面接を成功させるためには 面接中盤編 面接中盤の対策について紹介します

面接中盤になってきますと、
あなたの強みや弱み、将来のキャリアプランなどの質問が想定されます。

面接中盤以外の対策は、こちらをご覧ください
面接序盤編 面接序盤の対策
面接終盤編 面接終盤の対策
経験が浅い方編 経験が浅い方でも大丈夫です

 

抽象的な回答ではなく、具体的なエピソードを交えた回答をしましょう。
長所は、自分のアピールポイントを伝えれば良いだけでが、
短所は本当にマイナスの部分をそのまま伝えてしまうと、
悪い印象しか残りません。
だからと言って、強みだけを伝えようとして、
「短所は特にありません」という回答は、NGです。

スポンサードリンク




面接中盤でよく聞かれる質問と対策について

面接の中盤では、

あなたの仕事に対する考え方や志向を踏まえ、

自社にマッチするスキルや経験を持っている人物なのかをチェックされます。

採用担当者が、

実際にあなたと一緒に働いている姿をイメージしやすいように、

具体的なエピソードを交えて話すことを意識しましょう!

 

長所・短所を教えてください。

この質問によって、

あなたの長所と共に、

短所が業務に支障を与えることがないかを把握するためにこの質問をします。

ポイントは、短所を長所として伝える事、

短所を改善しようとしている事を伝えることです。

例えば、「長所は粘り強く最後まであきらめないことです。前職では〜」

と前職における具体的な事例を添えることで、

長所が強みとして面接官の記憶に残りやすくなります。
端緒については、例えば「短所は短気です」という回答では、

人間関係がうまくいかない応募者だととられてしまいます。

「物事に集中して時間を忘れてしまうことがありますが、

社会人ですので時間管理を意識して行動しています」

というように、短所を改善しようとしている点まで伝えることが大切です。

 

キャリアプランはありますか?

面接官は、あなたのキャリアプランが、

自社で実現可能かをチェックします。

例え、素晴らしいキャリアプランでも、

自社で実現不可能であれば、

自社にはふさわしくない人材だと評価されてしまいます。

応募企業が求めている人材像を事前に把握したうえで、

その会社で働く自分の姿を具体的にイメージして回答しましょう。

 

スポンサードリンク




今までの仕事にどんな不満を持っていましたか?

あなたの仕事の取り組み方、

問題改善能力を見極める意図があります。

不満を語る時の応募者の表情や語調を見ています。

あなたの今までの不満が応募企業では、

該当しないことが前提になりますので、

事前に募集要項や企業ホームページをチェックしておく必要があります。

 

当社があなたを採用するメリットは何ですか?

転職の場合、企業は短期間で戦力となる人材を求めています。

自社で貢献できる人材かを見極める意図があります。

転職では、企業への思いが強くても、

実務面で貢献できなければ採用には至りません。

この質問に回答するためには、

応募企業で求めている職務能力や適性を把握したうえで、

今までの職務経験から発揮できる強みを整理してアピールすることが必要です。

 

 

面接対策にお勧め支援情報サービスランキング

 

 

まとめ

面接中盤では、

あなたの仕事に対する考え方や志向を踏まえ、

自社にマッチするスキルや経験を持っている人物なのかをチェックされます。

事前に回答を準備しておきましょう。

リクナビや マイナビや等では、

面接の質問に対する模範解答なども紹介されているので、

参考にしてみてください。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す