

そして、発芽するまで水に浸けます。
4~7日ほどで発芽したら、
鉢に入れた土へ横向きに置き、2cmほど土を被せ、
水を入れた睡蓮鉢などの容器に鉢を沈めます。

 

 

 

蓮(ハス)を植え付けます

 

使用する道具

 

苗植えは、3~4月が植え付けの適期です。

鉢植えは、7~10号の鉢に2/3ほどまで土を入れ、
新芽を上向きに置いて、土を被せます。

そして、水連鉢に入れ水を鉢の縁までたっぷりと注ぎ、
日当たりがよく、暖かい場所に置きます。

水に沈めるという栽培方法なので、地植えはしません。

 

ハスは水切れに大変弱いので、
休眠期も含め、常に水を溜めた状態で栽培します。

 

 

蓮(ハス)栽培での隠れた難点がボウフラの発生です。
それを防ぐためにはなんといっても、

メダカと一緒に栽培するのがおすすめです。

 

 

 

 

蓮(ハス)の肥料の与え方について

 

使用する道具

 

植え付けるときに、
水生植物の肥料か、
同量の骨粉と油かすを水でこねたものを
土に混ぜ込んでおきます。

 

 

ハスは、肥料も欲しがりますが、
与えすぎると蓮根の部分が腐る事もあるので、
少量ずつ、何回かに分けて与えます。

 

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

 

蓮(ハス)の剪定方法について

植え付けてから花が咲くまでの生育期は、
葉が多く茂ります。

ハスは、日光をたいへん好みます。

しかし、葉が多くなりすぎると、株元に日光が当たりづらくなるので、
花芽が育たず、花が咲かなくなってしまいます。

ですので、葉が多すぎるなと感じた場合は、
葉を間引くようにしてください。

また、枯れた葉や花、黄色い葉を
そのままにしてしまうと水が腐ってしまうので、
夏場にはこまめに取り除くようにしましょう。

 

 

 

蓮(ハス)の植え替えについて

根をよくはるので、1~2年に1回、
3~4月に植え替えをします。

植え替えする時は、一旦、容器から出して、
細い根は全部切り取り、
太く育った根だけを植えます。

 

 

 

 

蓮(ハス)の増やし方について

蓮は株分けと種まきで増やすことができます。

10月頃採取した種を、
1週間ほど陰干ししてから次の春まで保管してください。

株分けは、3~4月に行います。
塊茎を掘り上げ、丁寧に水洗いしたら、
先端に新芽のついたところを選んで3~4個に切り分けましょう。

そして切り口に消毒薬を塗ってから、
植え付け時と同様の手順で土に埋めます。

 

 

 

蓮(ハス)の害虫対策について

 

 

アブラムシ

アブラムシがよく付きます。魚を飼っている池などで栽培している場合は薬剤の散布により魚に影響があるかもしれませんので気を付けましょう。缶やラベルをチェックして「魚毒性」の表示が見られるものはまずやめておいた方がよいと思います。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
アブラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

まとめ

美しい花を咲かせた蓮(ハス)の地下茎は、
秋になると生長がとまります。

やがて、翌年の発芽にそなえて栄養をたくわえます。
レンコンは、地下茎が肥大したものです。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す